精神分析学的セラピー、人間の無意識、深層心理の分析理論

心理学セラピーと聞くと、

恐らく一番多くの人が
ステレオタイプ的にイメージに
出るのが今回の精神分析学的セラピー
と言えるのではないでしょうか。

精神分析と言うのは、オーストリア出身の

ジグムント・フロイトさん

が創出した、人間心理の理論と
セラピー手法です。

その最大の特徴と言うのは、
人間の心理を層の構造で捉える

…と言うものです。

現代人は意識の下に眠る大きな
潜在意識の存在について知っているでしょう。

しかしそれは謎に満ちた世界です。

意識は層に分かれているといいます。

その上層部は、自我と呼び、
この自我は普通の生活の中の
思考や決断など現実の対処を行うものです。

これに対して、下層部分は
無意識と呼ばれています。

フロイトさんをはじめとした
精神分析学的心理学によれば、

ノイローゼーや心身症などの
心の障害と言うのは、

この無意識によって引き起こされる
と言うのがこの学説の理論です。

ほとんどの場合、本人に自覚は無いので、
セラピーを行う場合は、この無意識の部分を
明らかにすることが大切です。

しかし潜在意識は目には見えません。

顕在意識でも理解しきれません。

そんな通常では察知できない
人間の心の奥底にスポットを当てるので、

精神分析は、深層心理学
とも呼ばれています。

とは言え、人の心は、
エックス線を当てれば内部構造が分かる。
といったような簡単なものではありません。

あくまで解釈に過ぎない…という
批判は確かに存在します。

しかし心に潜む問題は
その犯人の手掛かりも存在します。

ある一定のパターンも存在するのです。

例えば自我が眠る間
見る夢などもその一つです。

夢と言うのは、無意識の世界から送られてくる
暗号のようなもの、

これを解き明かして行くのが
精神分学の本質の1つです。

精神分析家になるには、長年にわたる
分析を指導者から受けないといけません。

これを教育分析と呼び、
この教育分析を行う資格は、
各流派によって異なります。

経験年数や、担当クライアント数
などで認定する場合が多いのですが、

精神分析では、
無意識の内容はほとんどの部分が
幼少期の経験に由来するとも言われます。

いわゆるトラウマなどこの時期に
形成されたシャドーのようなものが、
暴発して心を苦しめるのです。

その為に、性格形成期からさかのぼって、
問題の原因を明らかにし、

向き合い、付き合い、浄化して
根治させるという手法をとるのが
この分野の一般的傾向です。

とは言え、広い無意識の世界、
根治させるという手法を目指す場合、
その治療というは何年にも及ぶよ言う事も
珍しくないのです。

フロイトには多くの弟子がいました。

その為この分野はその弟子による
さまざまな流派が創設されています。

アドラー心理学のアドラー
ユング心理学のユングなど、

また、学問上では、
分析心理学や、個人心理学は
理論上の違いが多いので、

精神分析に分類されないこともあります。

しかし無意識を扱っているという点に
置いて、深層心理学には分類されます。

心理学を学ぶ上でも土台となる
理論と言えますから、

ぜひ参考にして欲しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>