感情が揺れる時、辛い時こそ感情の修行と考え精神的成長をする

感情が揺れる時、辛い時こそ感情の修行と考え精神的成長をする
今回のテーマは、

感情が揺れる時、辛い時こそ
感情の修行と考え精神的成長をする

について紹介します。

感情を表に出すことが
悪いこととは言いません、

が、やはり限度があります。

例えば、

同僚の誰かが風邪をひいて
熱を出したとなれば、

同情して休んでおいた方が良い、

と優しい言葉をかけられるでしょうが、

毎月のように風邪をひいて
会社を休んでいるようなら、

自己管理がなっていない!

とその人の自己管理能力を
非難したくなるものです。

感情をある程度抑える能力は、

大人になれば誰でも
ある程度は身につくものです。

感情が揺れる場面を
数多く経験し、

それを乗り越える経験を
積めば積むほど、

精神的に成熟していきます。

スポンサーリンク

感情が揺れる時のコントロール

だからこそ、

辛い時こそ感情の修行と考え
精神的成長をしましょう。

最近では良い大人でも
ちょっとした事で、

泣いたり、わめいたり、怒鳴ったり、
落ち込んで黙り込んでいたり、、

と感情を抑えずに表に
撒き散らしたりするのは、

みっともないと言えるでしょう。

最近では、

上司にちょっと叱られただけで
泣き出すOLさんがいたり、

結婚式で泣き出す
新郎もいると言います。

そういう姿はを見たある人が

「あんたは小学生かい…」

と突っ込みを入れていましたが、

いちいち感情を表に出す人は

だんだん珍しい人では
なくなっているようです。

感情を表に出すのではなく
ある程度は制御するのが大人であり

それが精神的成長を遂げた
人間の証のように思います。

感情コントロールをして精神的成長をしよう

アメリカでは公式の場で
を流す政治家は

「感情コントロールが出来ない人」

であり、

選挙ではそれだけの理由で
落選する事もあると言います。

日本では「泣き落とし」や
「土下座」が選挙活動でも
有効なようですが、

選挙が終わり、冷静になってみると

「あんな小芝居に
騙されるんじゃなかった…」

と思う事が多いのではないでしょうか。

泣いたり、わめいたり、怒鳴ったり、
落ち込んだり、黙り込んだり、、

とそういう感情や言動が
激しく現れる人は、

舞台で演じる芝居と思ってみれば
面白い演目となるでしょう。

他人の辛い時、感情を
客観的に見るのは良いかもしれません。

映画やテレビドラマならば、
それも興味深く見ることもできます。

ただ、それを
仕事場や自分のそばでやられたら、、

うっとうしいですし、見苦しいものです。

何かあるたびに、感情的になり
いちいち大騒ぎされたら
仕事になりません。

本人にとってもそれはやはり、
効率の良いものではありません。

コミュニケーションを
難しくもします。

辛い時こそ感情の修行と考えましょう

やはり精神的成長をした
人同士で仕事をするのが
一番結果が出るものでしょう。

自分の感情が揺れそうな時は
深呼吸をして「自分」を取り戻す事、

そして私情を排除し、
出来るだけクールに状況を判断し、

常識な対応をする事です。

以前にも紹介しましたが、

日頃から自分がキレそうなとき
感情的になりそうな時を想定し

シミュレーションをしておく
のもいい方法でしょう。

そういう準備をするだけで
「キレずに済んだ」と言う結果を
得られる事になるでしょう。

そして辛い時こそ感情の修行と
考え精神的成長をするのです。

泣きわめくのではなく、
本当は動揺していても

「私は大丈夫よ」

と言う姿でいる人に、
人は応援したくなるものです。

その健気さを静かに支えたいと
思うものなのです。

感情を抑えた苦渋の表情ほど
人の同情を買うものはありません。

見苦しくない姿、
美しい生き方については

もちろん人それぞれの感性に
頼るところも大きいですが、

あまりに泣いたり、わめいたり、
怒鳴ったり、落ち込んだり、、

と激しい人と言うのは、
周りの人は同情するより前に

困惑してしまう事の方が多いのです。

人生は精神的成長、感情の修行の場

感情的に最も辛いのは、

やはり死に目に会うことでしょうか。

しかしここでもやはり、
感情の修行と考えれば、

その態度も変わってきます。

親の死より悲しい事が
「我が子の死」だといいます。

生まれた順番に死んでいくのは
当たり前の事なので、

「親の死」については、

どんなに悲しくても、
その感情をコントロールして

冷静に対処してみてください。

感情をコントロールできずに
周りを困惑させるのは、

この順番が狂ったときくらい
のものにしておくとどうでしょうか。

悲しい、辛い、苦しい、
身を切られるような思い、、など

こんな事は長い人生の中で

誰でも何回かは体験する
事になるものでしょう。

感情が揺れる経験は
必ずするでしょう。

でもそんなときこそ、

自分の感情をコントロールして
冷静な言動を心がけてみてください。

辛い時こそ「これは修行だ」

そう自分に言い聞かせれば、

それだけでも少し落ち着いて
対処できるでしょう。

精神的成長をするほど
人生は豊かになるものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>