40代からの美容・健康法は活性酸素対策、食べる順番を変える


さて、前回のように

30代を無茶せず真面目に
健康法を続けてきたならば、

40代はかなり充実するでしょう。

人生が春夏秋冬であれば、

実りの秋は40代から始まります。

収穫を楽しめる時期だからです。

しかし、30代で美容、健康法を
サボってしまったら、、

この時期にツケがきます。

そして努力をしてきた人と
サボってきた人の差は明らかです。

外見で簡単にわかるのです。

それは肥満かどうか?です。

人の体は、

呼吸や体温調整など生命を
維持するためのエネルギーを
使っています。

こうした生命活動によって
エネルギーが消費されることを
基礎代謝と呼びます。

基礎代謝は、消費される
全エネルギーの約7割を占めています。

40代は太りやすい体になる年代

ですから、

肥満を防ぐにはこの基礎代謝力を
高めることが重要になるのですが、

安易に巷のダイエット法で、

無理に体重を落とせば良い、

という訳ではないのです。

特に40代になると、

基礎代謝力は、若い頃と比べ
著しく低下してしまいます。

エネルギーを溜め込みやすい
体になっている訳です。

それはつまり、

太りやすい体になっている
という意味ですし、

健康、美容にデメリットがある
という意味でもあります。

40代からの美容・健康法は
活性酸素対策が特に重要ですし、

食事法も、

食べる順番を変えるなど
色々と工夫が大事なのです。

同窓会でびっくり

肥満は万病の元です。

第一に、活性酸素が体内に
充満しやすくなります。

活性酸素はあらゆる細胞を
老化に導きます。

40歳を過ぎれば、

同じ年齢の人でも、
見た目で大きな差が現れ始めます。

それまで同窓会を開いても、
皆一様に元気そうだったのが、

この時期を過ぎれば、

差がはっきりすることがあります。

太っており人が年齢以上に
老けて見えるのは、

活性酸素によって老化が
加速度的に進み始めるからです。

食べる順番を意識するだけで

その対策としてできるのは、

運動や睡眠、ストレス対策も
もちろん大切ですが、

食生活が肝心なのです。

なんでも適当に適当な順番で
適当な時間に食べてはいけません。

まず胃に何を入れるか?

しっかり意識をするようにしましょう。

40代を超えたら、

まず「食前キャベツ」を
始めるのもオススメです。

食前キャベツをすると、
体重をスムーズに落とせますし、

腸内環境も良好にでき、

体内に溜まりがちな
活性酸素も減らすことができます。

次に食べる順番を変える
ということをやってください。

食事は野菜から食べ始める、

ということを実践しましょう。

目安としては、

4、5口程度で構いませんが、

しっかり噛んでから飲み込むようにしてください。

食物繊維が腸に先に入っていると

次に入ってくるタンパク質、
糖質、の分解を緩やかにし、

無駄な吸収を防いでくれます。

次に、たんぱく質の豊富な
肉や魚などの食品を口にして、

ご飯など糖質も食べてオッケーです。

いきなり食生活を変えると危険?

30代からの健康法でも
紹介しましたが、

安易な糖質制限は逆に危険です。

ただ40代になれば、

糖質を控えることにも
メリットが出てきます。

だから、30代から徐々に
切り替えられている人は、

そのまま糖質を制限し始める
というのもいいでしょうが、

40代でいきなり食生活を
変えるのは大変です。

だからこそ食べる順番を
変えることから始めましょう。

さらに、白米でなく、

五穀米や玄米など糖質を含み、
食物繊維を含む主食を食べます。

すると糖質の吸収速度も
抑えることができますから、

活性酸素対策にもなり、
血糖値の上昇を防げる

美容・健康法になるのです。

40代になったら、

少しずつ糖質制限を始めて
体を慣らしていきましょう。

夕食は主食を食べないだけでも、
体重は落ち、体調は改善されていくでしょう。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>