成功する近寄りがたい人、孤独な人の特徴、つき合い方

成功する近寄りがたい人、孤独な人の特徴、つき合い方
今回は成功する近寄りがたい人、
孤独な人の特徴、つき合い方
について紹介します。

あなたは職場で

「こんな孤独な人見た事が無い」

と思えるくらい

深い孤独感を持って仕事をしている
人物に出会った事がありますか?

「成功者は孤独」

という言葉がありますが、

私自身、成功者
呼ばれる人を見て来て

たしかに、深い孤独感を感じ
近寄りがたい人にであった事があります。

企業において、
ポジションが上がれば上がるほど
孤独になっていきます。

それは仕方ない事でしょう。

ある種、成功の代償とも言える。

成功する人ほど近寄りがたい人、
孤独な人の特徴を備えています。

しかしそんな彼らの
姿勢から学ぶことは多いです。

また、そう言った成功者との
つき合い方は秘訣があります。

そんな孤独な人とのつき合い方について
詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

近寄りがたい人、孤独な人の特徴

なぜ成功者は孤独なのでしょう。

地位や富や名声を手に入れるに従い、

同じような境遇の人は少なくなり、

話しや悩みを共有し
共感できなくなるからだ。。

というのはある面でそうでしょうが、

もう少し別の意味があります。

成功者ほど時間の使い方
人との距離感を意識的に作るのです。

例えば大事な仕事や
決定をしなければ行けないとき、

一人で熟考すべきときに、

パーティーのような状況で
周りから話しかけられれば、

考えはまとまりません。

彼らは話せる友人が周りに
一人もいない・・・

という孤独なのではなく、

自分で孤独を作り出します。

そうでなければ

できない仕事があるからです。

優秀で意思決定を
どんどん行っていく人は

ある一定期間、
孤独になる時期が必要なのでしょう。

決断には自分の軸が必要です。

周りに流されて
嫌われたくない思いでいる人は
正しい決断が出来ません。

成功者は孤独になる事で、
自分の頭で熟考し

重要な案件についての
意思決定を下す準備をするのです。

その時間が人より多いからこそ
孤独に感じるのであり、

またそれだからこそ、
他の人より成功している
とも言えるのです。

成功者は近寄りがたいオーラがあるのはなぜ?

そして成功者は

決してコミュニケーション
下手ではありません。

誰からも好かれる人気者ではなくても、

人間関係の重要性を熟知しています。

例えば、

社内では、大きな案件や
重要な案件に関して意思決定がされる場合、

部下を始め、同僚、他の部門の人たちまで

それぞれの立場で色々な意見を
伝えていきます。

周りの人を言う事に
耳を傾ける事は確かに大切ですが、

最終決定する人は上司です。

多種多様な異なる意見に
翻弄されているようでは

的確な意思決定は出来ないのです。

だからこそ、
優秀な上司とそうでない上司との違いは、

周りの人たちの発言に
耳を傾けながら、

今の状況を把握した上で、

それらを材料として、
さらに意思決定の精度を深めていけるか
どうかと言えるでしょう。

だからこそ成功する人は
近寄りがたい人、孤独な人の特徴があります。

群れてヘラヘラしている人で

成功したり出世する人を
私は見た事がありません。

近寄りがたい人、孤独な人とのつき合い方

ここであなたが成功を目指すのであれば、

あなたが孤独を受け入れ
成功を目指すと言うのも良いでしょう。

ただ、まずは彼らを見習うために

近寄りがたい人、孤独な人との
つき合い方を知っておきましょう。

これは私が徹底して意識していた事ですが、

以前、上司が企業にとって
重要な意思決定を行った時の事、

オフィスの一角で、
2時間ほどお互い無言で、

沈黙の時間を共有しながら
仕事をした事があります。

お互いに信頼関係があれば
沈黙は怖くありません。

しかし周りの人の反応は意外なもので、

「部下なら気を使って声を変えれば良いのに、」

周りの人たちは余りの静けさに驚き、
二人の沈黙に恐れていたようですが、

私たちの間では当たり前の事でした。

大きな決断が迫っている時は

あえて声をかけずに孤独にさせることも
気遣いだと思います。

しかし、相手が必要な時には
声をかける雰囲気を作るようにしていました。

かなりの緊張感の中で仕事に
専念している上司の時間と空間を
尊重していたつもりです。

近寄りがたい人は
近寄るなオーラを出しています。

その空気は読み、近づかない方が良いのです。

しかし彼らも24時間365日
そういった状態ではありません。

その当たりのメリハリを見極める事が
大きな学びになります。

成功する人は近寄りがたく、孤独な人

孤独を相手が求めているときに
近づくのは良いやり方ではありません。

そう言ったときに
成功者に近づけば、

あなたは間違いなく嫌われます。

彼らが何よりも大切にする
重要な時間を怪我してしまうからです。

ここを分かっていなければ
誤解を生んでしまいます。

一瞬でも油断すると、
心が折れてしまいそうなほどの
緊張感が漂う中、

一心不乱に仕事に没頭している人は

周りが近づきがたく
孤独に移るものです。

孤独の深さを知っているからこそ
周りの人に優しくできる、

孤独の大きさを知っているからこそ、
周りの人の心の辛さが分かる、

孤独の闇を知っているからこそ、
周りの人の心の機微を感じる事ができる。

そういう上司こそ

人と心と心で会話できるのです。

だからこそ、機を見て
彼らに近づけば、

あなたを受け入れてくれるでしょう。

人としての器が大きい人
孤独と仲良くなり、

上手く折り合いをつけながら
つき合っているのでしょう。

そういう人こそ信頼されるのは
言うまでもありません。

そして成功者の知恵を間近で
受け取るチャンスも生まれるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>