自分に誇りを持つ人、プライドが高い人の違いと心理学的特徴


今回のテーマは、

自分に誇りを持つ人、プライドが
高い人の心理学的特徴

について紹介します。

自分の自信を持って、
自分の仕事に誇りを持って、

高いセルフイメージで、
仕事も日々の生活もこなす、

もちろんこれは大切なことですが、

ここでもバランスというのは
非常に重要になってきます。

例えばあなたはあまりにも
プライドの高い人と仕事して

嫌になってしまった…
と言う経験はありませんか。

組織と言うのは色々な人が
存在する人間関係の宝庫です。

その中には、プライドが高い
仕事相手もいるでしょう。

実は、成功者
エグゼクティブの多くは、

プライドが高くて働きづらい
と言う特徴を持つ人はほとんどいません。

しかし自分に誇りを持つ人が多いです。

この両者は似ているようで
全く違う特徴なのです。

スポンサーリンク

偉い人ほど威張らない心理的特徴

普段からエグゼクティブと
呼ばれる人と接する機会の多い

秘書の友人に聞いたのですが、

「偉い人の秘書をしていると
周りはプライドが高い人ばかりで
色々時を使って大変じゃない」

と言う質問を良くされるそうです。

確かに偉い人ほど偉そうにしている
というイメージが一般的にあるようです、

しかしその実、

偉い人ほど偉そうにはしていないものです。

多くの人は、地位やポジションが
高くなればなるほど、

鼻高々で横柄な人
増えてくると思っているようですが、

実際は違うのです。

信頼される人は、

自分の存在価値を知っていて
それを自分できちんと認めています。

彼らは自分に自信があります。

しかし、偉そうにしたり、

自分を必要以上に大きく
見せようとはしないものです。

そういう人は、
実に穏やかで謙虚です。

何らかの力を借りて
自分を誇示する必要が無いからでしょう。

自分に誇りを持っている人は、

無理して品位を保とうとする
必要がないので、

自然体でいられるのではないかと思います。

自分に誇りを持つ人、プライドが高い人の違い

多くの人のイメージの
いわゆる偉そうにしている人たちの多くは、

「肩書き」の力を借りる事で
自分を保っているように感じられます。

確かに肩書きそれ自体に
プライドを持っている人には、

横柄な人が多いかもしれません。

プライドが高い人で嫌な印象を持つのは
こうした特徴があるのかもしれません。

でも肩書きは所詮、記号に過ぎません。

住所が、土地のその場所を
表すように、

肩書きはその組織の中での
立場を示すものに過ぎないのです。

肩書きではなく自分自身に誇りを持つ

この違いは大きいのではないでしょうか。

それでは自分自身に誇りを持つ
とはどういう事でしょうか。

謙虚が美徳とされて来た
私たち日本人にとって

「自分自身」に誇りを持つと言うのは
少し気恥ずかしい感じがするかも知れません。

自分に誇りを持つ人の特徴

英語のスピーチでは

「I am proud of myself」

という表現があります。

直訳すれば、
「私は自分自身を誇りに思う」
と言う意味です。

この表現がとても好きで

自分に誇りを持つ人は
みな魅力的です。

小さな事でも大きな事でも
何かを成し遂げた後に

自分で自分をきちんと認めてあげる言葉

それが「I am proud of myself」

と言う言葉だと思います。

まるで自分に小さな拍手を送るような感じです。

また英語圏の学校では

先生は生徒に向かって

「I am proud of you」

と言う言葉がけをするそうです。

「あなたの事を誇りに思う」

と言う感じですが、

先生が生徒を褒めてあげる時に
よく使われる表現なのですが、

こう言われた生徒は無邪気に喜び
とても嬉しそうでした。

日本にもこうした褒め言葉があれば
自分に誇りを持つ人が増えるでしょう。

その人の存在そのものを
誉め称えるような表現。

家庭内でも極自然に
両親が子供に向かっている
様子もよく見てきました。

等身大のプライドを見ることの効果

「プライド」を辞書で引くと

「誇る心、また自分を尊び、
品位を保とうとする心を言う」

と書かれています。

『自分を尊ぶ心』

信頼される人はこの
自分を尊ぶ心を持っています。

自分自身をきちんと尊ぶ心を
持っている人には余裕があります。

この心理学的特徴

その余裕があるからこそ、
偉そうにみせる必要も無く、

等身大の自分でいられるのでは
ないでしょうか。

日本でも、

「垂れるほどこうべを垂れる稲穂かな」

という諺がありますが、

稲が実を熟すほどどうしても重くなり、
穂が垂れ下がるものです。

人間性も学問でも成長し徳が
深まるにつれ謙虚になるのですが、

逆に言えば小人物ほど、
この意味を勘違いしてしまい、

大きく自分を見せようと
してしまうのかもしれません。

尊大に振る舞ってしまうと、
周りは尊敬できなくなります。

自分に誇りを持つ人、プライドが高い人の
違いを知り、自分の態度も見直したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>