お互いを尊重する関係、本心を隠す関係の特徴


今回のテーマは、

お互いを尊重する関係、
本心を隠す関係の特徴について

紹介しましょう。

スピリチュアル系の本を読むと

「執着を手放しましょう」

などと書いてあります。

たしかにその通り、、とは
思うのですが、

人間の心理から言って

執着やこだわりから
解放するのは、

それほど簡単なことではありませんん。

前回伝えたかったのは

「小さなことにこだわらないようにしよう」

と思うあまりに、

自分の感情は本心まで隠し
押し殺してしまうのは良くないと言うことです。

嫌なことを嫌と言えずに
無理につき合ったり、

本当は別にやりたいことがあるのに
我慢してしまったりするのでは、

次第にストレスもたまってきます。

逆説的な言い方になりますが、

そういう人は

「こだわらないこと」に
こだわってしまっているわけです。

誰でも嫌いなものや苦手なこと、

生理的に受け付けないものがあるはずで

「何でもオッケー」「全て受け入れます」

と言う人の方が少ないでしょう。

だからこそ

こだわりのある人同士の付き合いで
お互いを尊重する関係は大切です。

スポンサーリンク

不健康な本心を隠す関係の特徴

思った頃をすぐ口にしたり、

相手の気持ちを考えずに
発言するのは問題です。

もちろん何の気遣いもなしに

余計なことまで本音
全てぶちゃける関係も

良好な関係とは言えません。

が、自分を押し殺し
本心を隠す関係も不健康なのです。

人間関係が上手い人は
その辺りのバランスを上手くとり
お互いを尊重する関係を保ちます。

例えば、食べ物でも、
他の野菜は食べられても

「ネギだけはご勘弁」

と言う人がいるでしょう。

その人が友人に食事に招かれたとき、

「せっかく私のために
作ってくれたのだから」

と嫌いなネギを無理に食べたのでは

他の料理までまずく感じてしまいます。

それよりも、あらかじめ

「ごめん、私ネギだけ苦手です。
他のものは何でも食べられるから」

と断っておいた方が
もてなす方も助かります。

一人分、料理からネギを
抜くことなど、

たいした手間ではないのですから。

でも、味付けが自分の
好みに合わないからと言って

「どういうセンスしてるの?
これしょっぱすぎるよ」

というのは思いやりに欠けます

お互いを尊重する関係の特徴

人との付き合いでも同じことで

例えば、

恋人が大のスポーツ好きだが、
自分はスポーツは全然ダメ、、

と言う人がいて、

デートのたびにテニスやゴルフに
誘ってくれるのだが、

実は苦痛でたまらない、、

でも好きな彼と一緒にいたいからと、

多少は無理してでも
つき合えるうちは良いですが、

そこで楽しいフリをし続けると

彼は「彼女もスポーツが好きなんだ」

誤解してしまいます。

そうなってしまうと、

いよいよ我慢できなくなった時に

「実は自分はスポーツするのが苦痛なのだ」

打ち明けるのが余計に
難しくなります。

だからと言って

「私はスポーツ嫌いだから、
あなたもやめてよね」

というのは、

度量が狭すぎるように思います。

相手は違う考えを持っているからこそ

こう言うケースであれば、

相手のこだわりも尊重して

「スポーツする時は
他の友達とやってね」

あるいは

「3回に1回はつき合うから
3回に1回は私の趣味にもつき合って、

後の一回は二人が
一緒に楽しめることをしましょう」

などと提案してみるのはどうでしょうか。

これならお互いを尊重する関係で
付き合いを続けられます。

特に男性と女性では
考え方が大きく異なる場合があります。

男性は細かいストレスを
細かく発散させる傾向があり、

女性はストレスを溜め込み
一気に爆発させる傾向があると
言われています。

だから、自分本位な考えで行けば、
相手がなぜ怒っているのか

理解できないのです。

誰しもが違う考えを持ちます。

その相違点をネガティブに捉えたら
喧嘩や別れなどトラブルを生みます。

しかし、相違点があるからこそ
惹かれる部分があるのも事実でしょう。

これは異性間の違いだけでなく、

育ってきた環境、考え方、文化など

様々な影響があり、

人はそれぞれ考え方が違うものです。

相手のこだわりを認めて
自分のこだわりも認めてもらうのが、

お互いに無理の無い
つき合い方と言えるでしょう。

本心を隠す我慢し合う関係でなく
お互いを認めお互いを尊重する関係

恋愛でも友人関係でも
付き合いが長続きする理想の関係と
言えるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. まる(仮) より:

    サイト拝見させていただきました。
    思うところばかりでためになり、毎回の投稿読ませていただきています。
    現在学生という身分ではありますが、自己分析に困っています。また、自分は人と話していながらも素になれない(見栄を張る)事に少し悩んでいます。これらがなにか人に悪影響与える事はありませんが、社会に出て営業などの際、「冷たい人間」などと思われる、また相手に壁を感じさせてしまうのではないかと、感じています。なにか改善策はありますでしょうか。
    お手隙の際よろしければ、ご連絡いただければと思います。
    失礼します。

    • admin より:

      まる(仮)さま、コメントありがとうございます。
      私自身は人間関係を改善するポイントは、
      いかに「自分がどう思われるか」ではなく「相手をどう思うか」
      とどれだけ切り替えて考えられるかだと思っています。
      何かしら参考になれば幸いです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>