理解されない評価されないと悩む人、アピール上手な人の特徴

理解されない評価されないと悩む人、アピール上手な人の特徴
今回のテーマは、

理解されない評価されないと
悩む人、アピール上手な人の特徴

について紹介します。

人間は群れを作る社会的な
動物でもあるわけで、

人は周りからの評価を
求める生き物です。

時にその評価は人生を
左右するほど大きなものです。

しかし人へのアピールが
上手い人と下手な人がいます。

「こんなに頑張っているのに、
どうして誰も評価してくれないんだ」

このように理解されないと
真剣に悩んでいる人は、

誰よりも真剣に努力をしている
に違いありません。

こうした悩みを聞いて無造作に
「努力不足」と切り捨てる同僚や
仲間もいるかもしれませんが、

そんな言葉には耳を貸すことはありません。

その代わり、

胸に手を当てて考えてみてください。

「努力を理解される、評価される
ように振る舞っているか」

と、

スポンサーリンク

理解されない、評価されない、、

日本人には、努力を見せない
美学という特徴があります。

あなたがまだ小中学校だった
ことのことを思い出してみてください。

例えば、テストの前に

「全然勉強していないから心配だよ」

と言いながら100点満点を
とっていた友人がいなかったでしょうか。

額に汗をして努力することは
気恥ずかしく、スマートではない、

そんな風潮が根強く存在します。

認めてほしい、理解されたい
というのは人間誰しもが持つ心理です。

しかし社会ではこのような
控えめな性格が裏目に出ることが多いです。

いくら努力を隠そうが、
周りにアピールしようが、

100点取れる人は
自然と評価がされるのです。

もちろん最終的に結果が
伴っていれば問題ないとも言えますが、

仕事は結果が出るまでに
時間がかかることが多く、

一人で働いている訳でもありません。

それゆえ、結果を出すまでの
他者との関わりを含めた、

全てのプロセスが
評価対象になってきます。

「そのうち誰かがわかってくれる。。」

と思い込んでいるのは
危険かもしれません。

それよりもアピールの仕方が
いかに適切に他人に伝わるか、

これを考え実行する方が
賢いやり方と言えるでしょう。

理解されないと悩む人の特徴

「黙っていても気づいてくれる」

がまかり通るほど、

コミュニケーションは甘くありません。

つまり努力をしていることを
理解されないと、

努力していないと判断されてしまう
危険性があるのです。

このような言い方をすると

「アピールの仕方だけを磨けば良いのか」

との反論が聞こえてきそうですが、

もちろん答えはノーです。

ここで明言したいのは、

能力は内だけに向けるのではなく、
外にも向けなければ意味がないということです。

どんなに熱い情熱を持っていたとしても

それが周囲から理解されなければ
冷淡な人に見られてしまう危険性があります。

理解されないと悩む人は
理解されるための工夫をするべきです。

アピール上手な人の特徴

人は評価し、評価される、

こうした心理はあらゆる
場面で見られるものです。

仕事でもそうですし、

恋愛においても、

恐らく友人関係や家族、
兄弟間の評価であっても、

そう言う働きはあるでしょう。

だから評価され上手は
人生で優位に立てるでしょう。

もちろんただ、目立てば良い
ということではありません。

しかし、アピールして
評価される事は仕事をしていく上で
非常に重要なポイントです。

能力を外に向けることで
誰かがその才能を認めてくれれば、

身の回りの環境はさらに良くなります。

ときには、自分が思いもつかないような
ところから良い話しが舞い込んでくる
可能性だってあります。

誰かがどこかで

「こう言ったことなら、
あいつに任せてみよう」

と話しをしてくれることで
新たな出会いも生まれるのです。

どこにでもアピール上手な人はいます。

その様子を目の当たりにした人は
悪意を持って

「取り入るのが上手い」

と評することもあるでしょう。

当然のことながら中身が
伴っていなければ

誰も快く思わないし、
妬みの対象になっても仕方ないです。

そうならないために
純粋なアピールの方法を考えるのではなく、

周りに自分の実力を
理解してもらうことを第一に
考えるようにしてみてください。

内側と外側への目に向け方が
バランスが取れた時に、

初めて本当の評価がされるでしょう。

理解されない評価されないと悩む人は、

こうした前提を踏まえた上での
アピール上手な人の特徴を持つのは、

非常にメリットがあるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>