部下に慕われる上司、部下に嫌われる上司の特徴

部下に慕われる上司、部下に嫌われる上司の特徴
今回は部下に慕われる上司、
部下に嫌われる上司の特徴について
紹介します。

私の知人で部下に慕われようと
毎晩何かしらの理由に付けて

部下を豪華なレストランへと
誘っている上司がいました。

ある日、その部下の人から
相談を受けたのですが、

「なぜ週一回、上司と食事を
しなければいけないのか分からない、

気を使って食事をするのも大変だし、

優先しなければいけない仕事を辞めて
上司と食事にいかなければ行けないのが
理解できない」

との事でした。

部下からしてみれば、

普段から一緒に仕事をしているのに

なぜ夜にまで一緒の
時間を過ごさなければ
ならないのか分からない、

出来れば仕事の時間内に
話しをしてもらいたいと言う事でした。

一方で上司の方はと言うと、

「豪華で美味しいレストランに連れて行くなんて、
こんな部下思いの上司ってなかなかいないよな。

会社でも俺一人くらいじゃないかな」

と得意げです。

人間関係の上手い下手は、

どんな立場であれ、
相手の気持ち、立場に立って
物事が見えるかどうかと言えます。

スポンサーリンク

部下に嫌われる上司の特徴

そのうち、部下はありとあらゆる
理由をつけて、

上司からの誘いを断るようになり、

上司は
「これほど部下を大切にしているのに、
なんで分かってくれないんだ」

と怒りをあらわにしました。

しかし個人的には、

部下の気持ちがわかっていない
上司と言う印象でした。

上司と部下の考え方の不一致

部下が喜んでくれると
思ってしている事でも、

実は部下には負担がかかっている
と言う事は多々あります。

部下から信頼されていないのではないか
と不安を感じている上司は、

部下からの信頼を
手っ取り早く得ようと焦るあまり、

物やお金で解決しようとする
傾向がありますが、

それは逆効果だと思います。

部下に嫌われる上司の特徴と言えます。

信頼される人は
信頼はお金では買えないと知っています。

また信頼をお金で買う物でないと心得ています。

部下からの信頼をお金で買おうとする人は
信頼されないのです。

信頼される人には決してなれません。

信頼をお金の力でコントロール
しようとすればするほど、

人の心は離れていってしまうのです。

部下に嫌われる上司、好かれる上司の特徴

部下のご機嫌取りのためだけに
一生懸命飲み会をセッティングしている人は、

その事を理解した方が言いでしょう。

どれだけ素晴らしいレストランでも、

一緒にいく相手によって、

料理の味が変わってしまうと
感じるくらい、

その時の印象や満足度も
変わって来てしまいます。

接待のため一流レストランで
会食した場合、

気が休まらず、
何を食べたか分からなかった、、

と言う経験を持つ人もいるでしょう。

私も新入社員の頃は、
バブル崩壊後であり、

接待文化は残っていて、
よくお客様との会食の機会がありました。

当時の同僚は。

「昨日のレストラン最高だったけど
出来れば奥さんと一緒が良かったな」

などと口にしていました。

気心知れた相手と
ゆっくりその場の雰囲気と料理を
味わいたいと思っていたのです。

つまり

「誰と一緒に食事をするか」

と言う事が

「どこで食事をするか」

と言う事よりも大切なのです。

部下に慕われる上司の特徴として

部下を食事に誘う場合は、
部下に負担をかけぬよう、

その目的や理由を
事前に伝えておくだけでも
ずいぶん違ってくるでしょう。

部下に慕われる上司の特徴

職場においては、

上司と部下という上下関係が
存在するため、

部下から上司に直接
提言するのは難しいものです。

だからこそ上司の方が、

部下に心理的な負担が無いかどうか
気にかけてあげると、

信頼される上司となるでしょう。

相手ありきの姿勢で
部下の立場に立って物事を考えてみる事、

そうする事で、今まで
感じられなかった部下の気持ちに
気づく事ができるでしょう。

お金や物で信頼を
得ようと思えば思うほど、
逃げていってしまう、

そんな見えない力学が働いている事を
知っておくと良いでしょう。

部下に慕われる上司、
部下に嫌われる上司の特徴を知り、

社内の人間関係を進化させていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>