人に気配りができる人の特徴と優れたバランス感覚を養う方法


今回のテーマは、

人に気配りができる人の特徴と
優れたバランス感覚を養う方法

について紹介します。

これまで人間関係について、

色々なノウハウを語ってきましたが、

時に矛盾するような
アドバイスもしてきました。

しかし、人から好かれるためには、

優しいだけでも、冷たいだけでも、
怒るのも褒めるのも、
楽しいだけでも怖いだけでも、

よくないのです。

何か一つの要素がいいのではなく、

様々な要素を適材適所に使い分ける

時に矛盾するような要素も
持ち合わせているほど、

人としての幅も広がります。

そして、人に共感し理解し、
絆を構築するためには、

熟成された精神性を身につける
必要もあるのです。

そのためにはバランス感覚を
養わないといけません。

スポンサーリンク

優れたバランス感覚を持つこと

「あの人には今までたいへんな
思いをさせてきたから、

少しは楽にさせてやろう」

「自分はこう言うところを
やり過ぎてしまう性格だから、

普段はちょっと抑え気味にして
気をつけた方が良いでだろう」

…このようなバランス感覚は、

色々な経験を積むうちに
養われていくものです。

人への気配りはたくさんの人
と付き合う経験を通じて磨かれます。

特に日本人は、

自分を押し出すのと同時に
周りの人の意見にも配慮する
傾向も強いので、

バランス感覚に優れた人
少なくないでしょう。

しかし、いかに
バランス感覚に優れていて、

普段は気配りのできる人でも

仕事に追われて
心の余裕がなくなると、

そのバランス感覚も少しずれます。

そうです。

自分に余裕がなければ、
人への気配りはできません。

人に気配りができる人の特徴

周りに気を使い、
調和を大切にする人は、

わがままで自己中心的な
考えを良しとしません。

ところがここで葛藤が生まれるのです。

ある程度のわがままさがなければ
自分にも余裕が生まれません。

そうなれば逆に他人に
迷惑をかけることもあるのです。

例えば、

自分の事で頭がいっぱいになり、

ストレスでいっぱいいっぱいに
なってしまっている時など

周りの人に、つい
おざなりな口調になってしまいます。

あるいは、通常なら

「まあ、そういう事もあるさ」

と笑って済ませるような事でも、

「何やってんだ!それでも
真面目にやってるつもりか!!」

などと、きつい言葉を発してしまいます。

いつもそういうキレる人であれば、

周りも「ああ、またか」と
それほど気にしないでしょうが、

普段が気配りの聞く人の場合には

言われた人が必要以上の
ショックを受けてしまいます。

普段から人に気配りができる人ほど

優れたバランス感覚を養う方法を
知っておかなければ行けません。

バランス感覚を養う方法

人間関係のトラブルは、

お互いに心の余裕うが無い
時の些細な事件がきっかけで
起こるものですが、

もともとがバランス感覚に
優れた人だけに、

そんなつまらない事で
関係がこじれてしまうと、

「なんで俺はあんな事を…」

と人一倍落ち込み、
自己嫌悪になる事もあります。

全容を見渡す事ができ、
人への気配りもできる人が、

自分の事についてはそれほど
客観的に見られない事もあります。

人間誰しも、余裕があって
頭も心も冴えている時もあれば、

人の事にはかまっていられない
ほど余裕の無い時もあります。

だからこそ自分を大事にする
ということも大切なのです。

自己中心に考えることが
自己犠牲に繋がったりします。

自分と他人のバランスも重要

「自分は今、どんな調子なのか」

は、日々チェックする
習慣を持つと良いでしょう。

人に気配りができる余裕が
あるかを確かめておくべきです。

自分に余裕が無ければ
バランス感覚を養う事はできないのです。

レスキューの基本は、

レスキュー隊の自身の安全
確保を最優先することから始まります。

自分に余裕がなければ
他人を救うことはできないのです。

余裕が無いと思う時には、

人や周りへの気配りも程々に、

まずは自分の心身のバランスを
立て直す事が最優先の課題となるでしょう。

その方が結局は、

自分も周りも嫌な思いをせずに
上手く流れるものです。

もともと人間関係が上手い人ほど、
この辺りも注意をしておきたいですね。

ちょっとでも重心がズレれば
バランスは崩れてしまうのですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>