大人になっても成長する人、成長しない人の人間関係の特徴


今回のテーマは、

大人になっても成長する人、
成長しない人の人間関係の特徴

について紹介します。

学習というのは、

才能や遺伝よりむしろ、
環境によって大きく変わります。

勉強ができる人に囲まれていたら
自然と勉強ができるようになり、

スポーツができる人に
囲まれていればスポーツが、

遊び人に囲まれていれば、
遊び人になってしまいます。

これは子供の頃から、

学生時代、大人になっても、
同じメカニズムが言えます。

つまり人間関係こそ、

学習や成長の鍵を握ります。

前回、素直に聞けない、頑固な人
の素質を紹介したわけですが、

中国の偉大な思想家孔子の

「六十にして耳順う」

と言う言葉は

ある種の戒めなのかもしれません。

スポンサーリンク

成長は意欲より人間関係

「60にもなって人の話しを
素直に聞けないようだと、

本当にろくでもない頑固ジジイ
になってしまいますよ」

と言う警告でしょう。

人はいくつになっても
成長する事ができますが、

聞く耳を持たなければ
成長は止まってしまいます。

いくつになっても
成長する人しない人

その差を分けるのは
ちょっとした意識の違いです。

「老いては子に従え」

という格言もありますが、

それは

「動けなくなったら子供たちに
面倒を見てもらわないと行けないんだから、

昔みたいに偉そうに振る舞う
のではなく、

嫌われないように
おとなしくしていなさい」

と言う意味では無いでしょう。

恐らく、若いうちは子供に
教え、しつけてきたが、

子供たちが大きくなったら
彼らの方が今の社会の最前線で
生きているのだから、

その子供たちの意見から学びなさい…

と言う意味ではないかと、
私は解釈しています。

若い人からも素直に学ぶ事人はができれば
大人になっても成長する人の特徴です。

老若男女から幅広く学べば
それだけ人生の視点は増えます。

だからこそコミュニケーション
というスキルは大事なのです。

大人になって成長しない人の特徴

中でも重要なのが聞くスキルです。

現代社会で家に引きこもるのは
年寄りばかりではありません。

若い人の中にも
社会生活はおろか、

家族ともろくに話しない
「引きこもり」が増えています。

引きこもりになった原因は
人それぞれでしょうが、

その根底には

「人の話しを聞く事」

の大切さをおろそかにしてしまった
事があるのではないでしょうか。

人間関係を疎かにすれば
脳が衰えるのも早いです。

前回、人の意見を聞く事を
忘れると成長が止まると言いましたが、

成長しない人は人の意見を
素直に聞かない人の特徴です。

逆に言えば、今よりも
もっと成長したい人は、

人の話しをどんどん聞けばいいのです。

まだ

「自分にとって何が必要で、
何が必要でないか」

をはっきり把握していなかった
若い頃ならば、

「聞く必要も無い意見」

むしろ「聞かない方が良い話し」
もあるかもしれません。

大人になっても成長する人の特徴

しかし、色々な経験を積み、

社会の事や自分の事が
分かってきた今なら、

自分なりの判断で「聞くべき事」
の取捨選択ができるでしょう。

人の意見を聞くだけ聞いて、

ためになる事は実行し、
そうでないものはさらりと
聞き流しておけば良いのです。

まずは聞く耳を持つことです。

そこで耳を塞げば、
得るものは少なく、

人間関係も広がりません。

そういう意味では、
大人になった今こそ、

色々な人の話しを聞くのに
適した時期なのかも知れません。

より成長できる時期なのです。

成長しない人は
人生がどんどんつまらなくなります。

不思議な事に、
聞く耳を持っている人のところには、

大勢の人が集まって、

色々と役に立つ話しを
聞かせてくれます。

そこから「いい刺激」を貰えば、
頭は若くなります。

つまり成長の鍵は、

豊かなん人脈と
素晴らしい人間関係です。

人付き合いがうまくなり、
コミュニケーションがうまくなれば、

自然と成長できるでしょう。

そして人生を豊かにできます。

人の話しを聞いているだけで
世間が広がり、

自分の頑固さがなくなります。

いくつになっても成長したい…

そういう素直な気持ちが、
自分を幸せにするのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>