会うとほっとする人、リラックスできる人の特徴、癒しの心理学


今回のテーマは、

会うとほっとする人、リラックス
できる人の特徴、癒しの心理学

について紹介します。

ストレス社会で世知辛い世の中、
誰もが癒しを求めています。

人脈を広げ、新しい
人間関係を求めるものの、

逆にそれがストレスになり
悩みのタネになったります。

そんな中、

リラックスした雰囲気の中で
誰かと話しをするだけで

苛立っていた気分が収まったり、

落ち込んでいた気持ちが少し
元気になったりすることは
少なくないです。

明日からのチャレンジの
原動力にもなりますし、

心身の健全さを保つ上での
良い意味での息抜きにもなります。

もし誰が会うとほっとする人や
リラックスできる人がいれば、

あなたの人生は幸せになります。

しかし、そういう人は
何も特殊な人ではないのです。

例えば、

会社で嫌なことがあると、
そのまま家に帰る気にもなれず、

「行きつけの酒場」に
寄って行こうか、、

となる人も多いのではないでしょうか。

この習慣にもメリットがあります。

スポンサーリンク

会うとほっとする人は特別な人ではない

酒場のマスターや常連客は
特別な人でも心理学をマスターした
カウンセラーでもありません。

心を癒すための存在ではありません。

でも、彼らに会うとなぜかほっとしたり、
リラックスできたしします。

店の人や常連仲間に仕事の愚痴を
聞いてもらいたい訳ではないです。

ただ、会社のしがらみの無い人たちと
とりとめの無い話しをしているだけで、

ささくれていた気持ちが
ちょっとは落ち着きます。

リラックスして穏やかな自分になれるのです。

仕事で苦労している人の話しを聞いて、

「ああ、この人も大変なんだ、、

やっぱりみんな辛いながらも
頑張っているんだなあ。私も頑張ろう」

と励まされることもあります。

バカ話で大笑いして、
すっきりと気分が晴れることもあります。

リラックスできる人の特徴

こんなことを書くと、

「それじゃあ、

家にまっすぐ帰ってくれば、
私が話し相手になってあげるのに」

と思う主婦もいるでしょうが、

それは早とちりです。

もちろん

「妻と話しをするのが、
一番のストレス解消」

と言う人もいるでしょうが、

実際にはそういう夫は少数派です。

長年連れ添っている分、
どうしても話題が偏ってきます。

相手の趣味や考え方も分かっているので、

「こちらがこういえば、
こう言う言葉が返ってくる」

と、

会話の流れも見えてきます。

どのような話し方をしようと
マンネリの会話になり、

「ほっとする」ような癒しの
効果はあまり期待できません。

もちろん家族は特別な存在ですが、

家の外に気軽に会うとほっとする人や
リラックスできる人を持つことは、

精神安定上の大きなメリットがあるのです。

癒しの心理学というのは、

マンネリの中のちょっとした刺激、
刺激の中の適度のマンネリ感、

こうしたバランスの上で
成り立つ繊細な心理学です。

会うとほっとする人がいる人は幸せ

だから、家庭でも仕事でも
バランスが必要です。

とは言えやはり、

大切な存在が最も癒しの存在、

であることが最高です。

もっと言えば、奥さんに下手に
仕事の愚痴でも言おうものなら、

「あなたなんか、まだ外で
発散できる場があるから良い
でしょうけど、私なんか、、」

と、

やぶ蛇になることもあります。

この危険度は、世の夫は
誰でも肌身で感じるのでしょう。

仲の良い夫婦を見ていると、

あきれるくらい
話しが尽きないものです。

いつも笑い声が響く、

お互いに顔を見ると、

「ほっとする」

そういう気持ちなのでしょう。

もちろんこれは理解と尊敬
という前提の上に築いた、

特別な関係なのでしょうが、

「この人とはリラックスして話しが出来る」

そういう人が身近にいる人は
自分を幸運と思った方が良いです。

そして自分も誰かの
癒しの存在になれれば、

素晴らしい人間関係が構築
できるでしょう。

「自分は幸運だ」と
思って生きていれば、

さらなる幸運が舞い込んでくることも
良くある話しです。

癒しの心理学を踏まえた上で、
人生を豊かにしていくことが、

厳しい時代を勝ち抜く
秘訣であったりします。

まずは身近に癒しの存在を
作っていきましょう。

それがいちばんの近道です。

しかし、それほど
深く話さない相手でも

会うとほっとする人、リラックス
できる人を生活のどこかに持って
おくことも大切なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>