嫉妬で人間関係を壊す人、大人のつき合い方ができる人の特徴

嫉妬で人間関係を壊す人、大人のつき合い方ができる人の特徴
今回のテーマは、

嫉妬で人間関係を壊す人、大人の
つき合い方ができる人の特徴

について紹介します。

人間関係に亀裂が入る時、

必ずと言っていいほど
そこには感情のもつれが存在します。

誤解や偏見に感情が加わり、

冷静に論理的に理性的に
考えれば良いことであっても、

壊れてしまうことがあります。

だからこそ、

極端な変え方や一方的な視点で
物事を見るのではなく、

バランス感覚を磨くことが
大切になってくるのです。

例えば、

色々な仲間とバランス良く
付き合っている人は

他の人に対しても自分と
同じような感覚で見ているから

自分の親友が他の人と
仲良くしていても

「あっ、○○さんに新しい
友人ができたんだな。

良さそうな人だから、
今度私にも紹介してもらおう」

と、何のわだかまりも無く
考えられるものです。

スポンサーリンク

嫉妬で人間関係を壊す人の特徴

ところが

「この人は私の親友だから」
「私の恋人だから」

と言う意識が強すぎる人は

仲の良い人や好きな人が
他の人と親しそうにしていると、

「何よ、あの娘は、
○○さんと馴れ馴れしくしちゃって、
感じ悪いわね。

○○も、○○で、
私に何の断りも無く、
あんな娘と仲良くしちゃって」

嫉妬心が先に立ち、
これを排除しようとします。

前回紹介したFさんは
嫉妬で人間関係を壊す人の特徴でした。

人間関係において
ある程度嫉妬の感情が生まれる事は
仕方の無い事ですが、

その関係を壊すほどの嫉妬は
望ましいものではありません。

そういう関係を築く人ほど

まだまだ精神的に未熟で
大人のつき合い方ができていない人と言えます。

大切な関係を壊してしまう嫉妬

ポジティブな感情=良い
ネガティブな感情=悪い

というわけではありません。

おそらく嫉妬という感情が
なければ人と仲良くしよう
という気持ちは生まれないでしょう。

人間が生きていくために
全ての感情が大切なわけです。

しかしこれもバランスです。

ネガティブな感情とも
うまく付き合って対処できるのが、

成熟した大人の考え方です。

そしてお互いにその考え方
を持てる人間関係が、

健全な大人の付き合いです。

いくら仲の良い親友や恋人だって

自分以外にも親しい人もいるはずで、

ときには自分よりもそちらの
付き合いを優先しなければいけない
事もあります。

恋愛関係や夫婦関係でも

その関係を壊すような
不倫や浮気などは問題かもしれませんが、

友人と遊びにいくくらいの事で
嫉妬されたらたまったものじゃありません。

子供の付き合いから卒業できない人

そのときに、

「いいよ。じゃあ私も久しぶりに
学生時代の友達に会ってくるから」

と軽く言ってくれる人は、
つき合っていても楽でしょう。

そこで、

「それほどういう人?
いつのまにそんなに仲良くなったの?」

などと嫉妬から追求されると、
うんざりもするでしょう。

いちいち説明を求められるのが
面倒くさくなって

「ああ、会社の同僚だよ」

などと適当にごまかしているうちに、
その嘘がバレて、

大げんかになると言うパターンを
恋人や夫婦の間で経験した事の
ある人も多いでしょう。

自分や自分たち以外のグループと
つき合っているだけで

目くじらを立てるようでは、

まるで女子中学生の
仲良しグループと一緒です。

大人の付き合いと言うのは
そういうものではないでしょうか。

大人のつき合い方ができる人の特徴

第一、自分の親友や恋人が

他につき合えるような
友人や仲間もいない、

つまらない人で良いのでしょうか。

自分の事や内輪のグループの
事はほったらかしで、

そちらばかりというのでは
考えものですが、

それが「ときどき」くらいならば

「たまにはいいじゃない」
という寛大な気持ちでいたいものです。

その「たまには」か「しょっちゅう」
なのかを判断するのが、

その人のバランス感覚
ではないかと思うのです。

嫉妬という感情が
必ずしも悪い感情とは言えません。

が、それも適度なバランスで、

適切に使いこなせてこそです。

嫉妬が悪い方に転べば、

自分も他人も傷つけることになります。

自分も周りも幸せで豊かに
なれるように、

自分の感情とも付き合って
いけるよう意識していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>