冷静でいられる人、冷静でいられない人の特徴、冷静さの心理学

冷静でいられる人、冷静でいられない人の特徴、冷静さの心理学
今回のテーマは、

冷静でいられる人、冷静でいられ
ない人の特徴、冷静さの心理学

について紹介します。

感情で目が曇る、、

最も典型的な例は
衝動買いではないでしょうか、

その場の雰囲気に飲まれ、

つい「欲しい」という
感情が抑えきれなくなり購入、

その場は買った喜びに満ちますが、

一晩寝て起きて冷静になった
自分がみると、

「なぜこんなものを
買ってしまったのか、、」

と少し後悔、

しかしいくら後悔しても
支払金額は変わりません。

もしカードのリボ払いでも
していたものなら、

毎月の返済が負担になります。

冷静さを失っていなければ
こんな衝動買いなどしなかったのに、、

と再び落ち込むことになります。

前回のような事故ほど
大きな事件ではないにしろ、

思わぬアクシデントにであった時

人はその人となりを見られ
冷静でいられる人、いられない人の
特徴の差が生まれる物です。

こうした冷静さの心理学を
今回は考えて見ましょう。

スポンサーリンク

冷静でいられない人の特徴

感情が湧き出て思わず出て
しまう言葉や行動、

その時のふとした言動は

相手の心に強い印象となり、
いつまでも残る事があるので
気をつけたいところです。

アクシデントにであった時こそ

感情のコントロールが出来る人と
そうでは無い人の違いが
明らかになるでしょう。

男女関係のアクシデントを見てみましょう。

12月24日の午後4時、

クリスマスイブで街は大賑わいです。

そしてあなたは愛する人のために
クリスマス・ケーキを用意しています。

しかし、、

届くはずだった注文ケーキが
遅れると言う電話がケーキ屋から、
かかって来たとします。

家族で楽しみに、
あるいは恋人と一緒に

楽しいクリスマスを過ごそうと
思っていたのに、

こう言うアクシデントが起きると
冷静でいられない人が多いでしょう。

こう言うとき、注文した人は
パニックになったりするでしょう。

「どこに頼んだのよ、
昔からダメだったよね、お父さんって、
間が悪いのよ」

などと、愚痴を言われ家族に責められ、

自分で注文するのが
面倒だから夫に頼んでるだろう、、

などと思いながら、
悔しい思いをする事もあるでしょう。

冷静でいられる人の心理学的特徴

或は恋人関係なら

「なんだ、じゃあ帰るわ、
ケーキが無いクリスマスなんて最低」

とすれ台詞を残してとっとと帰る
恋人もいるかもしれません。

こう言った事例は
お互いに感情コントロール
下手だと言えるでしょう。

冷静でいられない人の特徴は
周りの刺激でも変わってきます。

お互いのちょっとした心遣い
感情コントロールはうまくなります。

一方で、こうしたアクシデントが
スムーズに解決できる人たちもいます。

冷静でいられる人の特徴でもあります。

先ほどのようなアクシデントがあっても

「困ったケーキ屋さんよね。
お父さんがせっかく注文してくれたのに、
でもクリスマスは逃げないし良いじゃない」

と家族が言ってくれたり

「ケーキ屋さんも忙しい時期だからね。
届けてもらうのは辞めて一緒に買いにいこうよ。
夜の街を散歩できるし」

と恋人が言ってくれたり、

本当は、自分も夫や彼氏と同じように

遅れる事に不満を持っています。

けれども、夫や彼氏は
遅れている事への怒りと同じくらい、

自分に対して申し訳ない
気持ちを持っているのです。

人生も変える冷静さの心理学

感情をコントロールできる人は
冷静でいられる人は

そんな心を透かしてみる事が出来ます。

相手の立場に立って
ものを見る事が出来る人です。

そして相手の心までも
コントロールできてしまいそうな
言葉が出てきます。

一緒になって「なんで遅れるの!」
などと怒っていたら、

決して生まれなかった
優しい気持ち、

温かい心の触れ合いや、
深い愛情、

自分の感情をコントロールできる人は
もっと大切な物を失う事無く

良い時間を過ごす事が出来るのです。

冷静でいられる人、
冷静でいられない人の特徴は
この辺りで違いが出てくる物なのです。

冷静さというのは、
非常に大切な要素ですが、

冷静さと冷酷さはまるで違います。

感情のない無機質な
ロボットのような人間になれ、

というわけではありません。

冷静さというのは、

波乗りのようなものです。

上下に動く並みに上手く
乗りこなすサーファーのように、

自分の感情をうまく
コントロールする技術なのです。

冷静でいられる人、冷静で
いられない人の特徴を踏まえ、

冷静さの心理学を参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>