力強い、安心させる人、シンプルに考える現実的な人の特徴

力強い、安心させる人、シンプルに考える現実的な人の特徴
今回のテーマは、

力強い、安心させる人、シンプル
に考える現実的な人の特徴

について紹介します。

ちょっとした思い込みから

余計なことを考え、
想像が想像を呼び、

人間関係に亀裂を生じる

ということがあります。

想像力は人間社会を豊かに
してくれたことは事実ですが、

コミュニケーション、人間関係

においては、余計な想像は
逆に足かせになることもあります。

物事をあるがままに、
素直に受け入れられる人は、

たとえ壁にぶつかっても
それを乗り越えて進んでゆく力があります。

人のアドバイスにもちゃんと耳を貸し、

多少時間がかかる事はあっても
いつかはきっと乗り越え、

乗り越える体験によって
一段と力強くなります。

そしてその結果、周りにも
力強い、安心を与える人になれます。

スポンサーリンク

現実的な人のタフな人間関係

前回素直な人の強さを
紹介したわけですが、

余計なことを考えると
素直さもなくなっていきます。

若い人に限らず、人の意見を
聞き入れない人がいます。

周りの親切心からの助言を無視して、

自己流で押し通すには、
やはり限界があります。

こう言う人がよく陥る
思考パターンは、

そこに壁など無いフリをして
自分をごまかすと言う事です。

壁にぶつかっているのに
それを認めようとせず、

世間や他人のせいにしたり、

自分の運のなさを嘆いたりして、

いつまで経っても壁の前で
立ちすくんでいるだけでしょう。

プライドが高く強い風に見せていますが、
中身、土台は弱い傾向にあります。

もちろん、壁を乗り越える
体験はできず、

力強い、安心させる人にはなれません。

シンプルに考える現実な人の特徴

そういう意味で、

素直な思考をする人は、
現実的な人なのかもしれません。

現実的に物事に対処しようと
する人には、

いつの間にか同じように
現実的な人たち、

つまり、目の前の問題を
解決するために地道に努力する人
たちが集まってきます。

過度に楽観も過度に悲観もしません。

余計な妄想に駆られて
不可解な行動もとりません。

そういう人たちがチームを組むと、
とても力強くなります。

シンプルながら強力なのです。

目的のためなら人に頭を
下げる事もいとわないし、

自分に協力してくれた人たちには
素直に感謝する事ができます。

教えて教わる関係を築けます。

素直且つ現実的な人たちは、
そういう強さが身に付きます。

相手をおだてて操縦しやすくするために
頭を下げるのではないのです。

いつか見返す時がくるまでは
プライドを捨てて、

今は無理して頭を下げている
と言うものとも違います。

もっとシンプルに、自分たちに
協力してもらいたいから、

頭を下げてでも「お願いする」できるです。

力強い、安心させる人の特徴

弱い部分は弱いと認め、
できない部分はできないと認め、
知らないことは知らないと認める。

シンプルですが、実は
これは大切なことです。

他人から教えてもらえたり、
サポートを受けることができます。

そして自分ができることを
一生懸命やれることは、

実は素晴らしいのではないでしょうか。

シンプルに考える素直で現実的
な人たちが力強い人であるのは、

そのような過程を経ていくうちに

どんどん人脈が広がって
いくところにあります。

「分かりやすい考え」

があり、

「壁を乗り越えた力強さ」

があります。

周りの人は、そういう
特性を信用し、

できるだけ協力しよう
と言う気持ちにもなるでしょう。

ただでさえ芯の強い人たちなのに、

人間関係という
土台までしっかりしてきます。

格闘家でも、

色々な知識を知って
色々な技を知っている人より、

シンプルだけど体が強い方が
勝利を収めやすいですね。

少なくとも、あーだこーだと
いちいち屁理屈を言ったり、

自分をごまかしごまかし
活動したり、、

そういう貧弱さを漂わせている
人よりは、人を安心させる人です。

シンプルに考えられる人の
特徴は力強いのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>