シャーンドルの能動療法:患者のトラウマに愛情を持って接する


人は満たされない思いを
とことん満たしたいと思う動物です。

前回、精神分析的セラピーでは、
患者の転移感情という現象が起こる
という話をしましたが、

他人である以上、クライアントと
セラピストの関係には壁がある
というのが通常です。

ここで、興味深いセラピー手法があります。

ハンガリーの精神分析家である
フェレンツィ・シャーンドルさん
が、考案したのがこの能動療法。

積極的な愛情を持って患者に接するのが
特徴のセラピー手法です。

フェレンツィさんは精神疾患の多くは、
幼児期の外傷経験など、親から十分に
愛されなかったことが原因と考えました。

しかし、セラピストがそれを指摘するだけでは、
クライアントは幼児期の欲求不満を再体験するだけで、
根本的な問題解決にはなりません。

そこで彼が考えたのが、
クライアントの甘え、わがままなどの
幼児退行的な言動を大幅に許容すると言うものです。

全てを受け入れる…

セラピストの温かい受け入れによって、
幼児期の欲求不満が満たされ、
症状が改善されると言う訳です。

確かに理論上は面白い考えです。

しかし現実的にそれを満たしてあげる
というのはかなり難しいことです。

例えば、明らかに愛情不足の
不良少年がいたとして、

他人である自分であっても、

まるで親のように全身で
接してあげる事ができれば、
彼の精神は健全になるのではないか、、

誰もが頭では考える事でしょうが、
現実的には不可能な事でしょう。

心の欠乏も時間をかけて満たしてあげれば
しっかりと満ちるのではないか。。

そこでフェレンツィさんは、
求めるままにセラピー時間を延長したり、
積極的にクライアントの要求に答えるなど、

そう言った事に応じることこそが
心を癒すのに多大な効果を上げると信じ、
前代未聞の実験を始めます。

それは、母親が幼児にするように、
セラピストが、クライアントの要求を
可能な限り満たしてやると言うものです。

彼はこの壮大な実験のために、
一人の重篤な障害を持った女性に、
好きなだけ私の時間を使っても良い
と約束します。

壮大な実験は成功か失敗か?

そして実際に彼はその女性のために、
面接を一日何度も行い、

深夜の面会要求にも応じ、
週末や休日も彼女のために捧げました。

実験は数年続き、
あまりの過酷な仕事量に、フェレンツィさんは
遂には健康を損ねてしまったのです。。。

結果的に、その女性も治癒する事は無く、
フェレンツィさんはこの壮大な実験を弟子に
敗北宣言をします。

そして彼の死と共に、それまで彼が
手がけてきて治癒していたと信じていた
多くのクライアントさんの状況が悪化したそうです。

ここまで聞くと、なんに意味もない
無意味なセラピー手法とも聞こえますが、

壮大な実験の失敗で終わったのでしょうか。

そうでもありません。

彼には多くの有能な弟子が残り、
その影響は今後紹介する予定の
サイコドラマなど広範囲に及んでいる
と言われるものです。

そこから多くの発展が生まれたのです。

例えば、フェレンツィさんの
後継者であるマイケル・バリントさんは

この試みを
精神分析上の壮大な実験
と評しています。

その後の流れに影響を与える重要な手法が
この能動療法と呼ばれるセラピーなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>