自信に違いがでる穏やかな人、一喜一憂する人の心理的特徴

自信に違いがでる穏やかな人、一喜一憂する人の心理的特徴
今回のテーマは、

自信に違いがでる穏やかな人、
一喜一憂する人の心理的特徴

について紹介します。

感情というのはもちろん
人間にとって重要なもので、

自分らしさを感じさせてくれる
象徴でもあります。

しかし、まるで何かに
憑依されたかのように、

感情に振り回されれば、

自分をコントロールできなくなり
正しい決断ができなくなります。

そんな時でもしっかりと自分を
コントロールして落ち着いた
冷静な態度をとれば、

正しい決断がしやすくなります。

人のちょっとした言動に
一喜一憂する人は、

自分に自信が無い特徴と言えます。

自分に自信があれば、

何を言われようが
穏やかに対処できるはずです。

特にこんなセリフを
多用してしまう人は、

自信が無い人のバロメーター
と言えるでしょう。

スポンサーリンク

自信に違いがでる一喜一憂する人の特徴

「うるさい」
「お前に説明しても分からないよ」
「へりくつ言わずにやりなさい」
「もう、いいわよ」
「黙れ!」

など、、

まさに言葉に反射的に
反応していうような一言です。

何かしらストレスに遭遇した時に

どんな言葉を使うかで
自信に違いがでるのです。

心理学的に言えばちょっとした
言葉に一喜一憂せず、穏やかに対処
出来る人の方が、

仕事でも人間関係でも
ストレスなく上手くできる人の特徴と言えます。

確かに、、

仕事場では、ただ素直に

「はい、分かりました。」

と言ってやるのではなく、

あーでもない、こーでもない

と口だけ達者で仕事を
だらだらやる人もいます。

そういう部下には、

このようなセリフを使う事には
しかたない面があるでしょう。

ついつい怒鳴ってしまう事もあるかもしれません。

自信があるからこそ穏やかな人の特徴がでる

しかし、部下の的を得た質問や
慎重な質問に対しても

「黙ってやれ」

といってしまうのは、

何か自分に落ち度があったり、

質問されると困ってしまう
と言う弱みがあったりするから

と言う傾向があるのではないでしょうか。

自信のなさから来る逃げ…と
言えるかもしれません。

そういうケースは良くあります。

あるいは、自分が絶対的に正しいと
思い上がっているのかもしれません。

どちらにせよ、相手には
あまりにも「小さい人」に
見られているのです。

そして面白いことに、

ちょっとしたことで
すぐ喜んでしまうというのも、

精神的にはまだまだ
未熟と見られがちです。

ちょっと褒められただけで
調子に乗ってしまったり、

ちょっとした成功で
気分が良くなってハメを外す、

ネガティブなことだけでなく、

ポジティブな感情に支配されても、

決断の目を曇らせます。

冷静と感情的な違いと心理的特徴

何れにしても、
自信がないからこそ
一喜一憂する人の特徴なのです。

一方で、人望がある人は、

相手の言う事に、
いちいち目くじらを立てたりしません。

穏やかな人の特徴を備えています。

あれこれ理屈をつけてやりたく
ないようなことを言ってきても、

「そうだね、色々あるねえ、
でもやらないわけにはいかないでしょ、

あなたの知恵で工夫してみよう」

などやんわりかわして
仕事をやるように誘ったりします。

日常のストレスに対して
目くじら立てる事無く
いつも穏やかに対処します。

出来る事は出来る
出来ない事は出来ないと

達観しているからこそ
冷静な判断ができ、

出来る事は自信を持ってやり
出来ない事まで無理してやろうとしません。

感情コントロールの心理的態度

逆に、

「つべこべ言わずに、黙ってやれ」

と言われたら、

売り言葉に買い言葉、

「何だそんな言い方は無いだろう」

となり、収拾がつかなく
なる事もあります。

だからこそこう言った事態を
回避するためにも、

穏やかな人が温和に処理する
効果は大きいのです。

おごる事も無く、
且つ卑屈にもならない、

自分なりに自信を持っている人は、

相手の言動に正面から
敵対するのでなく、

やんわりと対応して自分のペース
に巻き込んでいくのが上手いです。

その場で感情的な
反応をしてしまう人は、

自分に自信が無い人のように見えます。

穏やかな人、一喜一憂する人の
心理的特徴で自信に違いがでるのです。

感情コントロール
そういった意味でも重要なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>