嫌な感情、気持ちを抑える方法、その場を離れる心理的効果

嫌な感情、気持ちを抑える方法、その場を離れる心理的効果
今回のテーマは、

嫌な感情、気持ちを抑える方法、
その場を離れる心理的効果

について紹介します。

感情コントロールが上手い人ほど
人間関係を上手く作れるようになり、

コミュニケーションスキルも
伸びていくのですが、

一度湧いてきた気持ちや
感情をコントロールするのは
簡単なものではありません。

人間の脳には感情と理性が
共存しているわけですが、

理性の方がいつも優位に
立っているわけではありません。

爆発しそうな感情を抑えるのが
難しいと感じる人も多いようです。

「いつもおとなしい人が怒ると怖い」

と言われていますが、

それは

おとなしい人は怒ると
信じられないほど凶暴になる」

と言う意味ではなく、

日頃のギャップがあまりに大きく
対応策が分からずに

いっそう怖く感じさせるのでしょう。

人は慣れない事に動揺するため
恐怖が倍増すると言う事でしょう。

スポンサーリンク

嫌な感情を抑える方法

反対にいつも機嫌の悪い人が
怒ってもあまり驚きません。

暴力的であったり、
怒鳴り声が大きかったりすれば

一時、嫌な思いを感じるかもしれませんが、

のど元過ぎれば

「またやってると、まったく
怒らないと物が言えないのかね」

と軽く見られたり、
信頼を失ったりしてしまう物です。

いつも嫌な感情を表す人

いつも泣いていたり、愚痴っていたり、
いつもキレていたり、怒っていれば、

その効果そのものが薄れてしまいます。

しかし同じ事をしていると
印象は強化されます。

「あの人、なんかあるとすぐに
感情的になるよね」

などと周りの思われたら損をする
のは自分である事に気づきましょう。

気持ちのコントロールが
下手な人というのは、

未熟だと周りから思われます。

だからこそ嫌な感情を抑える方法を
知っておく事は大切なのです。

嫌な気持ちは避けたいところだが、、

誰であれ、不愉快になったり
嫌な思いはしたくない物です。

感情的になって、
人を傷つけたり、トラブルを起こしたり
面倒に巻き込んだりする人とは

一緒に居たくない物です。

これは当たり前の心理と言えます。

そして自分にとっても、
それは損をすることになります。

感情に振り回されれば、

視野が狭くなり短期的思考になり、

間違った決断をしやすくなります。

嫌な気持ちのまま過ごしていれば
ストレスで心を病むことにもなります。

一方で、すぐ感情的になってしまう人

自分の事を客観視できず
自分がした事に気がつかない傾向にあります。

相手がどんなに悲しく、
嫌な思いをしたかなど
考えもしない場合はたちが悪いです。

嫌な感情がでたらその場を離れる心理的効果

だから、反省する事も無く
何度も繰り返してしまうのかもしれません。

しかし、感情的な人だとか、
乱暴な人、暴力的な人だと
周りに思われてしまった人は

そのイメージを払拭するのは難しいです。

だからこそ嫌な感情を抑える
技術を身につけておくべきなのです。

「怒りん坊将軍」などと
言われレッテルを貼られる前に

自分の嫌な感情が高ぶり始めたら

まずは深呼吸をしてみましょう。

それだけで抑止力にもなります。

あるいは「その場を離れる」というのは
非常に有効な方法です。

「カッとなったらと入れにいく」

など自分の行動ルールを決めておけば
感情コントロールが出来ます。

感情コントロールで気持ちを冷静に

もちろんトイレでなくても良いですが、

まず「その場を離れる」ことを
自分の決め事にしておくのです。

カッとした姿を直接見せなければ
周りに迷惑がかかる事はありません。

最終的には何を言われても
動じない心理コントロールの
達人を目指してほしいですが、

人望のある人、信頼される人は
少しくらい失礼なことを言われても
カッとしたりはしない物です。

意見が違っても
「そういう考え方もありますね」
と上手くかわします。

感情というのは波のようなもの

距離を置き、時間を置けば、

落ち着いてくるものなのです。

自分が感情的になったと
感じたらこれを思い出し、

気持ちを切り替えましょう。

とにかく「すぐに怒らない」
を第一目標にしてやってみましょう。

そして嫌な感情を抑える方法として
その場を離れるルールを課しておきます。

それだけでも周りの人の目も
少しずつ変わっていき、

心理コントロールも上手になっていきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>