希望を持つ、将来を、先を考える力がある人は今を大切にする


今回のテーマは、

希望を持つ、将来を、先を考える
力がある人は今を大切にする

について紹介します。

前回、失敗を引きずり
切り替えられない人の陥る、

メンタルの罠について
紹介したわけですが、

毎日がつまらないと
感じている人は過去に
とらわれすぎています。

一方で、毎日が楽しく充実している人は
「今」を明るく生きようとしています。

さらに、これから先を見据え、

ポジティブな希望を持ち、

そのために今できることを確実に
一歩ずつ踏みしめる人が、

前向きに生きている人と
言う事が出来るでしょう。

将来を、先を考える力が
ある人は今を大切にする特徴があります。

前を向き、これから先を
大切にしていこうと言う人は、

人に希望を与える事が出来るので

人が集まりやすく
人間関係をうまく構築できます。

スポンサーリンク

将来を、先を考える力がある人の特徴

将来を、先を考える力がある人には
人が集まりやすい、、のですが、

とは言っても、

イベント会社が人を集める
為に様々な仕掛けをする事とは違い、

集客テクニックではなく、

その人の持っている

「明るい希望」に

憧れて集まってくるのです。

会社で言えば、

将来を、先を考える力がある
上司が先々の事を考えて、

前向きに仕事をしていれば、
部下もその気になるでしょう。

家庭で言えば、

父親や母親が自分たちの
老後や子供たちの進路を大切に
考えていれば、

子供は不安の無いままに
すくすくと育つでしょう。

こう言った時に部下や子供は、

知らず知らずのうちに、
自分の将来にも「希望」を見出していき、
今を大切にするようになります。

今を大切にする人が先を見通せる力がある人

過去に引きずられる人の過ごす今と、
未来に希望を持つ人の過ごす今は、

同じ時間を過ごすように見えて、
まるで違う時間を過ごします。

将来を、先を考える力というのは
色々な場面で役立つのですが、

趣味で始めたものでも例えば、

市民サークルや合唱団、
ママさんバレー、草野球チームでも、

それがやがてただ楽しむだけでなく
練習を重ねるうちに、

何かしらの大会やコンクールに出てみようか、、

など「これから」の将来を
考える人が出てきて、

その活動を大きく展開する事もあります。

うまく行くグループの中には

そういう先を考える力がある人が必ずいて、

周りの人から指示されて
本物のリーダーになっていくのです。

年長だから、学歴があるから、
役職が上だから、、

と言う社会構造上のリーダーとは
ちょっと違う魅力と、

人望や能力に裏付けられた
真のリーダーと言えるのではないでしょうか、

なぜ真のリーダーかと言えば、

希望のを持った人が支えているからです。

嫌々付いてくる人がいないとも言えます。

問題をうまく解決し、
対処するのがリーダーではなく、

未来に希望を持ち、それを
周りにビジョンとして見せるのが
真のリーダーなのでしょう。

将来を、先を考える力がある人が真のリーダーとなる

いつの時代においても

これからをみて、
動ける人が必要でしょう。

誰にとっても、

過去は変えられません。

未来だけが変えられるのです。

素晴らしい未来を見通せる
人こそ魅力があるのです。

これからを大切に考え、
具体的な話しをしていける

将来を、先を考える力がある人い
より多くの人が集まってくるでしょう。

適切な希望を持ち、その希望を
しっかり叶えるための計画ができる、

というのは大切なスキルです。

もちろん、その人には

「必ず希望は叶う」という
楽天性も備わっている必要があります。

過去の失敗を未だに
引きずっているような人の周りには

いくら「頭のいい人」であっても
なかなか人が集まらないでしょう。

そして将来を、先を考える時に
今を大切にするのが重要です。

今の積み重ねが未来を作ります。

今を無駄にせず、
明るく生きている人こそ、

将来への展望を正しく
描いていると言えるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>