人間関係を計算しない持ちつ持たれつの大人の関係がうまい人


今回のテーマは、

人間関係を計算しない持ちつ
持たれつの大人の関係がうまい人

について紹介します。

勉強でも仕事でも、

経験を積んでいくごとに
ポイントを掴んできます。

人付き合いでも同じで、

経験を積むごとに、

大人の関係を築けるようになります。

人間関係における
バランス感覚とは

つき合う密度の濃さだけではなく、

例えば、

相手の家に招待されて
色々とごちそうになったら、

次回は自分のうちに相手を招いて
ごちそうをする。

それが、持ちつ持たれつつの
大人の付き合いといえるでしょう。

いい意味でフェアでフラット
な関係を作れるのです。

一方的な感情でつき合うのは
大人の付き合いとは言えません。

無償の愛とか心の友とか、
ソウルメイトとか、

理想論のような関係を望むより、

現実的に良い付き合いをする、

実はその方がお互いにとって

肩に力が入らない
長期的に良い関係が送れます。

だからこそ人間関係では
持ちつ持たれつを大切にして
ほしいと思います。

持ちつ持たれつの関係がうまい人

ただ、こう言うアドバイスをすると

「私は料理が下手だから、
招待してくれた友人みたいに

美味しい料理で
もてなすことなんかできない。」

「相手の家は広くて、
ホームパーティーもできるけど、

私の家みたいに狭いんじゃ、、」

などと、すぐに相手と
自分を比較してしまう人がいます。

しかしここで持ちつ持たれつの関係
として言いたいのは

そういう話しではなく

もし、自分が料理が下手なのであれば、

どこか美味しいお店の予約を取って
ごちそうすれば良いという事です。

同じフィールドで戦う必要はないのです。

こう考えれば、

老若男女、どんな地位や肩書き
の人ともうまく付き合えます。

例えばそこで

「私は○○みたいに
料理は作れないから外食で悪いけど

ここはとっても美味しいから」

と言えば、

相手にその気持ちは十分に伝わります。

お互い様の関係のメリット

要は相手が楽しい思いを
させてくれたのなら、

それに応えて自分も相手に
楽しんでもらおうと言う

気持ちの問題です。

相手が自分のために
何かをしてくれたのなら、

自分も何かの時に相手の力になります。

それが、相手が自分に
してくれた事に比べてたいした
ことではにとしてしても、

それを「やってみよう」
という気持ちをバランス感覚が
大切なように思います。

妙に肩肘を張って計算して
考えすぎて付き合うよりも、

長い目で見て全体像を見て、

お互いが良い関係を維持できる、

こうした大人の考えができる
ようになれば、

人間関係は変わります。

妙な駆け引きをした
持ちつ持たれつの関係というより

お互いが気持ち良く与え合える関係が
理想なのではないでしょうか。

人間関係を計算しない人の特徴

人はそれぞれ与えられるリソースも違い、

欲しいものも価値観も違うのです。

だから良いのです。

「Aさんはこれだけやってくれたから、
私たちもこれだけ返さなきゃ」

「Bさんは今回5000円
くらい使ったみたいだから、

次回はウチで5000円は負担しないとね」

という人は、

きっちりしていてバランス感覚に
優れているように見えますが、

実はそうではないのです。

人間関係を計算しない人こそ
本当に素晴らしい人間関係を築けます。

そんな

「お祝いをもらったから、お祝い返しを」

という義理や計算ずくで考えるのは

単なる習慣であって、
気持ちのバランス感覚からは離れています。

相手との立場や年齢差にも
よるでしょうが、

高価な食事をごちそうになった時でも

「ごちそうさまでした」

ときちんと挨拶しておいて

後日、相手の気に入りそうな
お菓子などを贈ると言った
気配りが必要という事です。

持ちつ持たれつの関係を大切にしながら
人間関係を計算しないのが

真の大人のつき合い方の極意です。

例えば金額のバランスは合わなくても

その気持ちは必ず伝わります。

その辺りの加減が分かっている人が

本当にバランス感覚に
優れた人なのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>