人間関係を破壊するキレる人、キレない人の特徴、つき合い方


今回のテーマは、

人間関係を破壊するキレる人、
キレない人の特徴、つき合い方

について紹介します。

キレる…という言葉は
比較的新しい言葉ですが、

怒るでもなく、喧嘩っ早い…

という訳でもなく、

いきなり感情的になり
周りに迷惑をかけるような
怒り方を指す言葉ですが、

キレる人の特徴を持つ人は、

人間関係を破壊し
建設な付き合いは出来ない、

と言うのは当然の事で、

人はすぐキレる人には
近づきたくないものです。

キレる人というのは
自分の感情をコントロール
できない特徴があり、

こう言ってしまうと
身もふたもありませんが

子供のようなものなのです。

精神年齢が低く、
協調性がまだ育っていません。

言い方を変えれば、

適応の幅が狭く、
身の回りで起こる様々な現象に
対処できない人とも言えます。

こうした人は感情コントロールを学び
キレない人を目指すと良いでしょう。

またキレる人とのつき合い方を
理解しておく事は重要です。

スポンサーリンク

人間関係を破壊する人とのつき合い方

キレるというのは
非常に身勝手な行為です。

キレて、周りに当たり散らしても

これが子供であれば
まだ可愛げもあるでしょうが、

大人がキレてしまえば

「あの人は適切な判断が出来ない」

と言う評価となるのも仕方なく、

様々な人間関係に
亀裂が入る恐れがあります。

親や家族であれば、その関係を
終わらせる事も出来ませんが、

他人であれば、

そう言った特徴を持つ人とは
近づこうとはしないものです。

高度に文明の進んだ現代社会では

感情コントロールというのは

人生を豊かに生きるための
とても大切なスキルと言えます。

原因はどうであれ、

周りの人は感情がうまく
コントロールできない人とは

まともな人間関係を望まないものです。

十分に気を使って
腫れ物に触るかのように
接したところで、

ちょっと気に食わない事があれば

女房を殴り、子供を虐待し、

通りすがりの人に八つ当たりを
するのではたまったものではありません。

人間関係を破壊するどころではなく
下手すりゃまともな社会生活すら
送れなくなる可能性もあるのです。

感情コントロールとキレる人、キレない人の特徴

こう書くと

「そんな社会的事件を起こして
ニュースに出るような人はそういないでしょ」

…と言う意見があるかもしれません。

確かにそういった極端な例は
少ないかもしれませんが、

例えば、

ちょっと虫の居場所が悪いだけで
部下に辛く当たったり、

奥さんや旦那さんを怒鳴ったりする人は
感情コントロールがへたなキレる人であり、

そういった特徴を持つ人は
ニュースで取り上げられないにせよ、

案外世の中でのあちらこちらで
見かけるのではないでしょうか?

「たまたま虫の居所が悪かった」
「最近、嫌な事続きで…」

などと言い訳する人もいますが、

そんな事周りには関係ありません。

それで感情を爆発させて
許されるほどこの社会は
甘いものではないのです。

好循環を起こすのはキレる人でなくキレない人

「なんで俺が言った通りにやらない!」

などと怒鳴る上司や殴る親、

仮にその怒りや主張が

本来正しくて理にかなっていたとしても、

何かに付けてすぐにキレていたら
人は近づかないものです。

例えば仕事面、

ちょっとした事で
キレる特徴を持つ上司に、

相談する部下はいません。

ミスをしたとしても
報告しなくなり、

出来るだけ顔を会わせないようにして

「あの人には黙っておこう」

となるのが自然の成り行きでしょう。

そうなれば結果的に、

仕事の効率は下がりますし
社内全員の足を引っ張る事にもなります。

さらにキレる上司は

「俺に隠れて何かやってるんじゃないか」

と言う猜疑心が膨らみ、

キレる回数も増える、、

と言う悪循環に陥ります。

まさに人間関係を破壊する第一歩
となるがキレる人の特徴なのです。

人間関係を好循環にするキレない人の特徴

或は、キレる事で相手を
威圧して相手を支配しようと
する人もいますが、

この考え方は間違っています。

確かに、理にかなった
叱り方は重要ですし、

尊敬される事もあるでしょうが、

キレるというのは

精神的未熟のレッテルを貼られる

以外の何ものでもありません。

一方でキレない上司
であればどうでしょうか、

部下は気楽に相談でき、
会話も弾むようになります。

人が集まって来て、サポートを
し合える関係になるでしょう。

仲間も増えるかもしれません。

本人も楽しければ
周囲も楽しいので

仕事の効率も上がります。

人とのつき合い方が上手い人は
感情のコントロールが上手いです。

人は誰しも怒ったり、
むかついたりする事はありますが、

そこで感情を爆発させたり、
人に迷惑をかけるようなキレ方は
しないのが、

キレない人の感情コントロールです。

ある意味ネガティブな
感情の発散が上手く、

コミュニケーションが上手い人です。

キレない人の特徴は

人間関係の好循環を生み、
さらに良い関係に育っていくのです。

キレて相手を威圧する関係
では到達しえない絆が出来るのです。

あなたはキレる人、キレない人の
特徴どちらをもって仕事に接し
人と付き合いますか?

当然、人間関係のマスターは
後者を選ぶものなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>