成し遂げる人の持つ特徴、チャレンジ精神と快感と達成の関係


今回のテーマは、

成し遂げる人の持つ特徴、
チャレンジ精神と快感と達成の関係

について紹介します。

目標をいくつも達成する人には、
興味深い心理メカニズムがあります。

普通の人が普通に
やっている事に対して

「自分も出来た」と

喜ぶ人もいるでしょうが、

それは少数でしょう。

ほとんどの人は
普通の人には出来ない事を

「自分だけが出来た」

と言うところに快感を得ます。

この快感を得るためには
強固なチャレンジ精神と、

どんな苦しみにも負けない
忍耐力が必要な事は間違いありません。

普通の人がやれない事を
「やろう」というのだから、

大変な苦しみが待っています。

スポンサーリンク

成し遂げる人の持つ特徴

しかしその先に脳内で
発生する快感があり、

成し遂げる人は様々な
達成をしていくのです。

若い人の中には

「クイズ番組なら何でも好き」

な人がいるらしく、

難問中の難問のクイズほど
燃えると言います。

確かにクイズに答えても、

クイズ番組にでも出ない限り、

なかなか報酬はもらえません。

常識的に考えれば、

そんな勉強するくらいなら
良い大学に入るために、

塾に行く方が得じゃないか、、

と思うかもしれません。

しかし彼らはクイズにこだわります。

さて、そんな彼らは
一体どんな人なのでしょうか。

「答えられる自信がある」
「自分の能力に誇りを持っている」

恐らく彼らの心理根底には
このような自負があるのでしょう。

クイズに答える事で自分の実力を
確認し、誇りたい

と言う気持ちも強いのでしょう。

これこそ成し遂げる人の
持つ特徴と言えます。

さらに、上級のクイズマニア
と言われる人は、

多の大多数の人が出来ない
問題を解く事に興奮と快感を得ていて、

この興奮と快感が
いつまでも忘れないと言います。

チャレンジ精神と快感の関係

そして重要なのが、

難しい事、人には出来ない
チャレンジが自分に出来た時にこそ、

人には大きな快感を
得られると言う事なのです。

そして人生全体から見れば、

常識に従うよりも、

目標を達成する力を高める方が、
メリットも多いような気がします。

この達成と快感のメカニズムを
うまくコントロールできれば、

人生を間違いなく向上させる
ことができるでしょう。

前回、夢とリスクの関係を
紹介しましたが、

子供が夢を語らない事のデメリット
として脳と快感の関係も挙げられます。

快感が人を前に進めてくれます。

難しい事にチャレンジしようとする人、

成功の道筋が見えていない事に

リスクを背負って
でもチャレンジしようとする

チャレンジ精神がある人は
狭く門に入ろうとした時に

ただ苦しいのではなく、
快楽をとも泣く事が出来るのです。

出来るかどうか分からない事
苦労するであろう事、

そういうマイナス要因を知りながら
も快感を得る事が出来ます。

なぜかと言うと、

苦労して成し遂げた時に快感を
身体が覚えているからです。

チャレンジと快感と達成の心理学

だからこそ成し遂げる人になるのです。

登山家は険しい絶壁をのぼります。

とても苦しいはずです。

そかし、それが快感になっている
事も少なくないのです。

その苦しみが頂上に着いたとき、

その達成感が二倍にも三倍もの
快感に変わる事を身体が
知っているからです。

悪い比喩かもしれせんが、

麻薬のように
病みつきになるのです。

実際に脳内麻薬が出ていて、

こうしたメカニズムは
「報酬系」と呼ばれ心理学的
にも実証されています。

リスクも苦労も、
ある種の「励み」になり、
報酬となるのです。

タバコやお酒、麻薬など、
悪いものに快感を得て
依存をするのはダメでしょうが、

その矛先が良いものであれば、

人生をより良くしてくれます。

だからこそまずは素晴らしい
目標を立てることです。

そしてそれを達成して行きましょう。

可能性が低い事を
成し遂げた人は、

その快感を身体が覚えていて
脳が記憶しているのです。

だからいくら苦しくても次々と
前向きにチャレンジをして
いけると言う事、

だからこそチャレンジ精神を
持って難しい事にチャレンジ
していってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>