こだわりのある人、好き嫌いの激しい人の特徴

こだわりのある人、好き嫌いの激しい人の特徴
今回はこだわりのある人、
好き嫌いの激しい人の特徴
について紹介します。

「私、○○しか食べないんです…」
「△△以外は興味なくて」

と言う人、

良く言えば

「こだわりがある人」と
日々つき合うのは、

結構しんどいものです。

何か一緒にしたいと思っても、

「これはどうですか?」
「これなら大丈夫?」

といちいちお伺いを
立てないと物事が進みません。

海外からのVIPを接待するならともかく、

友人であれば「一緒に楽しもう」
と言う気分も遠ざかっていきます。

「こだわりのある人」
と言うよりも

「好き嫌いの激しい人」
と言えるかもしれませんが、

自分の気に入った物しか食べない、
好きな事しかしない、

付き合いやすい人としかつき合わない、、

であると損する場面もあるでしょう。

スポンサーリンク

周りに煙たがれる好き嫌いの激しい人の特徴

こだわりのある人は
いかにも洗練された「大人な感じ」ですが、

好き嫌いの激しい人はむしろ、

身勝手でわがままな
子供っぽい人と言うイメージです。

本人は自ら吟味して
取捨選択しているつもりなのでしょうが、

周りの人からは、

「面倒くさい人ね。
つき合いきれないわ」

と、

取捨選択されている事も
良くある話しのようです。

人間誰しも好き嫌いやこだわりがあるのは
仕方ありません。

食べ物で一つくらいは

「どうしてもダメ」

というものがあるように、

苦手なものや生理的に
嫌悪感を覚えてしまう事もあるでしょう。

問題は、その自分の好き嫌いを
さも誇らしげに主張するところにあります。

好き嫌いは本来
人に迷惑をかけるものではありませんが、

度が過ぎる好き嫌いの激しい人は
周りに迷惑をかける事もあるのです。

適切なこだわりのある人になる

もちろん、こだわりがあって
好き嫌いがあるのは良いのですが、

例えば、

人が集まる場で

「うあー、私人参って大嫌い、
それって馬の餌でしょう」

とみんなで食事をしている時に
無邪気な声を出したり、

あるいは、友人同士で

「あの映画、面白かったね」と
話しているところに割り込んで

「あんな映画、駄作中の駄作、
これほどくだらない映画を見て感動した
なんて言っている人の感性を疑うわ」

と、ひとくさり。どこか偉そうです。

それを楽しんでいる人の前で
どうどうとそんな批判が言える人の
感性の方を疑いたくなります。

こだわりのある人でも
人の立場になって発言を
心がければ、

人間関係はスムーズに行きます。

たとえば、自分の好みと違っていても

「美味しそうに食べられて、羨ましいわ。
でも、私は苦手だから、、」

「私はあのタイプの映画は
あまり好きじゃないから、
よく分からないけど、」

と、このくらいで話しを
合わせておくのが「大人な感じ」であり、

人の気持ちを大切にする
「大人の感性」を備えている人
のように思います。

こだわりのある人、好き嫌いの激しい人は
その発言に注意をしないと、

周りに迷惑をかけている場合もあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>