理想なのはバランス感覚に優れた社長、調整役のリーダー

理想なのはバランス感覚に優れた社長、調整役のリーダー
理想なのはバランス感覚に
優れた社長、調整役のリーダー
というテーマは今回は紹介します。

これまでは個人、そして
仲間というステージの人間関係に
ついて紹介してきましたが、

これからは組織、グループ
の人間関係について考えてみましょう。

そしてグループの人間関係
として考えなければ行けないのが、

リーダーシップです。

リーダとして、
どのようなタイプの人が
理想なのでしょうか?

或は会社の社長、組織のトップとして

どのような資質が
一番求められるのでしょうか。

・決めた事は絶対にやり通す
と言う信念を持っている人、

・まず自分が率先して動ける人

・何事にも粘り強く取り組める人

・柔軟な発想のできる人

・常に視野を広く持って
世の中の動きに敏感な人

・誰からでも吸収しようという
意欲を持っている人

どれもこれも、

社員たちの面倒を見ていく
社長と言うポジションには
必要な資質でしょうし、

誰かに聞いても、
様々な答えが出てくるに違いないです。

スポンサーリンク

バランス感覚に優れた理想の社長の特徴

ただ会社を一つの船と見なし、

社員を船員、社長を船長と例えると、

理想とすべき一つのモデルが
見えてくるように思います。

船長(社長)にとって最大の役目は

船を安全に、滞り無く
目的地まで運ぶ事、

もちろん、その安全に
と言うのは船員の安全も含まれています。

船には航海士や機関士、操舵士、
あるいは荷物を運ぶための作業員やコックなど、

様々な仕事に携わっている人が乗っています。

会社でも経理、営業、マーケティング、人事など

彼らはそれぞれの分野における
個別のプロフェッショナルですが、

ときにはお互いの仕事や立場が
ぶつかる事もあるでしょう。

仕事の内容や時間帯の
異なる船員全てにとって

完璧な環境と言うのはまず無理で

あちらを立てれば
こちらが立たないと言う事が出てきます。

そんな中で理想なのは
バランス感覚に優れた社長、リーダーで
調整役としての役割が上手い人と言えると思います。

社長の役割は調整役のリーダー

その不満をできるだけなだめ、

誰にとってもできるだけ
働きやすい状況を作ってやるのが
船長としての最大の仕事のように思います。

調整役というのが
リーダーとしての最大の役割
だと思います。

そのとき、いかに

「俺が一番偉いんだから
俺の言う事を聞け」

と権威だけを振りかざしても、
上手くは行かないようにも思います。

まるで海賊船の船長のように
ワンマンで引っ張っていくリーダー像も
確かにありますが、

特に現代社会では、
そういうリーダーはうまく行きにくいです。

やはり各人の言い分をちゃんと
聞いてやり、

不公平のないように
バランス良く指示や命令を出します。

あるいは、それぞれの能力を見て、
適材適所に船員を配置する。

人を見て、その調整役ができる
バランス感覚と言う資質が必要なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>