カール・ユング学派のセラピー心理学理論、無意識と元型とは?


心理学の世界の著名人と言えば…

やはりフロイトとユングでしょう。

実はこの2人、直接の師弟関係にあり、
同じ学説を研究をしていたこともあり、
深い親交があったそうです。

最終的に二人の関係は悪化しますが、
今回紹介するセラピー理論は、

カール・ユング学派

スイス出身の心理学者である
カール・グスタフ・ユング(1875~1961)は、

人間の無意識には
アーキタイプ(元型)と呼ばれる
太古から受け継がれた共通の記憶があると

主張しました。

世界の神話や伝承を見てみると、
不思議と共通した点やイメージがあります。

例えば、
東洋の龍に西洋のドラゴン、
魔法使いや仙人、呪術師、
美女に英雄、賢者の老人、
悪魔であったり鬼であったり、

ユングさんはこうした共通点に気づき、

人間の無意識の奧底には人類共通の
集合的無意識が存在すると考えたのです。

この共通するイメージを「元型」と名付けました。

人間の共通して持つ心理的な特徴

主な元型には以下のようなものがあります。

・ペルソナ

社会に適応するように
他人に対して提示する人間像です。

仮面を被っているような自分で
本当の自分らしくはない自分自身です。

例えば、
「明るく見られたい」と思って、
そのようにふるまっている人の場合
「明るい人間」というのがその人のペルソナです。

・影(シャドウ)

好ましくないものとして
自分の中に存在することが
認知されない要素のことです。

普段は穏やかで優しいと
近所で評判の人が、

信じられないような凶悪犯
になったりするのは、

このシャドウの影響によるもの
と考えられています。

・アニマ

男性の中にある女性的な要素、

・アニムス
女性の中にある男性的な要素

ユングによる「自己」と「自我」

ユングによれば、
人間の心の中心には
「自己(ゼルプスト)」があり、

そこから分化して「自我(イッヒ)」が
生まれるとされます。

自我は意識の中心であり、
日常の言動や好き嫌い、善悪
などの判断をするもとになっています。

それに対し自己というのは
意識の表面に出てくることがないので、
普段ははっきりと自覚される事はありません。

そのために、稀に表に出てきたときは
まるで他人のように感じてしまいます。

あなたも自分で自分とは
なかなか信じられないような言葉を

思わず口にしてしまった経験が
一度くらいはあるのではないでしょうか?

まさに自分の事が分からなくなる…

というのは誰もが経験があると思います。

しかし、自分を知ることは
精神的なタフさを入手する方法、

つまり私たちは自分を知ることで
精神的な成長や発達を遂げるのです。

さらに自我は自己に向かって
成長する傾向があります。

その過程で様々な元型が統合され、
自我と自己は一つになる。

これをユングは個性化と呼び、
自分の心理学の最終的な目標と
定義したのです。

それでは次回からカール・ユング学派の
具体的なセラピー手法をいくつか
見ていくことにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>