関口房朗に学ぶお金に好かれる、お金に惚れられる男の秘訣

関口房朗に学ぶお金に好かれる、お金に惚れられる男の秘訣
今回のテーマは、

関口房朗に学ぶお金に好かれる、
お金に惚れられる男の秘訣

について紹介します。

お金と言う存在は私たちが
思っている以上に、

多面的な姿を持っています。

マーフィーの法則で有名な
J・マーフィーさんは

「決してお金の悪口は言っては行けない。

お金の悪口を言えば
お金はあなたから逃げて行く」

と言いました。

お金は人格を持つと考える
成功者はたくさんいますが、

「金に惚れられる男になれ」

この言葉は、

1996年の日本ダービーを
「フサイチコンコルド」で制した

関口房朗さんの言葉で、

派手なパフォーマンスの
「金満経営者」として名高い経営者です。

1974年、
当時珍しかった日本初の
技術系アウトソーシング会社を
名古屋で開業し、

ベンチャー起業家の草分けとして
たびたびマスコミで紹介されたので、

知っている人も多いでしょう。

今でこそ人材派遣会社は
巨大市場になりましたが、

当時、工場なし、商品なし
と言う珍しい事業形態でした。

そんな中、巨大ビジネスに
創りえたのは関口さんの
お金に対する哲学があったのでしょう。

スポンサーリンク

お金には意志がある?

トレードマークのヒゲ
豪快な印象を与えますが、

関口さんはその呼び名に
恥じず金使いも豪快で、

大儲けと大損を繰り返してきましたが、
彼には「金のDNA」が見えると言います。

お金には意志があり、
自分を最大限に活用してくれる
人を探していて、

そういう人間を好きになり
寄ってくると言います。

逆にしみったれてお金を使わず
金庫の中にしまっているような男は
嫌いで逃げて行くと言います。

こう聞くと何だか、
クラブのホステスさんに似ている様な
気もしないでもないですが、

とにかく、関口房朗さんの
生き方と金銭感覚は桁はずれです。

関口房朗に学ぶお金に好かれる人

その語録が興味深いので
いくつか紹介したいと思います。

・人格は金が育てる!

・人生は勝利と敗北のみ、真ん中はなし!

・もっともっと恥をかけ!

・金への欲望を直視しろ!

・セックスアピールを持て!

・経営者とは役者であり、芸人である!

・本物の男になりたければ、一流に触れろ!

…などなど如何でしょうか?

こう言った教えに
自分は付いていけない…

と感じる人もいるでしょうし、
憧れる人もいるはずです。

いずれにせよ、
人間は夢と欲望がガソリンとなり、

飛んでもない馬力が出るのは
間違いありません。

関口房朗に学ぶ成功の極意

晩年は金満社長と言うイメージで
セレブな雰囲気をテレビなどでは
出していましたが、

関口さんの若い頃の仕事ぶりは
まさしく情熱の人です。

高校卒業、製図器具や文房具を
販売する父親の会社に入ると、

辣腕営業マンとして成果を上げます。

そんな彼の営業スタイルは

「とにかく何度も何度も何度も通う事」

と言います。

当時、電電公社(今のNTT)に
営業をしに行った時は、

週に二回、四ヶ月通ったそうです。

当然最初は何か売りつけにくる
訳ですからまともに相手にしてくれません。

しかし通って、通って、通いぬくと、

こんだけ来るのだから
一回くらい使ってやろうかと言う気になり、

まず買ってくれると言う訳です。

楽なやり方などなく、
突っ込んで行くと言うのが関口さんのやり方、

学生時代、ケンカも多かったそうですが。

とにかく突っ走ると言う姿勢が
お金に惚れられたのかもしれません。

関口さんの企業人生を見てみると
挫折も何度も繰り返しているようです。

あるとき、心身ともにボロボロ
になり入院する事になったそうですが、

ベッドの上でDMを出したり
看護婦さんに怒られながら
仕事をしていたそうです。

お金に惚れられる男の秘訣

ちなみに、
関口房朗さんいわく、

失敗する男の三カ条は
以下の三つだそうです。

・金に執着しない男

・人を大切にしない男

・失敗を知識化できない男

お金と付き合うのは
人と付き合うのと同じと考えれば、

その付き合い方は変わります。

さらにお金は誰もが欲しいと思っている
世界一の人気者なので、

競争も激しいのです。

お金は誠実かつお金が求めている
素晴らしい人のと事にやってくる物です。

関口房朗さんからお金に好かれる、
お金に惚れられる男の秘訣を
学ぶことができます。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>