70代からの食生活、健康法、仕事で生涯現役を実現する秘訣


さて、

前回まで60代での、
健康生活の切り替えに成功すれば、

70代に突入しても
元気で過ごすことができるでしょう。

逆に一般の常識的な思い込み
に巻き込まれてしまえば、

一気に老け込んでしまいます。

仕事も辞め趣味もなければ、
心からどんどん老化してしまいます。

でも、

これは自分の心がけ次第で変わります。

人が100歳まで生きられる
寿命を持って生まれてきている、

と考えれば、

70代はまだまだ若いものです。

仕事も趣味も生涯現役の戦略は
自分で作っていく必要があるのです。

休息を入れることが大事

もちろん、

生涯現役目指して、
仕事などこなしていると、

疲労感を感じることもあるでしょう。

この時期の健康法に必要なのは、
ゆったりと過ごす休息でしょう。

マイペースにできる知恵こそ
この年代に求められていることです。

70歳を過ぎて、

健康長寿、生涯現役を志すなら、

自分のペースで毎日を楽しむこと、

これが長生きの秘訣になってくるでしょう。

生涯現役というのは
素晴らしい響きですが、

現役というのは仕事を
続けることばかりではありません。

世間では70歳は「高齢者」
と呼ばれる領域に入りますが、

それは世間が勝手に言っているだけのこと、

世の中の仕組みを最も熟知し、

経験に基づく開けた視野で
物事を捉えられる70代こそ、

最高に

「脂が乗っている世代なのです。」

社会のために貢献できる年代

体力は若い人に勝てなくても、

知力というのは積み重ねですから、
経験がものを言うはずです。

その特性を生かし、

社会にどんどん出て、

人のために役立てるよう
働くことこそ、

「生涯現役」なのでしょう。

あるいは大好きな趣味の
没頭するのも「生涯現役」の
一つの形と言えるでしょう。

ただし無理は禁物です。

「最近疲れてませんか?」

などと他人から指摘される
と言うのは、

本人がどれだけ強く
思い込みを持っていても、

やはり心身ともに疲労感が
溜まってきている証拠です。

どんな好きなことでも
やり過ぎれれば疲れの元になります。

70代からの食生活の秘訣

翌日に疲れを残さない
程度のスローペースであっても、

社会に貢献できるのが、

人生の熟練者である
70代のなせる技なのです。

手を抜くスキルも大切です。

この時期からのアンチエイジングは
「心」が最も重要になってくるのです。

心と体の健康法を意識しましょう。

楽しく、刺激を忘れず、でも
マイペースに休息を入れて、

何事も続けて行けば良いのです。

70代からの食生活はこれまでの
基本をベースにしながら、

お肉、ステーキも週に2回ほど食べ、

野菜や発酵食品で
腸内環境を整える、

基本は魚料理と和食中心で、

野菜が多め、主食や間食を
控える生活を続けていれば、

活力全開で毎日を過ごせるはずです。

参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>