脱サラ、独立開業しても成功できる引き上げられる人の特徴


今回のテーマは、

脱サラ、独立開業しても成功
できる引き上げられる人の特徴

について紹介します。

サラリーマンとして
組織で働くということは

良いことも悪いこともあります。

安定的であり保証されており、
社会的信頼も高いです。

一方で、人間関係が複雑で

理不尽な仕事であっても
我慢してやらなければいけない、

なかなかストレスも多いものです。

だからこそ誰もが

「いつかは自分も独立して」

と想像くらいはしたことが
あるかもしれません。

しかし、実際に独立開業し、

うまくいく人もいない人もいます。

もちろん仕事ができるできない
という要素は大きいですが、

脱サラし独立開業しても
周りからサポートしてもらうには、

心理学の要素を知っておく
必要があるかもしれません。

食品商社に勤めていた
渡辺さんは

とりあえず就職はしたものの

2、3年の間

資金を作るために働き
会社を辞めて独立し自分で
事業を興すつもりでした。

スポンサーリンク

独立開業してもうまくいかない人の特徴

意識が高く、野望が高いという
ことは悪いことではありません。

渡辺さんはその気持ちを
隠すことなく、同僚や上司にも
公言していました。

渡辺さんの

「どうせ辞めるんだから」

という態度は至る所で
現れていました。

同僚と話していても、

「俺は組織には
収まりきらない人間だから」

だの

「会社人間にだけはなりたくないね」

などのと、

完全に自分だけ優位に立って
いるかのような口ぶりなのです。

組織で働く従順なサラリーマン
を見下しているようなそぶりです。

上司は上司で、

どうせ辞める人間に重要な
仕事は任せられないとあって、

渡辺さんにはたいした
仕事も与えないでいました。

それが渡辺さんには
面白くないらしく、

「俺の自由さに嫉妬している」

などと上司をなじり始めました。

もちろん同僚との間も
うまく行くはずもなく、

職場では孤立する一方でした。

しかし、本人は独立の夢に向かって

「いつかみんなを見返してやる」

などとますます闘志を
燃やしていたのです。

やがて渡辺さんは退社していきました。

それを惜しむものは誰もおらず、
送別会さえ開かれなかったと言うから

渡辺さんがいかに嫌われていた
かが分かるでしょう。

その後、渡辺さんが大成功
したという話しも聞きません。。

彼は脱サラ、独立しても
成功できる引き上げられる人の特徴
を持ち合わせていませんでした。

脱サラ、独立しても成功できる人の特徴

「組織の中で働くのは苦手だから」

といって独立開業を
志す人がいます。

「自分一人でも成功できる」

と夢を見る人も居ます。

もちろん脱サラして独立を
志すのはまあよいでしょう。

ただ成功はそれほど
簡単な事ではありません。

周りのサポートがなければ
成功の道は遠ざかります。

独立した後の仕事と
組織で働く仕事は

もちろん違うものでしょう。

しかし、渡辺さんのように

「どうせ辞めるのだから」

などという心づもりで目先の
仕事をないがしろにする人が

独立して成功するとは、
どうしても思えません。

確かに

「組織から飛び出して一旗あげてやる」

というのはカッコいい事
かもしれません。

しかし現実には

組織の中で成功しなかった人間が、

脱サラして成功する事は
あまりないようです。

独立して成功するのは、

勤めていた会社で実績を
積んでも信用もあり、

辞めるときはみんなに
惜しまれるような人間です。

そういう人は脱サラ、独立しても
周囲から引き上げられる人の特徴です。

独立を成功させるためには、

会社の仕事をきちんとこなしながら

独立の準備を着々と
進めていかなければなりません。

そこには、自己を厳しく律する
自己管理が必要となります。

周りから引き上げられる人の特徴

評論家の福富太郎さんは
そのノウハウをこう語っています。

「僕はこの商売(キャバレー)を
始める時には、

どうやったら独立できるかと
言う事をずいぶん真剣に考えた。

ある先輩が良いことを言ってくれた。

店に勤めた最初から

『俺は3年経ったら、この商売の
ノウハウを掴んで独立する』と、

ギラギラしている
奴はダメだというのである。

店の経営者としては、
よく働く人、有能な人には、

出来るだけ長くいてもらいたいが、

三年後に裏切られると
分かっているような人間は、
最初から必要がない。

そんな信用の出来ない人間には、

目上の人間も良い話しを
持っていくはずもないし、

チャンスも開けないというのだ。

なるほど、確かにその先輩の
言う通りであった。

その後の体験で、独立の
チャンスというものは、

自分から無理に作らなくても、
真面目に勤めてさえいれば、

必ず巡ってくるものだ
という事がよく分かった。」

つまり日々目の前の仕事を
頑張る人ほど

周りから引き上げられるのです。

そういう人こそ、

仮に独立しても孤立せず、
周りは助けてくれます。

ローマの詩人、オヴィディウスは
以下のように言っています。

「機会はどの場所にもある。
釣り針を垂れて常に用意せよ。

釣れまいと思うとこに常に魚あり」

と、

日々の仕事を責任を持って
確実にこなして信用を積む事は、

サラリーマンとしての
成功に結びつくのはもちろんの事、

一見サラリーマンとは
縁遠いように見える独立の成功へと
結びつく可能性も高いのです。

目の前の仕事を大切にし、
周りの人を大切にする、

単純な成功法則のようですが、

かなり大事なことでしょう。

責任感や人付き合いなど、

ビジネスの基本は会社にいようと、
独立しようと変わりないのです。

脱サラ、独立を志す人ほど
ぜひここを意識してほしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>