怒りの感情コントロールができない人の特徴と対処法

怒りの感情コントロールができない人の特徴と対処法
怒りの感情コントロールができない人の
特徴と対処法について紹介します。

「良い人生を送るためには、
心は熱く、頭は涼しくしなさい」

こう言う言葉がありますが、
確かにそうですね。

感情が消えたら…人生は
つまらないものとなるでしょう。

熱い心で恋をしたり、
仕事をしたりしなくては
人生はつまらなくなります。

ただ、頭をクールにして
正しい判断をしなければ
暴走してしまいます。

感情コントロールはバランスなのす。

消すのではなく暴発させるのでもない、、

考えている事は良いけれど、

気持ちが焦るばかりで失敗する人と、
そうならない人の差は、

頭が熱くなってしまうかどうかと
いってもいいでしょう。

スポンサーリンク

怒りで感情コントロールができない人の特徴

感情のコントロールを失い、
怒りですぐにカッとなってしまう人は、

気持ちよりも、頭が熱くなっています。

動物的本能で動いてしまい
周りが見えなくなる特徴があります。

実際に身体にも変化が起こります。

体内の血液が頭部に集まり、
顔が赤くなり、

脳の働きが悪くなっています。

興奮して口だけは動くが
論理はついていかない、、

こうなってしまうと、
耳や目から入ってくる情報も
偏ってしまい、

相手の考えも気持ちも、
立場も言っている事もよく分からなくなります。

これでは大人の対応は
できないでしょう。

いったん沸点を超えた感情は
なかなかコントロールも対処も難しくなります。

子供を連れて買い物をしている
母親が怒って怒鳴っている

という姿をスーパーなどで
見た事がありますが、

状況から見て、
母親が目を話した瞬間に

子供が商品に触り、
棚に詰まれた商品が雪崩のように
崩れてしまったのでしょう。

「何やってるの!おとなしくしなさいと言ったでしょ!!」
「あんた、もう買い物に連れてこないからね!」
「泣いてもダメ!!わかってるの!」

などと怒って、怒りの感情コントロールが
全く出来ない状況です。

飛んで来た店員が商品を
片付け始めているのに、

謝る訳でもなく、金属性の声で
子供を叱り続けています。

怒りの感情コントロールができない人の対処法

何度言っても分からない子供に
腹が立つ事はあるでしょう。

しかし、自分の管理不行き届きで
商品を落としたのだから、

店員にまず謝罪し、
棚に戻すのを手伝うのが
最優先ですべきでしょう。

教育上の事も考えれば、

子供にも謝罪させ、
手伝わせるのが親の仕事でしょう。

怒りの感情コントロールが
できない人はこの辺りが見えなくなっています。

対処法としては
自分を客観視する事です。

その母親も冷静になれば
「今、すべき事」に気づくはずですが、

その時は怒りでカーッとなり、

頭の回転も悪くなり、
最優先ですべき事に気づかないのです。

仕事においても、日常生活においても
怒りの感情コントロールができない人の
大きなデメリットになるのです。

次回もう少し、
怒りの感情コントロールができない人の
対処法について具体的に紹介しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>