表現が下手、話し下手な人、口下手な人の特徴と対策克服法


今回のテーマは、

表現が下手、話し下手な人、
口下手な人の特徴と対策克服法

について紹介します。

多くの人は、

コミュニケーション上手

というとその場を盛り上げる
喋るのが上手な人というイメージ
を持っているようです。

「私は口下手で、人前に
出ると上手く話しが出来ない…」

と思い込んでいる人も、

聞いている方からすれば

口下手とは思えない人も
少なくありません。

どちらかと言うと、

要領よく話しをしているし、

話している内容も
それほどおかしな訳ではありません。

当人に指摘すると、

「いや、普通に話している
ときはいいのですが、、

何か気の効いたことを言おうとしたり、

面白い話しをしなければと
思ったりした時は、

上手く言葉が出てこないんです」

…と言います。

しかし、ここで話し下手な人や
口下手な人は何が下手なのか…

とその特徴について
もう一度ここで考えてみましょう。

話し下手な人、口下手な人の特徴

なるほど。

話し下手な人、口下手
悩んでいる人たちにとって、

話しの上手い人と言うのは、

テレビに出てくる芸人や
アナウンサー、タレントさんのように

機転の聞いた話し方が出来て、
起承転結の聞いた話しができ、

いつでも人を笑わせるような
ネタを持っている人のことを
思っているのでしょう。

それと比べてしまった、

特に機転が利く訳でもなく、

面白いできない自分は

「表現下手で口下手で話し下手」

と言う訳なのです。

しかし、考えてみてください。

彼らはプロとして話術を磨き、
それを飯の種にしているのですから、

一般の素人に
自分たちと同じように

流暢に喋られたのでは、
立つ瀬が無いでしょう。

彼らは日々、努力やスキルを磨いて
お金を稼ぐ技術を身につけているのです。

さらに私たちが見る
テレビ番組を作るために、

構成や演出などが多くの
スタッフの手によって加えられ、

準備されているものです。

全てがアドリブでその人の
キャラクターで成り立っている
わけではありません。

一般のレベルでは、

気の利いたことをいつでも言える、
面白いネタを常に持っている人
の方が遥かに少数派です。

話し上手より聞上手がモテる

あるいは、表現が下手、
話し下手な人にとって

好きな異性の前で、相手を
喜ばせるようなことを言えない、

思ったことを上手く表現できない
と言う悩みもあるのかもしれません。

話題が途切れ沈黙、、という
間が苦手と言う人もいます。

でも、好きな人の前では

普段はどんなに流暢に話せる
芸人やアナウンサーでも

言葉が詰まってしどろもどろになったり、
ついつまらないことを口走って
しまうものではないでしょうか。

恋は人を口下手にな人にさせる
ものなのかもしれません。

ただ口下手な人の対策克服法として
考えてみてほしいのですが、

「話しの面白い人がモテる」

とは言われていますが、

実際、そう主張している
女性たちも、

現実の恋人相手として

常に面白いことを言って
笑わせてくれる人を
求めている訳ではありません。

まずはセルフイメージ
変えることからお勧めします。

自分の欠点は大きく見えがちですが、

口下手と思っているのは、
自分だけの思い込みかも知れません。

もう少し大きな視点から
コミュニケーションスキルを考えれば、

うまい対策になるのではないでしょうか。

表現が下手、話し下手な人、口下手な人の克服法

もちろん、

日頃から会話が広がりそうな
ネタを探してみる、

あるいは聞き上手話させ上手
になるのも克服法として良いでしょう。

さらに言えば、

自分なりの意見や考え方を
きちんと表現できる人であれば、

会話のセンスは磨かれていきます。

これはある意味で練習です。

本を読み映画を見て、

多くの経験を積み、
色々な人と出会っていく中で、

人を惹き付ける話しや
含蓄もある言葉も培われていきます。

表現は磨かれていくのです。

とは言え余計な表現法を
考えすぎてしまうより、

自分の素直でシンプルな
思いをぶつける方が、

伝わりやすかったりします。

英会話の勉強でも

よく「習うより慣れろ」
と言われますが、

表現が下手、話し下手な人の
対策克服法も色々な人と話し
「慣れること」が大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>