森田正馬の森田療法の効果や特徴:日本オリジナル心理セラピー


もちろん心に悩みというのは、
太古の昔から人間が抱えていたものですが、

古くから日本人の心の問題を
取り扱ってきたセラピーがあります。

近年の日本の社会問題になっている
うつ症に効果のあるものとして
注目を集めている、

森田療法は

1919(大正8年)に精神医学者の
森田正馬(1874~1938)によって
生みだされた日本オリジナルの心理セラピーです。

東京慈恵会医院医学専門学校教授だった
森田正馬さんによって創始された精神療法で、

対人恐怖や広場恐怖などの恐怖症、
強迫神経症、不安神経症など、

いわゆる神経症全般に幅広く
アプローチするセラピー手法です。

人の心はとらわれやすい

森田さんが着目したのは、
あらゆる神経症症状の背後に

「とらわれ」という特有の心理的
メカニズムが働いているということ。

そこで森田さんは、
精神交互作用説を唱えました。

不快な感覚に対して
注意を集中すればするほど
不快感が増大すると言う理論です。

例えば、
大事な用があるときに限って

下痢になり、

「下痢になってはいけない」

と思うほど下痢がひどくなってしまう人は
少なくありません。

テスト前やスポーツの本番前などに

「焦ってはいけない」
と思えば思うほど焦ってくる…

という経験は誰しもがあるのではないでしょうか。

つまり、
症状にとらわれて
それをいつも気にしているせいで
目の前の課題に集中できなくなってしまいます。

森田療法の中に作業が
組みこまれているのは、

現実課題に注意、集中する
トレーニングをするためです。

心をあるものに集中させることで
とらわれからの脱却を図るのです。

キーワードはあるがまま

森田さんはこのような
「とらわれ」から解放された心理状態を
「あるがまま」という
キーワードで表しました。

仏教でいう執着を手放した「悟り」の概念に
近いような感覚かもしれませんが、

森田正馬さんご自身も、
神経質が「全治」した状態に対して
「悟り」という言葉を用いていたそうです。

さらに森田さんは
「向上心が強く、完全であろうとする性格」を
森田神経質と命名しています。

そのようなタイプは

「たった一度でも緊張して
人前でうまくしゃべれなかった」

という些細なことにも
こだわりやすい傾向があります。

こだわり過ぎるあまりに
やがては自分が欠陥者であるかのような
低い自己評価を下すようになり、

人前で緊張しないようにする事が
人生の目的になってしまうということすらあります。

これに対する治療法として
考案されたのが森田療法です。

森田療法は国際学会も設立され
日本初の心理療法として
世界から認知されています。

かつては治療には長期の入院が
必要とされていましたが、

現代では通院治療に
織り込まれて実施される
簡易な方法が中心となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>