心遣いができる人、ネガティブなことを言う人の特徴

心遣いができる人、ネガティブなことを言う人の特徴
今回は心遣いができる人、
ネガティブなことを言う人の特徴
について紹介します。

朝、職場で仕事を始めようと、

「よし今日も頑張ろう」

と一日の仕事のスケジュールなど
流れを考えている時に、

あなたなら上司から
どちらの言葉を聞きたいでしょうか?

「○○さん、昨日の会議の件だけど、、
ちょっとなんとかならなかったかな」

と、ネガティブなことを言われる、

朝一番に上司や同僚から
このような言葉が聞こえてくると、

何だかやる気がなくなってしまいますよね。

逆に、以下のような言葉をかけられたら
どんな気分になるでしょうか。

「○○さん、おはよう
昨日はお疲れさま、

おかげさまで上手く会議が進んだよ」

と朝一番から言われれば

今日一日前向きに仕事を
頑張っていこうと言う気持ちになり
やる気が出てきますね。

朝一番の声の掛け方は
心遣いができる人の違いを生みます。

それくらい言葉をかけるという
単純な行為一つで、

相手の気分に影響を与えている事なのです。

いい気分で仕事をやれば
その日一日仕事の効率も上がるでしょう。

嫌な気分のまま仕事をすれば
その日の仕事のクオリティが下がるでしょう。

それくらい、心遣いで差が出るのです。

スポンサーリンク

心遣いができる人ほど信頼される人の特徴

そして「信頼される人」ほど

周りの人に「気がきく心遣い」
ポジティブな言葉がけを日常的にしています。

面と向かって話すのは恥ずかしい、、
分かってもらえてるからわざわざ言わなくても、、
気を遣うのは面倒だから、、

こう言った理由で
ポジティブな言葉をかける事を
怠っている人も多いでしょう。

しかし、信頼される人は
部下や同僚に対して、

その場その場に適した方法で
タイミング良くフィードバックを
行う事がとても上手なのです。

フィードバックには、

「ポジティブ・フィードバック」と
「ネガティブ・フィードバック」の
二種類があります。

職場では通常、上司が

「こうするべきではないか」
「なんでこのようにしてくれないんだろう」

と、

つい部下をコントロールしてしまい、

「ネガティブ・フィードバック」が
多くなってしまいがちなのです。

だからこそ、意識的に
「ポジティブ・フィードバック」を
するよう心がける事が大切なのです。

部下が何か良い仕事をした時は

「○○の件、とてもよかったよ!」
「あのとき助かったよ、ありがとう」
「おかげでうまく行ったよ」

など、

ポジティブな言葉を
かけるようにしましょう。

ネガティブなことを言う人の特徴

日々「ポジティブ・フィードバック」をし、

感謝の気持ちを部下にきちんと
伝えていく事が、

彼らのモチベーションを高めるのです。

部下は

「上司から気にかけてもらえて嬉しい」
「上司から大切にされていると感じられるから
もっと頑張りたいと思う」

というように、

上司からのちょっとした言葉に
とても敏感なのです。

信頼される人は、

ポジティブな言葉を相手に伝える事、

つまり「ポジティブフィードバック」が
ほぼ習慣化しているのです。

周りの人への「言葉がけ」

それは「言葉を架ける」と言う事。

つまり
「言葉」は「人」と「人」をつなぐ
「架け橋」なのです。

そう思うと、明日からちょっとした事でも、
周りの人に言葉をかけていきたく
なってきます。

相手の気持ちを萎えさせてしまう
ネガティブな言葉を発する
ネガティブなことを言う人より

相手を元気にするポジティブな
言葉をかけていく、

どちらが人間関係を豊かにするのか、
明らかではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>