嫉妬する心、気持ちをコントロールできないと人生で損する


今回のテーマは、

嫉妬する心、気持ちをコントロール
できないと人生で損する

について紹介します。

私たち人間の心の作用は、

知・情・意

と呼ばれる大きく3つの

知性と感情と意志

がありこれが人間の
精神活動の根本だとされています。

しかし知性や意志の力で冷静に
考えればこちらが良いと考える場面でも、

しかし感情や気持ちといった
部分だけ逆に働き、

時に自分の心の中に
他人がいるのでは、、

と思うくらい感情が
暴発することがあります。

中でも特に「嫉妬する心」を
コントロールできないと

人生色々と損する傾向があります。

逆に「嫉妬する心」を自分の内側で
上手く飼いならす事の出来る人は

人生の達人と言えるかもしれません。

第一に、嫉妬の苦しみを
味わわなくて済むでしょう。

第二に、嫉妬しながらの判断によって
方向性を間違え、取り返しがつかない…

と後悔しなくても済みます。

スポンサーリンク

嫉妬の気持ちが人生の足を引っ張る

この気持ちで目がくらみ、

自分に取っても相手に取っても
悪い選択をしてしまう、

とういうケースが多くなります。

人間関係を上手く続けるにも
仕事で成功していくにも

嫉妬と上手くつき合うのは
非常に重要なのです。

怒りや悲しみと言ったネガティブな
感情で人生を損する事は理解できるのですが、

嫉妬は他人を直接的に
傷つけたり、攻撃したりしない物です。

しかし間接的に
間違った行動をしてしまい、

自分だけでなく自分以外の
人も損させる事が多いのです。

時間が経って振り返ってみると、

「なぜあんな事をしてしまったのか…」

と強く後悔することが多いです。

だからこそ
嫉妬の心、気持ちをコントロールするのは
人生をうまく行くために必須のスキルです。

嫉妬する心をコントロールできないとお金で損する

最近ではインターネットで
多くのオークションが行われていますが、

オークションというのは、
欲しいものをただ買う、

という単純なものではなく、

別の誰かと金額を競り合う
という仕組みで成り立っています。

その結果感情が値段を大きく左右します。

競り落とそうとするあまり、
思いもよらぬ損をする人も多いと言います。

例えば、

ある資産家とある成り金がいたとします。

お互い、美術品を集める事に
強いパッションを持っていますが、

資産家は、急にお金持ちになり
美術品を買いあさる成金が気に入らない、、

成金は自分の努力でなく
先祖代々の財産で悠々自適な
生活をしている資産家が気に入らない、、

この二人、相手が欲しがっている
絵や骨董品は、

欲しくもないのに、
競り落とそうとします。

相手が値段を上げれば、
負けじとその上をいく、

そして、どう考えても、
相場より3割も4割も高い値で
どちらかが購入すると言うのだから、

馬鹿げていると言えるでしょう。

「あいつには渡したくない」

そんな嫉妬心に動かされて
お互いに財産を失っていくなんて
愚の骨頂と言えるでしょう。

嫉妬する心をコントロールできないと人間関係で損する

冷静になれば

自分が欲しいものを
適切な金額で買えば良いのです。

しかし嫉妬の気持ちが動けば、

(自分も欲しくもないが)
相手にだけは渡したくない、

それで余分なものを
余計なお金を支払い入手する。。

まさに後で必ず後悔する
愚の骨頂ですが、

さて、このストーリーも

「ただのお金持ちのバカばなし」

と他人事のように思っては
いけないと思います。

人は誰しも往々として
これに近い事をやってしまいます。

さて、このような嫉妬心が
原因によって愚かな結末を迎える例は

世間にはたくさんあるように見えます。

人間関係でも損をするケースが多く
特に男女の恋愛間では顕著です。

私の知人の例で
以下のような事例があります。

学生時代からの恋人がいるSさん(女性)は

他の人に目移りする事は無かったです。

嫉妬の心、気持ちのコントロール法

しかし、職場でどんどん
カップルが誕生し、

同期入社の同僚も幸せそうに
結婚していくのを見ているうちに
小さな嫉妬心が心に芽生え始め

そんな時に社内で人気のある
Jさんと意気投合してしまい、

遂には恋人の彼氏とは
内緒で付き合いをするようになり、

あれよと言う間に結婚、、

しかし、いざ結婚してみると、
前の恋人の良さが身にしみて分かってくる、

夫婦のいざこざが起こるたびに
前の恋人を思い出してしまう。

しかし今更、、覆水盆に返らず

彼女は不満を持ちながらも
自分をごまかしごまかし
結婚生活を送っている。

これが「嫉妬心が人を動かす
事の典型的な例でしょう。

人生を豊かにするには
賢い決断が必要ですが、

嫉妬は決断の視野を曇らせます。

嫉妬心を抱いた時点で、

既に感情コントロール
だいぶ軌道を外れてしまうのです。

そういう状態の時に、
大きな決断をしてはならない
と言う事は言えそうです。

感情は波のようなものなので、

その場を離れる事、
時間を置くことで落ち着いてきます。

嫉妬の気持ちが出ないよう
抑えることは困難ですが、

嫉妬が自分の心にある際には
損する確率が高いから決断しない

と決めておくだけで
色々な場面で得が出来るでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>