夢を持つにはリスクが伴う、チャレンジには準備と行動が必要

夢を持つにはリスクが伴う、チャレンジには準備と行動が必要
今回のテーマは、

夢を持つにはリスクが伴う、
チャレンジには準備と行動が必要

について紹介します。

夢を持つことは良いことです。

素晴らしい未来を描き、
希望を持って毎日を過ごすことは、

もちろん悪いことではありません。

ただ、、

漫画や映画の世界では、

ファンタジーの世界を見て
楽しめば良いのですが、

私たちの人生はあくまで
現実に生きているわけです。

妄想だけなら誰でもできます。

夢を持つにはリスクがあります。

チャレンジには準備が必要なのです。

そして努力や行動力も必要です。

最近の子供たちに

将来、どんな職業に就きたいかを聞くと

公務員やサラリーマンと言った
答えをする子供も少なくないそうです。

公務員やサラリーマンは
あくまでも雇用形態であるから

職業とは言いがたいですので、
夢と言うのはどうかと思うのですが、

さらには

「公務員は安定していて、
リストラされないから」

と言う子供もいると言います。

スポンサーリンク

夢を持つにはリスクがある

ちょっと前であれば、

「サッカー選手になりたい」
「プロ野球選手になりたい」
「歌手になりたい」

と夢を語る子供が
多くいたように感じるのですが、

これに比べると、

その夢を語る姿は、

嫌になるほどしっかりしている
ように見えますが、

そのしっかりしている分だけ、
可哀想にもなります。

現実主義過ぎて
面白みに欠けるとも言えます。

確かに、今の子供には
将来の夢が無い、、

と大人からの嘆きの声が
聞こえてきそうですが、

そして、

「もっと大きな夢を持て、
世界に羽ばたけ」

「君には無限の可能性がある。
自分を信じてチャレンジしろ」

と言った熱いメッセージを
何かに付けうる人もいます。

もちろんこうした意見には、
正しい面もありますが、

こういった態度はまた
あまりに一面的な教育的指導
のようにも思います。

夢を持つにはリスクが伴う

「夢を持つ事はリスクを伴う」

と現実もきちんと
教えておくべきではないでしょうか。

夢が無いのも良くないですし、
無闇に夢を追って
チャレンジをすればよい訳でもないです。

バランスが大切なのです。

投資でもリスクとリターンは
バランスよく考えて、

判断するのが当たり前です。

夢をおい大きなチャレンジをする
のは良い事だが、

その上で、

夢に様々なリスクが付いてくるが、

夢を叶える人たちは、
早くからそのリスクに気づいて

リスクを回避するための
準備をしているものだと教え、
指導すべきではないでしょうか。

夢を持たないのも人生に
とってはマイナスになりますし、

夢だけ持っていても
それはやはり意味がないのです。

チャレンジには準備と行動が必要

大きな夢を叶えるなら、

それだけ努力も行動力も必要です。

また、犠牲になるものも大きいでしょう。

そしてその夢が叶わなかった時に、
切り替えられずに、

深く挫折してしまう人もいます。

夢を持つにはリスクが伴うのだから、
しっかりとした準備が必要なのです。

この「準備をする事」は
教えないで

「夢を持つ事」だけを
教えられた子供は、

「自分もイチロー選手のようになれる」

と信じ、夢中になって練習するでしょう。

そこまでは良いのですが、

いつか

「イチロー選手どころか、
プロ野球選手にもなれない自分」

と言う現実を見る事になります。

何の準備もしていない人は

この時点になって、
自分はどんな職業に就いて
どう生きれば良いのか、、

と途方に暮れてしまいます。

子供の時から夢を持つ事も無く
育つと言うのは、可哀想です。

大人になって様々な理由から
仕方なく夢を諦めたと言うなら、

納得のできる筋道ではあろうが、

始めから「夢を持てない」
と言うのは不幸の子供のように思います。

リスクがあるからといって
チャレンジしないのではなく、

夢にチャレンジするために

「きちんと準備する事が大切」

と指導すべきではないでしょうか。

きちんと準備をし行動すれば
成果を出せるのがこの世界の仕組みです。

将来の夢に向かって
きちんとチャレンジし、

夢破れてもなおしっかり切り替え
希望を持ちきちんと生きていく、

そういう希望を与えるべきでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>