契約と交渉、合理主義者的考え方をユダヤ式、旧約聖書に学ぶ


ビジネスの世界では、
契約と交渉がつきものです。

生活を豊かにし、国を豊かにするには、
交渉術というのは欠かせません。

どの国でも古来から歴史上で常に
行われてきた人類の営みの1つです。

さて、

ユダヤ人は2000年ほど前に
乳と蜜の流れる祖国を追われ、
世界を流浪して来ました。

金もなく、権力もなく、名誉もなく、

異国の地で自分たちの知恵だけを頼りに
生き抜かなければならなかったのです。

言葉も、文化も、宗教も、考え方も
違う異国の地で、差別を受けながら
しぶとく生き抜いて来ました。

祖国を失った民族が滅亡する事なく、

2000年も生き続けたというのは
歴史上例がない事なのです。

そして、

その間で彼らが身につけた
契約と交渉のスキル、合理主義者的
考え方はとても強力なものです。

我々人間のコミュニケーションは
「交渉」を土台に発展してきました。

そしてまさにこれからの時代、
最も必要な能力とも言えるでしょう。

世界一のスキルを持つ民族


ここで私たち日本人も

彼らユダヤ式の契約と交渉、
合理主義者的考え方を学ぶ事
には意義があるでしょう。

いいえ。。

むしろそうでなければ…

これから間違いなく進んでいく
グローバル化社会において完全に
取り残されてしまう事でしょう。

ビジネスの世界でも政治の世界でも、

駆け引きが上手い人ほど
結果を出すのは言うまでもありません。

差別され、虐げられ、妬まれ
ゲッドーに押し込められるなど
幾多の迫害に耐えながら、

科学、実業、芸術、政治、

などあらゆる分野で天才的な
偉業を出す人物を輩出するユダヤ人、

そんな彼らから、

交渉術の極意を学ぶ事は
重要なのではないでしょうか。

そして交渉と言えば…

多くの日本人はアメリカ人を
イメージするでしょう。

しかし、

ユダヤ式に比べれば、

アメリカ式交渉術は、まだまだ
ひよっこと言わざるをえません。

アメリカの歴史はたかだか、

ユダヤの20分の1に過ぎないのです。

日本人は交渉下手?


が、

それよりも日本式の交渉は
世界であまりに特殊と言われます。

類を見ないほど交渉下手な民族
と言えるのかもしれません。

狭い島国の中で同一民族が、
阿吽の呼吸、ツーカーの仲

…などと言ってやって来たわけです。

「和を以て貴しとなす」

が身についているのか、

人と言い合いをすることを
避けているようにも感じます。

「交渉」という概念が
生まれつき乏しいのです。

一方で、

ユダヤ人家庭では幼少期から
交渉術を徹底されるといいます。

それどころか、

彼らは民族的な文化として、
契約と交渉、合理主義者的考え方が
染みついているように見えます。

ユダヤ式交渉術には、
流浪2000年の民族の経験の
エッセンスが含まれているのです。

ここで、

学習というのは適切に学べば
誰でも使えるようになること。

これを学ぶことで、

これからのグローバル社会の
激動の未来をたくましく豊かに生きる
ヒントが得られるでしょう。

長い歴史を通じた知恵


今から5000年前に遡ると言われる
ユダヤの歴史ですが、

ユダヤ人にとっての
「交渉と契約」というのは、

その長い歴史を通じて
切り離せないことでした。

ユダヤ人の信仰の源泉である

「旧約聖書」の「旧約」は、

神と人間との間に交わされた
「古い契約」を意味します。

そうです。

聖書の基本は「契約」なのです。

そんな聖書の舞台となる
ユーフラテス川とチグリス川の流れる

「肥沃な三日月地帯」

と呼ばれる地域で、

5000年以上も前に、
数学、医学、哲学などが花開き、
商業活動が活発に行われていました。

粘土の文字板に書かれた
世界最古の商取引契約書も、
この地方から発掘されています。

正しい契約しなければ生き残れない


つまり、

多民族が入り乱れ多くの文化が
興り、消えて行ったこの地域で、

契約はごく当たり前の事でした。

半遊牧生活を転々と送って
移動していたユダヤ人は、

先住民と詳細な契約を結ばなければ
安心して住めなかったのです。

移動するたびに、

居住地域、井戸の使用、
部族間の争いの処理などについて

詳細な交渉、契約がなされるのが
普通でした。

正しい契約をしておかなければ、
生きていけなかったのです。

義理と人情など情だけで生きていたら、
生き残れる世界ではなかったのです。

気の向くまま、心の向くまま、
空気を読んで、暗黙の了解で、

…という生活はできなかったですから、

当然、

合理主義者的な考え方になります。

そして、

これからの時代はさらに、

新しく多民族が入り乱れビジネスを
展開するグローバル社会となります。

そのビジネスの土台となるのも
「交渉と契約」となるのです。

虹は神様からの契約のサイン


だからこそ、

伝統的にこうした考え方で生きてきた
ユダヤ人は有利な立場になるのです。

彼らががいかに交渉、契約に
親しんでいるかは、

旧約聖書に契約の話が
かなり多いことでも分かります。

例えば、

聖書に詳しくない人でも、ノアの
大洪水と箱舟の話はご存知でしょう。

ある日神様は、神に背いた罰として、
大雨を降らせ人間を滅ぼす事にします。

だが、ノアとその家族だけは新しい
人間の先祖として救う事にしたのです。

ノアは神様の話に従い、

長さ150メートル、幅25メートル、
高さ15メートルほどの

3階建ての箱舟を作り、
鳥や獣とともに乗り込みます。

大雨は40日ほど続き陸地は
完全に水面に没しましたが、

ノアとその一族は箱舟のおかげで
助かったのです。

水が引いた後に、ノアは祭壇を築き、
供え物をして神に感謝をします。

神様はこれを受け入れ、

「今後は二度と
生き物を滅ぼす事はしない」

とノアに約束をします。

その契約のしるしとして、
神様は天と地の間に虹をかけます。

神様と人間の交渉・契約物語


「すなわち私は雲の中に虹を置く。
これが私と地の間の契約の印となる」

という聖書の創世記の一文です。

こうして神と人間との間に
和解契約が結ばれたのです。

虹は神と人との契約が
結ばれたシンボルなのです。

人間が神の教えに従うのと引き換えに、
神は人間の幸福を保証するのです。

このように、

ユダヤ人にとっては

神と人間との間さえ、
1つの契約関係だったのです。

そして聖書を見るとユダヤ人は
その神とさえ交渉を行うのです。

それが人間同士の交渉となれば…

交渉強者の彼らに対し、日本の
甘い考え方では太刀打ちできない。。

契約というのは権利と義務、
ギブアンドテイクの関係であり、

義理人情の世界とは
全く異なるものです。

ユダヤ人は神話時代からすでに
醒めた合理主義者だったのです。

次回以降、具体的な交渉テクニックも
紹介していきますが、

まずこうした背景を知る事が大事です。

私たち特殊な日本民族が
ここから学ぶ事は多いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。