思いやりがある人、思いやりがない人の特徴、気配りと人間関係

思いやりがある人、思いやりがない人の特徴
今回のテーマは、

思いやりがある人、思いやりが
ない人の特徴、気配りと人間関係

について紹介します。

人が人に対してやる事で
「当たり前」という事はありえません。

たとえ親が子にする事でも

「親だから当然」
と思っていてはうまくないです。

親は子供の気持ちを
尊重して教育するべきですし、

子供も親への感謝を
忘れては行けないでしょう。

いちいち言葉にして言う
必要は無いでしょうが、

感謝の気持ちを忘れては
行けないように思います。

こうした相手の気持ち立場を
考えながらコミュニケーション
ができる人は、

やはりどんな人間関係でも
スムーズにうまく行っています。

これは夫婦の間、
上司と部下の関係でも同じです。

「妻が家事と育児をやるのは当たり前」

「私は子供の面倒を見ているんだから、
夫が仕事を頑張るのは当たり前」

と、お互いに思っている夫婦は、

徐々に相手への思いやりを忘れ、
夫婦間の絆にひびが入ってくるでしょう。

親しき間でも思いやりがある人
でなければなかなか長続きはしません。

部下に対しても

「仕事なんだから、
文句を言わずにやるのが当然だ」

と、発破をかけるだけの上司は、
やがて部下から愛想を尽かされるでしょう。

スポンサーリンク

思いやりがない人の特徴

この「…してくれて当たり前」

という感覚は、

ここまで述べてきたバランス感覚
とは正反対、アンバランス感覚でしょう。

「いつも妻に家事も育児も
任せっぱなしにしているけれども、

妻は大丈夫だろうか?」

と、日常の「当たり前」を
奪うのがバランス感覚です。

自分は仕事、奥さんは家事

と役割分担をするのは良いのです。

しかし、だから家事は
全て奥さんの責任と考えるのは、

思いやりのない、
バランスに欠けた考えです。

そこで妻のやっている事を
注意しながら見ているから、

「ああ、今まで気づかなかったけれど、
家事や育児を全部一人でこなすのも大変だ」

と気づくのも早く

「たまに早く帰ってきた時
くらいは俺も手伝わないと」

という思いやりの
気持ちも芽生えます。

思いやりができない人は、

まだまだ経験不足の
精神の未熟さを周りに印象として
与えてしまう特徴があります。

思いやりがある人の人を動かすテクニック

思いやりのある気配り上手は、
人間関係を上手くまとめられます。

例えば、

上手に人を動かす方法に

疑問文で提案するという
テクニックがあります。

「こうしろ」「こうしなさい」

ではなくて

「こうしたらどう?」
「こう言う方法も考えてみれば?」

と提案するのです。

相手への気配りができない
思いやりがない人は一方的に、

「これをやれ、言われた通りに」

など特に上司や目上の人は
自分目線で言ってしまう特徴があります。

そう一方的に言われれば人間心理として
どうしても反発してしまいます。

でも、この「?」を使うと、

「嫌です」とは断りにくくなります。

疑問形で聞いてきた相手に

即座に反発するような
心理メカニズムはなく

「そうだな、ちょっと考えてみるか…」

という事になります。

そうして移した行動は
誰かに強要された訳ではなく、

自分で考えた事ですから、

自分で一生懸命やります。

人を思いやれる上司ほど
こうした伝え方が上手いのです。

些細な言葉遣いの違いでも
相手の気持ちを思いやって
話すとができれば、

人間関係はよりスムーズに
運ぶ事になるのです。

思いやりがある人の特徴

またバランス感覚に優れた人は

人への思いやりができますから、
グループ全体のバランスも
よく見られる人です。

物事を単体として捉えられる人
と言っても良いでしょう。

全容を見て、

「どこか突出していたり、
へこんだでいたりするところは無いか」

とそれとなく気にしているから、

グループで遊んでいる時も、

「楽しめていない人はいないか」
「あの人は退屈してないか」

と、すぐに気がつきます。

そして、気配りができるのです。

毎日、一人だけ残って残業している
部下を見たとき、

「彼は好きで残業してるから良いんですよ、
あれがアイツのやり方ですから」

と他の部員に言われても、

「ああ、そうなのか」

と納得して放っておく事ができません。

「身体の方は無理していないか」
「たまには早く帰って、休んだ方が良いぞ」

という一言くらいかけたくなります。

本人には自分の事を

「いちいち面倒な性分だな」

と思っているかもしれませんが、

こう言う人を周りの人は

「あの人の顔を見るとほっとする」

と感じるような存在ではないかと思います。

実際に孤独に努力するつもりでも
誰かに気にかけてもらえている

と感じれればやる気も出るものです。

気配り意識で人間関係はスムーズに

先日電車に乗っていたら、

興味深い光景に出会いました。

一人のご老人が乗ってきて

シルバーシートに
向かったのですが、

あいにくそこには学生らしき
若者たちが陣取っており、
座れない様子でした。

若者たちも気づいて
いない風でしたが、

そこでそのご老人は

「シルバーシートはここですか?」

と語りかけました。

当然シルバーシートが
そこにある事は承知だったでしょう。

しかし、

「ここはシルバーシートだから、
君らは席を立ちなさい!」

では過度が経つと考えたのでしょう。

そこであえて疑問文の形で
若者たちに問いかけたのです。

若者たちも

「あれー、そうですね。
ここですね〜」

などと言って席を譲っていました。

これも一種の気配り人間関係、

知恵をついた高い精神性を持つ
ご老人のなせる技でしょう。

そういう思いやりがある人は
人間関係を上手く構築できる人です。

その思いやりのできる視点は
広い視点を持つ事で養われます。

人付き合いで見方を変えてみる

という事を意識してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>