言葉の解釈が下手な人、言葉を心のパワーに変える人の特徴

言葉の解釈が下手な人、言葉を心のパワーに変える人の特徴
今回のテーマは、

言葉の解釈が下手な人、言葉を
心のパワーに変える人の特徴

について紹介します。

人類は言葉を使い
コミュニケーションを
図ってきたわけですが、

言葉というのは常に
不完全なやりとりです。

例えば、

会社の役員など

目上の人や社会的地位の高い人に

「あなたに期待していますよ」

と言われたとしたら、、

あなたはどう感じるでしょうか?

「しっかりやってもらわないと困るよ」

と言われているように感じて、

プレッシャーとなって
重くのしかかってくるでしょうか。

それとも

「私は目をかけられているんだ。
よし、頑張るぞ」

と自分のパワーに変えるでしょうか。

同じ言葉をかけられても
その解釈の仕方は違うものです。

スポンサーリンク

言葉の解釈が下手な人の特徴

この場合、どちらが良いかは
明白だと思いますが、

相手の言葉をパワーに変える人は
前向き人間の特徴があり、

プレッシャーにしてしまうのが
言葉の解釈が下手な人で
後ろ向き人間の特徴、

と分類できるでしょうが、

こんなちょっとした事で

両者の決定的な差になったりするものです。

同じ言葉でも解釈しだいで心は
ポジティブにもネガティブにも
転がってしまうわけです。

例えば

家にお客さんを招待して
料理を出したとします。

相手は量の少なさに嫌味を言い

「お上品に盛りつけされるのねえ」

などと言う場合

こんな時は相手が言わんとしている
事を見抜く力はあった方が良いですが、

けれども、そこで、

「イヤミな人ねえ」
「どうしよう失礼だったかしら」

などと怒ったり
悩んだりするのではなく

「さりげない言い方をしてくれて
ありがとうございます」

と感謝するくらいの気持ちの
余裕を持って捉えるべきでしょう。

言葉を心のパワーに変えられる人

ようは、人の言葉を
どう受け取るかで解釈が変わり、

その後の行動も変わると言う事です。

「あなたの料理なかなか美味しいわね。
薄味でどちらかと言えば私好みだわ」

と言われたとしても、

「なかなか美味しいだって?
どうして『なかなか』なのよ」

と思いすぎて

「薄味ってことは、味が無いって
思っていると言う事かしら」

深読みしたりして
動揺してしまうのではなく

「まあ本音は分からないけど
及第点は貰えたみたいね」

と軽く考えれば良いでしょう。

何を言われても
それを前向きに捉え

言葉をパワーに変える人は
心が強いとも言えます。

自分の信念に沿って
前に突き進めるでしょう。

言葉をパワーに変える人の特徴

言葉の解釈が下手な人も

まずはいきなり前向きに捉える
よりも始めに、

人間なんて日頃はあまり
考えてものを言わないものだな、、

と思ってみましょう。

実際そういう一面はあります。

冒頭で紹介した

会社の役員の

「期待していますよ」

と言う一言も、

よく考えての言葉では無いかもしれません。

若い人みんなに「挨拶代わり」
に言っているだけかもしれません。

真意は相手にあるのであって、

その言葉を受け取った自分自身が

いちいちプレッシャーを感じて
いたら身が持ちません。

自分の都合の良いように
解釈してしまえばいいのです。

それよりもおめでたい人だと
言われるくらい相手の善意を受け取って
言葉をパワーに変える人になってしまう、

万物は全て相対的、、な訳ですから、

どんなものでも解釈の余地はあります。

だからこそ自分なりの
上手い解釈を身につけるべく、

言葉を使い方を磨けば、
それだけで人生も変えられます。

楽しく生きたい場合は、

「楽しく生きる」事を
人生のテーマにすると言いでしょう。

こう言った思考の癖をつけると
いつの間にか心も前向き人間になり、

様々な人間関係もうまく行くはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>