誤解されやすい人、優劣をつけたがる人の特徴

誤解されやすい人、優劣をつけたがる人の特徴
初めて仕事をさせていただく
クライアント先を訪問
したときのことです。

名刺交換をし、
世間話の雑談をしながら

相手の出方を探り合う…

なんてケースはままあるでしょう。

その際に私自身が経験した
実際の経験についてお話しします。

初めてあってからおおよそ
5分ほど時間が経過し、

本題である業務の話しが始まった
時のことです、

私はあることに気がつきました。

クライアント担当者が
明らかに自分に向かって話しを
していない、ということに、

私の方に顔をお向けることもなく
話し続けています。

つまり、担当者にとって
私はとるに足りない人間であると
瞬間的に認識されたのです。

スポンサーリンク

誤解されやすい人の特徴

こちらサイドに誰の目から見ても
明らかな目上の上司がいた場合は

仕方ないと感じることもありますが、

キーパーソンとして
認識されていないということは、

長期的な視点で考えれば
かなりの

コミュニケーションロスを生んでいると言えます。

それもそのはずで、

自分の意見は、基本的に
軽視されることになるからです。

正しいことを言っても正しいと
判断されない可能性が

初対面のその日に生まれてしまっているのです。

自分で言うのもおこがましいですが、

仕事において社内や知り合いには
私の意見は通りやすいです。

プレゼンやビジネスプランを立てる
スキルは高い方だと思います。

ただ、、社外や見ず知らずに人に
私の意見がなかなか通らず悩んでいました。

私自身典型的な
誤解されやすい人の特徴があったのです。

優劣をつけたがる人の特徴

そんなときは

「なぜこの人は人に優劣を付けるのか」

と相手の人間性を疑いたくなりますが、

その考えは改めるべきでしょう。

社会には様々な人間がいて、

利害関係がある全ての人と
肩を並べてコミュニケーションを
しないとならないからです。

「あいつは優劣をつけたがる人で
性格が悪い!!」

などと言っても状況は改善されません。

自分の非というより、
自分の至らない点を見つめ直すことしか

根本的な問題解決には
つながらないからです。

前向きに考えましょう。

誤解されやすい人ほど見た目を変えてみよう

誤解されやすい人は
たいていその立ち振る舞いや

相手に与える第一印象に
問題がある事が多いです。

もちろん、初対面の相手は
自分のコンプレックスなど知る由もなく、

だから

「どうせ○○だから」

などという言い訳も通用しません。

ある意味で、フェアに人間力
判断されていると考えた方が
得策なのではないでしょうか。

そのことに気づいてから

私は自分の「立ち振る舞い」を
見直すようになりました。

自分自身のブランディング、
相手への印象を変え始めました。

すると、担当者は私に向けて
自分の意見を言うようになってきました。

そして個人的に私の意見を
求めるようにもなってきました。

話している内容もさることながら、
信憑性は印象で決まりがちです。

特にであって始めの頃は
外見や雰囲気で相手の優劣を
つけてしまうのが人間の性です。

だからこそ自分の印象を変えるのが
得策と言えます。

そのことに気がついてから、

全ての人との
コミュニケーション・スピードは
一気に加速することになります。

次回は私が実際に
気を使っている立ち振る舞い方について
紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>