場の雰囲気を和ませる人を立てる人の会話術

場の雰囲気を和ませる人を立てる人の会話術
今回は場の雰囲気を和ませる、
人を立てる人の会話術について
紹介します。

せっかくの知識や
面白いネタでも

使い方によっては逆効果になります。

場の空気や会話の流れ
読めない人は

得てして周りの人に
煙たがられます。

「教えたがり屋」
「話したがり屋」

になりがちです。

悲しいことに、
この自己満足型の

「教えたがり屋」「話したがり屋」

は決して少なくありません。

若い人の会話に入ってきて

「いや、それはそうじゃなくて、、」

と言い出す年配の人たちも目立ちます。

年上の人だから

「別にあなたの話しは聞いていませんよ」
「余計なお世話です」

とも言えず、

若者たちは黙って聞いているしかありません。

しかし中には場の雰囲気を
和ませる人を立てる人の会話が
出来る人も存在します。

スポンサーリンク

人を立てる人の特徴

オジサン、オバサンは、

「若い人と話しができて、よかった」

と悦に入っているかもしてませんが、
若い人は若い人なりに

年長者に気を使って

「立ててくれ」ている事にも
気づいてほしいところです。

仲の良い友人や、
年齢の近い仲間うちなら

「ああでもない」
「いや、俺の方が正しい」

と言い合うことも許されるし、
それがまた楽しいものです。

しかし部下や後輩など
年齢の離れた相手に対して

上の者が「そうじゃない」とか
「それはこれが正しい」と

口を出してしまうと、

若い人は「やれやれ、また始まったよ、、」

と思いながら「拝聴」するしかなく、
場の空気はすっかりシラケてしまうでしょう。

人間関係の極意は
相手の立場でものを言える人です。

アドバイスも一方的だと
逆効果になりますし、

面白い話しも
自己満足ではシラケます。

人を人を立てる人、人を立てられる人は
会話もかなり上手で、

場の雰囲気を和ませることに長けています。

場の雰囲気を和ませる人の会話術

ある程度の年齢になれば、

自分が知っていることや
間違っていると分かっている話しでも、

途中までは黙って聞いてやると言う
度量が必要なように思います。

わざわざ訂正したり、
説教したら相手にとっては
煙たがれる存在となります。

「○○さんはどう思います?」

と聞かれたり、

話しが行き詰まったりした時に

「私はこう思うのだが、、」

と話せば、

相手も真剣に聞いてくれるし

「さすが○○さんはよく知っているなあ」

と、いい空気にもなります。

逆に年長者のいる席で若い人が
生半可な知識で、

「そもそも日本の政治と言うものは・・・」

などと、さも得意げに発言すると、

間違いを指摘されて
かえって恥をかくこともあるでしょう。

どうせなら、知っていることでも

「○○さんはどう思います?」

などと、意見を伺う言い方で
年長者に花を持たせてやる方が、

場の雰囲気は和やかになります。

仕事の時ならともかく、

プライベートの会話では

「自分の博識をひけらかす」

ためにではなく、

「場の会話を盛り上げる」ために
せっかくの知識は使いたいものです。

そういった人を立てる人の
会話術に注目してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>