失敗への対処法を身につければ人生に余裕、ゆとりが生まれる

失敗への対処法を身につければ人生に余裕、ゆとりが生まれる
今回のテーマは、

失敗への対処法を身につければ
人生に余裕、ゆとりが生まれる

について紹介します。

成功をすれば、

人生に余裕が生まれるか?

と言われればそうではありません。

いくら大きな家に住み、
お金をたくさん貯金しても、

心の余裕がなければ、

人生は切羽詰まったような
ストレスを感じるでしょう。

しかしここで、

失敗への対処法を身につければ
人生にゆとりが生まれます。

何事をするにしても

あらゆるアクシデントを想定し、
最善策を練るのは、

もちろん悪い事ではありません。

このサイトでも、

想定こそ感情コントロールに
大切と説いてきました。

しかし、何でもかんでも
難しく考える事はありませんし、

考えすぎるのも良くありません。

失敗しても対した事は無い
と言う事も人生にはあります。

あまり考えず行動をすれば
結果的に良い場面がほとんどです。

スポンサーリンク

人生にゆとりある人、無い人の特徴

失敗への対処法を身につければ、

転んでも怪我をしなくなるように
前向きに行動できるようになるのです。

完璧主義神経質になると
人生は損をする事が多いです。

まさに完璧主義は心の
余裕がない生き方になるのです。

例えば、

時間を守ると言う事であれば、

難しい交渉に向かうとき
絶対に時間を守らなければ行けないですが、

家族や親しい友人相手なら
5分くらい待たせても
問題は無いでしょう。

失敗を恐れる人は
どうしても人生の生き方が窮屈になり
ゆとりがなくなってしまいます。

「これと、これをやって、、
いや、まだやるべき事が他にも
あるのではないか、、」

などと、

神経質になってしまう傾向があります。

そういう人にアドバイスしたいのが、

何でも窮屈に考えるのではなく、
大まかで良いから、

余裕を持って計画すれば良い
と言う事です。

失敗への対処法を身につける方法

物理的なスペースの余裕より、

視点によって心の余裕は変わります。

あまりにも失敗を恐れてしまう人は

失敗した時のイメージを
膨らませすぎて

自由が利かなくなっています。

いくらお金があっても
成功しても、地位が上がっても、

幸か不幸かは自分の心が決めます。

失敗を恐れるがあまり、
失敗への対処法が身に付かず、

自分の本領を発揮できないまま
でいるのは「宝の持ち腐れ」とも言えます。

一方で、前向き人間は

失敗しないように気をつけるけれど、

失敗した時の具体的なイメージを
持つ事よりも、

成功した時の事を考えています。

だから人生に
ゆとりがあるように見えます。

ただ、その「楽天性」が

失敗を恐れる人の目からは

「お気楽」「無責任」「雑」

などと映るようですが、

心の余裕を持つためには、
大切な要素と言えるでしょう。

失敗への対処法があれば人生にゆとりが生まれる

そういう楽天的な人は、

心の底には

「失敗したって、まあどうにかなるさ」

と言う思いがあり、
失敗への対処法が上手いと言えます。

自然に行動力も高まり、
人生の幅を広げることができます。

それは、多くの経験から来る
ある種の自信と言えるでしょう。

そしてもっと
彼らにとってもっと大きい事が、

成功を重ねて来た自信や自負より

失敗した後にちゃんと対処できた
と言う記憶がある事です。

失敗と言うものが
そんなに大そうなものではなく、

「転んだって、大丈夫だ。
また立ち上がれるんだ」

と言う潜在的な自信につながります。

人生に余裕が生まれる生き方

だから、ちょっとやそっとじゃ
びびらなくなり、ゆとりが生まれます。

例えば最初にスキーをしたとき、

誰しもが転びそうで怖いものです。

でも、一度転んでみたら

「なんだこんなものか、
そんなに痛くはないな」

と思って、引けた腰が
少しは前に出るようになります。

そして徐々に上達するのです。

一度も転ばずにいる人の方が、

逆に大きな怪我をしたりします。

あるいは角に転ぶことを恐れ
スキーにチャレンジしないような
生き方をすれば、

これもやはり人生損をします。

人生はバランスなのですから、

ようは転んだ事を

マイナスに考えるか、
プラスに考えるかで、

失敗の対処法さえ身につければ、

失敗を恐れてビクビクする事も
なくなり行動が出来るようになるのです。

人生に余裕、ゆとりが生まれる
生き方ができるほど、

人生を豊かにできるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>