ユング考案の夢判断、アクティブ・イマジネーションの方法


あなたは寝ている時に夢を見ますか?

それはどんな内容でしたか?

もしかしたらそれはあなたの
人生に何か意味のあるメッセージ
なのかも知れません。

夢というのはまさに現実ではなく
想像の世界の出来事ですが、

ものすごくリアルに感じるものです。

そこから自分を知るきっかけになるとしたら…

いいえ、夢以上にパワフルな
セラピー手法があるのです。

ここで、
アクティブ・イマジネーションというのは
ユングが考案したセラピー手法で

覚醒状態で半強制的に
夢を見る過程の事です。

無意識における夢分析といえば

有名なのがやはりフロイトさんでしょう。

彼は夢に表れるものは全て無意識の「性的」
なものに関連づけたました。

しかしユングを含め、多くの心理学者も、
フロイトの夢分析の考え方には疑問を持っていたようで、

ユングの場合は、シンプルに全て
性的なものに関連づけるのではなく、

夢をより多角的な角度から分析するよう試みました。

意識を開放させてあげる

とはいえ、アクティブ・イマジネーションは
寝てみる夢を使うのではありません。

心を自由に開放し、心の緊張を緩め、
意識による束縛を解いてあげることが目的です。

自分の内側から自然に湧いてきた
イメージに向き合うことで、面白いほど
豊かなイメージが展開されます。

目が覚めている状態のため、
夢のような難解さが少なく、

解釈が容易になります。

こう説明すると、白昼夢と
同じように感じるかもしれませんが、

実際には大きく異なります。

白昼夢というのは、
意識的な願望がそのまま表れてしまうため、

日常的で浅い内容になりがちですが、
アクティブ・イマジネーションの場合、

スタート地点は意識的に
設定するものの、

その後は意識や理性による
操作や介入を極力排除するようにします。

アクティブ・イマジネーションに
登場するキャラクターは

その人の心にあるイメージが
人格化したものと考えられます。

つまり、人の心の中には
色々なイメージが人格として
蓄えられており、

日常の生活ではそのうちの
1人が表に出ていると言う事です。

つまりこのセラピーは、
自分の内面を見つめ直す事ができる。

また想像力の可能性を広げるという
意味でも重要なものなのです。

コンプレックスに飲み込まれないよう注意

一般的に、
アクティブ・イマジネーションを行うには、

ある程度人生経験を積んだ
大人であることが望ましいとされています。

自分がまだ未熟な場合、

想像の中で展開される劇的な
ドラマに心を奪われてしまい、

本来のテーマを見逃してしまう事や
忘れてしまう事があるからです。

また催眠から、覚めきれなくなってしまう
リスクもあります。

さらには、無意識に圧倒されるあまり、
人格が激変したり、

コンプレックスに飲み込まれて、
治療するはずが、

ますます症状を悪化させることに
なる事もあります。

このような危険性があるために、
アクティブ・イマジネーションを行う時は、

必ず専門家と相談するようにしましょう。

アクティブ・イマジネーションの大まかなステップ

ここでは大まかにアクティブ・
イマジネーションの方法を紹介します。

ステップ1.

静かな場所で、雑念を排除して、
情動や空想が沸き上がるのを待ちます。

何かイメージが浮かんだら、
それが自発的に変化するのを待ちます。

ステップ2.

イメージに現れた人物などが
語る言葉に耳を傾け、対話をします。

何かアドバイスを得られれば
実生活に何らかの形で反映します。

顕在意識と潜在意識の移動が
容易になればなるほど、

自分のことを深く知れるようになります。

そのためのセラピー手法というのは
数多くあるのですが、

ユングが考案した、
アクティブ・イマジネーションも
非常に参考になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>