初対面の人と話すコツは当たり障りの無い会話から始める


今回のテーマは、

初対面の人と話すコツは
当たり障りの無い会話から始める

について紹介します。

「始め良ければ終わり良し」

ということわざがあるように、

何事であっても始めがうまくいけば、

すべて順調に進み、最後には
良い結果を得ることができる、

というのは人間関係でも言えます。

こうした初対面の法則は
よく知られていますから、

最初に出会う人との最初の会話は
慎重でなければならない、、

と、人見知りな人口下手な人

「何か面白い話しをしなくては」

…と言う思い込みが強すぎて
プレッシャーがかかっている
傾向にあります。

だから、黙っていた方がいい、

と感じすぎて、このストレスを
感じるくらいなら人とあまり会いたく
ないとすら思ってしまいます。

しかし会話を始めるには
ちょっとしたコツを知っておけば、

その後スムーズにいくはずです。

スポンサーリンク

良い人間関係を築くために会話を始める

前回、紹介した女性は
海外留学という

「人見知りだから話せない」

と入ってられない状況に
身を置いたことで、

口下手を克服することができました。

しかし、わざわざそんな状況に
自分を追い込まなくても、

心構え一つで初対面の相手とも
臆すること無く話せるようになれます。

当たり障りの無い会話を
少し用意して準備しておけばいいのです。

初対面の人やよく知らない人
との会話に困るのは、

相手に関する情報が決定的に
不足しているからでしょう。

どんなことに興味があるのか、
何が好きで何が嫌いなのか、

どんな話しから切り出せば
良いか見当つかないし、

話題の選びようがありません。

取ってつけたように「ご趣味は?」
と聞くのも無粋な感じがするし、

いきなり

「お仕事は何をなさっているんですか」

と尋ねるのも失礼なように思えます。

そこで当たり障りのない
会話の出番です。

意味のある会話をしなければ、、

と意気込むくらいなら、

益も害のないような
話を用意しておく方が、

随分と気も楽になります。

初対面の人と話すコツ

初対面の相手には、

まず自分のことを話すのが
無難と言えます。

ただし、唐突に

「私はこう言う仕事をしていて、
趣味は…身長は、、家族構成は…」

とやったのでは相手も面食らいます。

「今朝、ここに来る途中、家の
近くでキンモクセイの香りがしました。

もう、そんな季節なんですね。」

などと、

当たり障りの無い会話から入ると

相手も

「ほう、キンモクセイが
咲いていましたか?

そういえば、もうすっかり
涼しくなって秋ですね」

などと話しに乗ってきやすいものです。

あるいは、そこから派生して、

「お花が好きなんですか?」

などと、質問してきて
話しが展開してくるかもしれません。

こういった話しを考えておくのは
初対面の人と話すコツと言えます。

こういった雑談ネタはいくつか
用意しておいてもいいかもしれません。

当たり障りの無い会話は会話の潤滑油になる

電車の中で見かけた
ちょっとした光景でも

朝のニュースについてでも、

要は、相手も話しに乗って
きやすい身近な話題で、

世間話でもするような
雰囲気になれば良いのです。

ウォーミングアップと
同じように、

いきなり本番ではなく、

地ならしのような会話から
始めると、

すんなりと意気投合する
ことがあります。

確かに初対面の人は
何を考えているか分からず、

考えすぎるかもしれません。

しかし、相手の情報が
無いのは向こうも同じで、

会話のきっかけを探っているのだから、

相手が気楽に反応しやすい
話題を投げかけるのが良いでしょう。

他人についてや
一般的な話題より、

自分が「見た」「聞いた」「感じた」

話しの方が自分と言う
「人となり」を知ってもらえます。

そのためにはやはり、

「初対面の人に会うから、
どんなことを最初に話そうかしら…」

と、2つ3つの話題を
用意しておく必要はあるでしょう。

それがここで言う会話の
「心構え」であり、

その準備をしておくだけで

「何を話せばいいのか…」

と言う不安や緊張は軽くて済みます。

その分、会話もスムーズになります。

当たり障りのない会話は
老若男女、どんな地位の人でも
通用するテクニックなのです。

初対面の人と話すコツは
当たり障りの無い会話から始める

ここから始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>