高齢期、老年期の脳の老化、認知症、加齢による記憶の変化

歳をとってくると誰しもが
特徴的な心理現象が現れます。

例えば、加齢とともに

「あのテレビに出ている人、
誰だっけ?…」

「あれ、今何しに来たんだっけ」

「そうそう、あそこの…あれ?」

とか

「あー、あれね」「そう、あれ」
「うーん、なんだっけ」

という会話が増えてきたりします。

これはまさに記憶力の低下です。

これまで発達心理学を
生まれてから見てきて、

脳の特徴をいろいろ見てきたわけですが、

脳も衰退していくものです。

こうした記憶の変化を見ていきましょう。

記憶は保持される時間の長さによって、

「感覚記憶」
「短期記憶」
「長期記憶」

の3つに分類されています。

感覚記憶というのは、

感覚器官を通じて入ってくる
膨大な情報を瞬間的に
保持する記憶の事です。

視覚刺激では1秒以内、
聴覚刺激では数秒以内
といわれています。

短期記憶というのは

およそ15~30秒程度の
保持時間の記憶のことを言います。

長期記憶は、

一度記憶されると
半永久的に保持され続ける
と言われる記憶で、

意味記憶、
エピソード記憶、
手続き記憶、

の3分類があります。

ここで興味深い事実があります。

年を取れば誰でも記憶力は
変化し衰えていくものですが、

その衰えに対して何らかの策を
講じて遅らせる事は可能です。

アンチエイジングが流行っていますが、

脳や心を若く保つ方法も
最近の科学では突き止められています。

高齢期、老年期の脳の老化、認知症

まず脳の老化と聞いて、
真っ先に浮かぶ症状が認知症でしょう。

最近では痴呆症と言う
呼び名に変わって認知症と言う
言葉がよく使われるようになりました。

それは痴呆という言葉が差別的で、

高齢者を侮辱するような
表現であるという事から、

2004年に厚生労働症が
認知症という表現に変更するように
通達しました。

言葉を変えて問題解決とは
なんとも単純な発想…

と思ってしまいますが、

何れにしても、

自分の名前を忘れたり、

子供と孫を間違えたりする、、

老年期の代表的な精神疾患の
一つが「認知症」です。

できれば避けたい症状ですね。

また忘れられた方の
家族も大変ショックを受けるので、

厄介な症状とも言えます。

認知症というのは

様々な原因によって
神経細胞が死んだり、

働きが低下したりして
障害が起こり、

日常生活に支障を来す
状態を指します。

原因によって

「アルツハイマー型認知症」
「脳血管生認知症」

などのタイプに分けられています。

高齢期、老年期の発達において、
極めて重要なテーマと言えるでしょう。

認知症は早めの発見が大切

認知症は早めに発見する事で

進行を抑える事が
出来る事もあります。

早期に発見するには、
症状を理解しておく事が大切です。

一度発症してしまえば、
回復は困難ですから、

やはり予防が重要なのです。

加齢により脳の機能も記憶力も
変化するものですが、

誰もが症状を発症するわけではありません。

認知症の症状は様々ですが、

中心となるのが
「記憶障害」

いわゆる「物忘れ」です。

「会った人の名前が出てこない」

などは、年相応のもの忘れで
特に心配はいりません。

しかし、

「人と会った事自体を忘れる」

ような場合や、

忘れた事を他人に
指摘されても思い出せないような場合には、

認知症が疑われます。

まず予防のために、

肉体面のケア精神面のケアを
しっかりとやることが大事です。

このサイトでは脳の健康を保つ
テクニックも紹介していますが、

何より発症しないのがベストですし、
その方法も存在します。

家族の脳が老化し認知症になったら

生きがいを持ち、肉体の健康をケアし、

家族や友人と楽しく過ごしながら
心に栄養をしっかりと与え、

好奇心を持ちモチベーションを高め、
頭をしっかり使い続ける。

発達心理学でこれまで
培ってきたテクニックを総動員し、

人生を楽しみ抜く事が、

脳の若さ、健康さを保つ秘訣です。

でも、

身近な人が認知症になったら、

どう接すれば良いのでしょうか。

最も大切なのは

本人の不安な気持ちを
理解する事です。

認知症の本人には
自覚がないと思われがちですが、

それは誤解です。

通常、最初に症状に
気づくのは本人で、

「指摘されても思い出せない」

事が続くと大きな不安を感じます。

そこで余計なストレスを
与えてしまうと逆効果です。

思い出せる過去がない、、

これまでの世界から
切り離されてしまう恐ろしい感覚は、

本人にしか分からないものです。

ストレスこそ心を蝕む最大の原因です。

病院へ行くのを頑に拒まれるなど、

本人の態度に困る事が
あるかもしれないが、

その裏側に隠れている不安や悲しみを
汲み取ってあげる事が大切です。

また、一緒に生活する場を

その人が過ごしやすいように
整える事も必要です。

困っている時に

さりげなく自然にサポート
していく態度が望まれます。

加齢は誰しも避けられない事です。

日本はこれから高齢化社会に
突入していくわけですから、

誰しもが助け合いの気持ちで
取り組むのが重要なのです。

心の健康な日本人と世界に認められるよう、

発達心理学の知識をしっかりと
活用していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>