感情的になる人、感情的にならない人の特徴、心理的対処法

感情的になる人、感情的にならない人の特徴
今回のテーマは

感情的になる人、
感情的にならない人の
特徴と心理的対処法について

紹介していきましょう。

基本的に、人に好かれる
信頼される人と言うのは、

あまり感情的にならない
傾向にあります。

落ち着いて冷静で
にこやかな態度を保持します。

当然、感情が豊かで
心の中の喜怒哀楽を素直に
表現する事は悪い事ではありません。

大いに笑い、楽しみ、
時に感傷に浸り、怒りに燃えるのも
人生には必要な事でしょう。

しかし、感情のコントロールが
あまりにも出来ないというのは、

心理学的に言えば、

精神的に未熟とも言えるのです。

子供を見ていると
寂しいとすぐ泣き、お腹が空いたと泣き、

少女は彼氏にフラれたと泣き、
少年は勝負に負けたと泣く、、

おやつにケーキが出れば
飛び跳ねて喜び、

宿題をやりなさいと言われれば
露骨に嫌な顔をします。

アニメのヒーローが
ピンチだと怒ったり、泣いたりし

着たい洋服を買ってくれないと
地団駄踏んで泣きわめく、

感情表現が本当に見事ですが、

これほど感情表出の自由が
満たされているのも、

彼らがまだ幼く、
社会人としては認知されていないからです。

つまり感情的になる人の特徴は
幼いとも言えるのです。

スポンサーリンク

感情的になる人、感情的にならない人の特徴

しかし大人になってまで

何か気に触る事があるたびに
カッとなったり、

カチンときたり、ムスッとして拗ねたり、
泣いたり、切れたりするのは

上手くないでしょう。

自分の感情に対処できないと
周りからの評価は下がります。

しっかりとした人間関係を
築いていくのが難しくなります。

少しくらい心が傷つくような
事を言われても平然とし、

冷静に対処する力を身につける方が、
人間関係をうまく行くのです。

「喜怒哀楽は隠し
冷酷なロボットになれ」

と言う訳ではないですが、

状況状況である程度
コントロールできるよう
鍛えた方がよいでしょう。

感情的になる人を周りは
やはり未熟さを感じてしまうものです。

もちろん心では何を思っても構いません。

そういう自由は与えられています。

感情的になる人、感情が
コントロールできない人の特徴は、

見た目は大人なのに「子供の心」を
内蔵しているのです。

だから、自分がしたいこと、
分かってほしい事を心の内側に
しまっておく事が出来ずに

感情をそのまま表に出すのでしょう。

心が熟れすぎた桃のような状態で
「誰かが触っただけで傷ついてしまう」
とも言えそうです。

ではこう言う人は
どう対処すればよいのでしょうか。

感情的になる人の心理的対処法

熟れた桃のように
触るだけで破けてしまうのでは

非常に扱いにくいです。

一方で、
普通の大人は、みかんのように
実はジューシーだけれども

厚い皮で覆われているので
手に持ったくらいで傷つく事はありません。

バナナのように
食べやすい形であれば
なお良いかもしれません。

さらにあまり感情的にならない人は
さしずめメロンと言ったところでしょうか。

安心して触れる事が出来るし、
食べごろになれば良い香りがしてきます。

果物と同じように、

つき合いやすい精神状態が
安定している人というのは、

自分の欲求を相手に押し付けるのではなく、

ほのかに匂わせながら
相手の言葉にも耳を傾けて、

より幅の広い結論を得ます。

これが大人の手法なのでしょう。

自分のリズムを持ちながら
相手を尊重できる

感情コントロールの上手い
精神的に成熟すると言う事は、

栗のように刺や固い皮で
身を守るほど臆病になる事も無く、

その場に応じて感情を
コントロールできるようになってこそ、

自由な大人の振る舞いと言えるでしょう。

感情的にならない人になるために

まず人の意見を最後まで
しっかり聞く事を心がけてみましょう。

すぐにカッとなる人は
たいてい早合点で

相手の言わんとしている
本当の意味が分からないままに
怒っているケースが少なくないからです。

心理的対処法としては

「相手の話しにきちんと耳を傾ける」

それだけでカッとなる事は

だいぶ減少し、
穏やかな対応が出来るはずです。

コミュニケーションのズレは
大抵は誤解か勘違いです。

だからこそ、

感情が動いた時ほど、

「自分は相手の話しを理解できているか?」

と思い直し、相手に耳を傾けるのです。

テレビや映画で「感情的な人」を
見るのは楽しいし、好きにもなりますが、

実際の仕事相手や友人であれば、

冷静で落ちいていて、
楽しい人が好かれる人の特徴です。

感情的になる人、感情的にならない人の
特徴をしっかり理解しておきましょう。

そしてしっかり対処できるよう
メンタルを鍛えていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>