脳の性差にみる男と女のコミュニケーション、会話の違いの特徴

脳の性差にみる男と女のコミュニケーションの違い
今回のテーマは、

脳の性差にみる男と女の
コミュニケーション、会話の違いの特徴

について紹介します。

コミュニケーションにおける
誤解を考えるとき、

男女の脳における構造の違いに
起因する「男女のすれ違い」を
無視する訳にはいきません。

単純に生物学的側面から
男と女の違いの特徴を言えば、

女性は卵子の担い手であり、
男性は精子の担い手であり、

生殖をし、受精をし、
子孫を繁栄させる為には、

男女がサポートし合わなければ
いけないというのは明白ですが、

それだけで人間が語れるほど、
簡単なものではありません。

プライベートではとことん

男と女のコミュニケーションの違い
を痛感しているかもしれませんが、

仕事面でも性差の違いを
理解しておく事は

誤解やコミュニケーションのズレを
無くしていく上で重要です。

今まで男女の脳は多くの点で
似ているとされてきました。

しかし、近年のCTスキャンを
始めとする医療用画像技術の進化によって、

男女の脳に大きな差異が
あることが分かってきました。

これが男女の会話やコミュニケーション
においてどんな特徴をもたらすのでしょうか?

スポンサーリンク

脳の性差にみる男と女の違い

例えば、脳で見てみると、

幼児期では男の子と
女の子の成長過程を見ると、

一般的に女の子の方が、

言葉を話し始めたり、
会話が上達する時期が早いようです。

これは言語を司る機能の
ある左脳が、女の子の方が
発達しているからと言われています。

一方で男の子は方向感覚にすぐれ、

女性に方向音痴が多いと
言われますが、

これは空間認識を司る機能が
特徴の右脳が、

女性より男性が優れている
と言われるゆえんです。

そして男女の脳において
最も違う箇所は脳梁(のうりょう)
と呼ばれる部分であり、

大脳の正中深くに位置し

右脳と左脳に情報をやり取りする
役割を担っています。

この脳梁は、男性よりも
女性の方が大きいのです。

つまり、男性よりも女性の方が
左右の脳のやり取りが活発と言う
ことができるのです。

つまり右脳と左脳の
情報交換の役割を果たす
脳梁の違いにより、

女性の方が、一般的に

細かい心配りや感覚があり、

男性は能力が小さいため、
臨機応変にしにくく、

失敗などしてもチャンネルを
すぐ切り替えることなどが苦手です。

男と女の会話の違いと脳の特徴

通常、会話は理性を司る
左脳で行われます。

これは男女に関係なく
言えることです。

しかし、右脳と左脳をつなぐ
脳梁が発達している女性は

会話において感情を司る
右脳の影響を受けやすいと言えます。

その結果、

女性は感情的になりやすい
傾向があると言われています。

男は理性的に話し、
女は感情的に話す

と言われますが、

こう言われているのにも
れっきとした理由が存在するのです。

あるいは、
こうした心理的傾向は、

対人関係重視する女性は、
集団主義で助け合いを好む
傾向にあり、

男性は、物質や機会を好み、
対人関係は目標達成の手段と
考える傾向にあり、

個人主義で、自立心が強い
とされています。

詳細に関しては
脳科学の専門書を参考にしてほしいですが

こうした傾向が学術的に
語られるのも興味深いものです。

男と女のコミュニケーションの違い

この一例を見ても、
男女の思考回路は全くの
別物であることが分かります。

こうした性差による脳の
機能に違いがあり、

さらに個性や性格、環境などで
個人差があるのです。

さらにある学説では、

「男女は人間という同じ姿であるだけで、
全くの別の生き物である」

と考えるべきであると言う
意見もあるほどです。

この意見も、かつての

「外で働くのは男」

という時代であれば、

そのままスルーできたでしょう。

しかし今の時代では
それを踏まえた上での

男と女のコミュニケーションの違い
を意識しなければ行けません。

そして最も注意して欲しいのが、

男らしさや女らしさ
決めつけすぎることは危険ということです。

確かに上記で説明したように、

男と女では性差があり、
その特徴には違いがありますが、

人にはステレオタイプという
要素が働き、

これがネガティブに作用すれば、
偏見となり、誤解を生み、

人間関係に摩擦も生まれます。

性差にみる男と女の会話の違いと特徴

男と女では、

同じ対象物を見ても、
全く違う印象を受けています。

同じ内容を聞いても
全く違う印象を受けています。

このことに気づけなければ、

男女は永遠に誤解はないだろうと言う
誤解をし続けることになります。

この男女の違いは優劣で
判断すべきことではなく

あくまで「差」「性差」
として捉えるべきことでしょう。

そして違うことを理解しながら
会話、コミュニケーションをするほど、

お互いに誤解はなくなり
摩擦も減っていくはずです。

人類の誕生から男女は別々の
担うべき役割を持って進化してきたのです。

男性であれば狩りをして
食べ物を捕獲すること、

女性であれば子供を産み
家族を育てること、

その中で効率的に獲物を
得るために男性は理性を発達させ

家族に愛を与え集団で生きるために
女性は感情を発達させた、

その結果に過ぎないのです。

そして社会が変わるに連れ、

職業、価値観、社会、文化などで

男らしさや女らしさ
その役割や特徴などは変化をする

それを踏まえたうえで

これからの社会を生きる我々は
うまくコミュニケーションを
取っていくべきなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>