子供に対して怒る、怒鳴る、腹が立つ、感情的な理由と対処法


もちろん人間は感情を
持った動物ですから、

それを完全にコントロール
することはできません。

しかし、
感情というのは諸刃の剣です。

ある程度は自分で対処する
力を持っていないと困ります。

親は子供のことを心から愛していても、

愛情が見えないような振る舞いを
してしまうことがあります。

まだ小さい赤ちゃんを抱える
両親は信じられないかもしれません。

が、

恐らくこれからお子さんに心からの
怒りを覚える機会は何度も訪れます。

カッとしてしまうことは
何度もあるでしょう。

そして怒っている親御さんは、

「私の気を引きたくてやってるの」
「この子は怒らせるのが好きなの」
「本当にいつも困らせてばかり」

というふうに、その原因や理由を
子供のせいにしてしまいがちです。

でも、実際には子供達は、

特に小さな子供達は、
滅多なことでわざと怒らせよう
となどとは考えないものです。

怒りの感情というのはあくまで
自分の中にあるものなのだ。

と少し客観的に自分を見る、

これから始めて見ましょう。

怒りの向く方向はどこ?

子供に対して
子供のそばで、しょっちゅう
怒ってしまうという人は、

その怒りは子供に
向けられるものではないのだ、

と心に留めておくのが
とても大事です。

あくまで自分に向けたものなのです。

生活で何かうまく行かない
ことがあってストレスとなり、

子供の態度は引き金に過ぎない
という可能性があります。

怒ったからといって
悪い親になるわけではないですし、

親として間違っている
というわけでもありません。

でも悪影響はやはりあります。

もちろん子供のために、
教育と思って怒り叱る、

というのは大事です。

しかし、自分自身を振り返って見て、

本当にいつも子供のために
怒っているでしょうか?

親自身が、

落ち込み、罪の意識、失望、
イライラ、寄る辺なさ、単に疲れてる。

と怒りの理由、原因はたくさんあります。

感情をぶつけられた子供は辛い

まずは自分を受け入れ認める。

これが対処法の第一歩なのです。

自分のストレスの鬱憤を
晴らすために子供に対して怒る事がある。

それを認めることからスタートです。

また怒りで怒鳴ってしまう
ということもよくあります。

腹が立ち大声をあげることもあります。

恐らくこの感情的理由は、

かつては子供だった
自分が親に怒鳴られた
経験から学習する振る舞いです。

カットきて激怒して、
後悔する回数に負けないくらい、

イライラや怒りを抱え込むこともあります。

ですが、
怒鳴って子供たちを怖がらせて
しまうのはやめましょう。

怒鳴られた子供たちは、
どなり返したくなるか、

逃げ出したくなります。

どうすることもできないと感じます。

コミュニケーションの悪循環を避ける

感情任せに何かを言われても、

「理解されていない」

と子供は感じるものです。

そしてその態度を真似て学びます。

こうなれば家族の会話は常に
感情任せで終わりのない摩擦を
生んでしまうことになります。

子供の「悪さ」や「親への攻撃」は、

本当は助けを求めているのだ、
と分かってあげましょう。

多分、あなたが何かを
してしまったのか、

子供の生活で何がか
起こっているのか、

その子は恐ろしさや不安を
感じているのです。

それに対して腹が立つと、感情に
任せるのは良い対処ではありません。

だから怒鳴ることで、
コミュニケーションの悪循環を生むのではなく、
静かに応えるように自戒しましょう。

怒りが出たらその場を離れる

怒りに飲み込まれないようにするには、
以下のことを心がけて対処しましょう。

子供に対して腹が立つ本当の理由は、

ほとんどの場合、
子供に関係のないところにある
ということを理解しましょう。

怒りの裏に隠れた感情があるのです。

その感情を理解して、原因を
取り除く努力をしてください。

そして、大人が怒って
ばかりいる家にいると、

子供にかなりの害のある恐れがあります。

つまり、夫(奥さん)に対して怒る。
親や親戚、兄弟に怒ったり、

その怒りが子供に向けられて
なくても同じです。

感情は波のようなものです。

時が経てば冷静になるのです。

腹が立ったと思ったら、
その場から離れてください。

気持ちを切り替えられるまで
一休みをするのです。

そして冷静に対処すれば、
子供に対して理性を持って対処できます。

参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>