素直に人の話しを聞く将来伸びる人、大成しない人の特徴

素直に人の話しを聞く将来伸びる人、大成しない人の特徴
素直に人の話しを聞く将来伸びる人、
大成しない人の特徴について
今回は紹介します。

中学や高校の運動部の
監督やコーチに

「どのようなタイプの選手が
将来力を伸ばして、

最終的に上手くなりますか?」

と尋ねると、

「素直に人の話しを聞く選手」

と言う答えが返ってきます。

いかに基礎体力や運動神経が
優れていたとしても、

人の意見を聞かず、
自己流でやっている選手は

途中のどこかで必ず壁に突き当たり
大成しない人の特徴があるそうで、

その壁をなかなか
乗り越えることができません。

そのうち、うまくいかない
自分自身に嫌気がさして

「どうせ、もともと自分には
向いていなかったんだ。

才能が無かったんだ。。」

と諦めてしまうと言います。

スポンサーリンク

素直に人の話しを聞かず大成しない人の特徴

プライドが高いのか
素直になかなか慣れない性格なのか、

素直に人の話しを聞かないで
壁に当たり、諦めてしまう。

そんな姿は端から見ていると、
何とももったいないと感じます。

せっかく技術もセンスも
良いものを持っているのに
大成しない人と言うのは、

多かれ少なかれ
そのような性格だと言います。

一方センスや技術、体力は平凡でも

監督やコーチの意見を
素直に聞き入れる選手は

その成長速度はゆっくりかもしれませんが、

着実に伸びていきます。

しばらく見ないうちに、

指導した監督やコーチが
びっくりするほど上手く
なっていくこともあるそうです。

壁に突き当たった時も
先輩や監督の経験論やアドバイスに
真剣に耳を傾けるから、

同じ試行錯誤もするので
スランプからの脱出も早いのです。

素直に人の話しを聞く将来伸びる人の特徴

本人も、

「上手くなったのは
アドバイスしてもらったおかげ」

と考えているから、

ますます人の意見を尊重して
聞くようになるでしょう。

スポーツであれ、仕事であれ
素直に人の話しを聞く人は

将来伸びる人の特徴と言えるでしょう。

何よりいいことは、

こうした経験が積み重なると、

「人の意見を素直に聞いて、
真面目に努力すれば、何でもできる」

と言う自信が生まれてきます。

自己流に終始したあげく
限界を感じて諦めてしまう、

大成しない人と比べ
将来に大きな差がつきます。

これは単にスポーツの世界だけでなく

その後の人生に及ぼす
影響も少なくないのです。

大成しない人は

周りから「上手だね」と
ちやほやされているうちは
得意になってやるけれども

ひとたび壁に打ち当たると
つまらなくなって、

すぐに放り出してしまう人です。

一方で、将来伸びる人は

最初はうまく行かなくても
人の意見を取り入れて、

真面目に頑張ればできるようになる
と信じて努力する人です。

ウサギと亀ではないですが、
素直に人の話しを聞く人の方が
人生の最後には笑っているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. 匿名 より:

    「言うこと聞いたら大成するから言うこと聞けよ」ってだけですね

    大成の仕方を知っていたら、「中学高校のコーチ」なんてやらないですよ 笑

    • admin より:

      匿名様、コメントありがとうございます。
      大成の定義によるかもしれませんが、
      どの分野であれ結果を出す人に成長する為の要素として
      「素直さ」は大切だと感じています。
      ごく稀な天才は除いてですが…
      「中学、高校のコーチ」にも素晴らしい人はいますよ〜

      • 匿名 より:

        成功には環境が大事って事か?そうすると素直で報われないやつの方が大半だね。
        環境を勝ち取るには、素直さの再定義が必要だわ。

        • admin より:

          コメントありがとうございます。
          私自身は自分が尊敬する人の教えは、
          あれこれ考えず「とにかくやってみる」態度が重要だと思っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>