悩みを相談できる人がいる人、孤独に一人で解決する人の特徴


今回のテーマは、

悩みを相談できる人がいる人、
孤独に一人で解決する人の特徴

について紹介します。

誰しもが悩みにぶつかる
ということがあります。

そんな時でも、

一人で悶々と抱え込み、
神経を徐々にすり減らし、

長い間、胸の苦しみを抱えた
まま過ごす人もいれば、

誰かに相談して、早々に
スッキリ解決してしまう人もいます。

人生には悩みは尽きないもの。。

ですが、

その悩みや壁にぶつかったとき、
誰が相談できる人がいて、

話しを聞いてくれる人がいると言うのは
大変幸せなことです。

それが上司であっても
部下であっても、

家族であっても友人であっても、
恋人であっても、

そういう人を大切にして欲しい
と思います。

スポンサーリンク

悩みは孤独に抱えがちだが…

特に孤独を忘れさせてくれる人は
上質な人です。

若い頃や働き盛りの時に
大きな決断を迫られるのは、

何もあなただけではありません。

例えば、

チャレンジしてみたいと
思っている海外勤務も、

現実には妻子を連れて行くのは
難しいこともあります。

教育問題を考えれば、

子供を海外に連れて行くのは
不安にもなるでしょうし、

家族一緒と言うのは
諦めた方がいいかもしれません。

かといって、

単身赴任で何年も家を空けると、

妻に大きな負担をかけることになります。

夫婦関係だって悪くなるかもしれませんし、

自分が子供に忘れられるかもしれません。

いい話しであるからこそ、
大いに悩むことになるでしょう。

悩みを相談できる人がいる人の特徴

こんなときに、あなたには
相談できる人がいるでしょうか。

一緒に悩んでくれる人
がいれば心強いものです。

人はどんな決断をするときも、

本当は一人であり、
孤独なものです。

だからこそ、誰かに
話しを聞いてほしいものです。

一人で解決する人は
精神的にタフかもしれませんが、

やはり、孤独な感情があります。

誰かに一緒に考えてほしい、

そして、出来ることなら

自分が出した結論に

「私があなただったら、
やっぱり私も同じことをすると思うよ」

と、人は肯定してほしいものです。

そうやって、背中を
押してほしいのです。

お互いに悩みを相談できる人がいる人生

とはいっても、

人はそれほど他人のことは
心配していないものです。

結局は、人のことは人のこと、

と言う思いがあります。

だから悩みを一人で解決する人は

その辺りを割り切っている
のかもしれません。

命に関わることや、相談
して来た人が被害にあっていて、

「助けなくてはいけない」

場合は親身になるが、

何か本人が楽しげに見える
「嬉しい悩み」の相談には、
案外冷たいものです。

海外勤務などは、その典型でしょう。

心配よりも、むしろ
羨ましさが先に立つでしょうし、

「贅沢な悩みだよな」と、
他人事と捉えるのが普通かもしれません。

しかし、たとえそう思ったとしても

例えば、

「海外勤務の内示を貰ったこと、
女房にはなかなか言い出せなくてさ」

「そうか。そうだよな。
なかなか言えなくて当然だよ」

「行ったら、最低三年。
普通に考えたら5年は帰って来れないもんなあ」

「そうだなあ。難しい決断だよな」

…と、

話し合える関係は重要です。

悩みを相談し相談される人間関係

アドバイスなどしなくていいが、
ただ聞いてやる人であってほしいものです。

解決のサポートが欲しい
というよりむしろ、

心のモヤモヤが吐き出せたら
それでいいのではないでしょうか。

悩みを相談できる人がいる人は
深い人間関係を持っている人です。

あなたも相手の相談に乗り、

孤独を忘れるだけの
役割を果たせば、

相手はそれだけで勇気がわいてきます。

そういう意味では、

孤独に悩みを抱え込むより、

真剣な相談や深刻な相談を
打ち明けないにしても、

気軽に話をして少しでも
気が楽になれるような、

会話ができる人を常に
持っておくことは大切です。

そして、孤独な時にそばに
いてくれた人に、

深い友情を感じるものです。

そうやって人は、

「思い、思われ」の関係が
静かに深まっていくように思います。

これは悩みを一人で解決する人には
なかなか味わえない感覚かも知れません。

人は支え合って生きていくものです。

悩みをいかに共有するか、

これは人間関係をうまく
構築していくにあたっても、

非常に大切なことなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>