ユダヤ人が母国語を学ぶ事、言葉を重視する理由、ユダヤ文学


今回のテーマは、

ユダヤ人が母国語を学ぶ事、
言葉を重視する理由、ユダヤ文学

について紹介します。

イスラエルの公用語である
ヘブライ語は、

旧約聖書の時代から
長年にわたり、

ユダヤ人の生活の中で
役割や形を変えながら

維持されてきた
特殊な言語といえます。

ユダヤ人が母国語を学ぶ事、
言葉を学ぶ事を重視する理由
とはどんなものでしょうか?

前にも言ったように、

言語を学習する事に長けた
ユダヤ人の多くはトリリンガルで

幼少期から多言語幼児教育
徹底しています。

多くの日本人はひとつの言語
ですら学ぶのすら困難な中、

なぜユダヤ人は3カ国も
話せるのでしょうか?

まずユダヤ人は歴史的に世界に
散らばって暮らす民族ですから、

各地のユダヤ人がお互いに
コミュニケーションする言語は
英語になります。

そのうえ、例えば

フランスに居るユダヤ人は
フランス語を当然乳幼児から
叩き込まれます。

ロシアならロシア語、
日本なら日本語です。

さらにユダヤ人の母国語である
ヘブライ語も3~4歳から家庭で勉強します。

だからユダヤ人の多くは
少なくともトリリンガルとなるのです。

なかでも母国語のヘブライ語を
とても重視すると言われます。

スポンサーリンク

ヘブライ語に隠されたユダヤ人の優秀さ

優秀なユダヤ人を生み出している
背景にあって見逃してはいけない重要な
ポイントのひとつが、

彼らがこだわり守り続けている

母国語である言語、
ヘブライ語ではないでしょうか。

いかに母国語と言うものが
民族を成立させて、

存続させる上で決定的基盤になるか、
それはいくつかの例を見れば明らかです。

この地球上の
母国語を失ってしまった民、

例えば

アメリカのインディアン、
中南米のインディオは

遠い昔にヨーロッパ人に
すべて奪われてしまいました。

そして彼らは英語、スペイン語
或はポルトガル語を使わなければ
共同体を維持していけないです。

「母国語こそ祖国」という
言葉がありますが、

まさにユダヤ人の歴史も
それを証明しています。

↓ヘブライ語のアルファベット

そんなヘブライ語も、

実は旧約聖書の後、
19世紀末まで儀礼や研究
には使われていても、

日常生活で話される事は
なかったのです。

しかしシオニズムの流れから
ユダヤ人独自の共通言語
ヘブライ語が使われるようになり、

ユダヤ文学の世界も
世界中に生まれるようになります。

ユダヤ文学とヘブライ語の文学

国際SILによれば、

ベブライ語の語者人口は
イスラエルで約490万人

全世界で530万と
言われています。

短期間で話者が急増した事から、

「奇跡的に復活した言語」

という形容もあります。

現代ヘブライ語の文学でも、

1966年に
シュムエル・ヨセフ・アグノンが
ノーベル文学賞を受賞、

その後も発達を続けています。

近年の世論に影響を与える
アモス・オズやデイヴィッド・グロスマン

などのユダヤ文学だけでなく、

才能豊かな作家により
数多くの作品が生み出されています。

ちなみに、ヘブライ語ではないですが、

日本語でも御馴染みの

『屋根の上のバイオリン弾き』
『ドナ・ドナ』

が書かれたのは、

ドイツ語から派生した
アシュケナージ系ユダヤ人
の母国語イディッシュ語です。

神と言葉の関係

さて、言葉というのは
実に不思議な物です。

トーラーの冒頭は
次のような一文で始まります。

初めに、神は天地を創造された。

地は混沌であって、
闇が深淵の面にあり、
神の霊が水の面を動いていた。

神は言われた。「光あれ。」
こうして、光があった。

神は光を見て、良しとされた。

神は光と闇を分け、光を昼と呼び、
闇を夜と呼ばれた。

夕べがあり、朝があった。
第一の日である。

(創世記1章1~5節)

トーラーによれば、
神はまず天と地を作りました。

では神がこの地球を創造するにあたって
まず存在したものは何だったか、

それは神の言葉です。

天も地も形のない状況からの
天地創造に置いて、

まず神は「光りあれ」という
言葉を発し、

それによって光が生まれたのです。

そしてその後、神は言葉を発し続け
次々と創造の業を行った。

そしてその中で、土地や空から始まり、
やがて動物や人間も生み出していくのです。

キリスト教の新約聖書にも

初めに言があった。
言は神と共にあった。
言は神であった。
この言は初めに神と共にあった。
すべてのものは、これによってできた。
できたもののうち、一つとして
これによらないものはなかった。

(ヨハネ伝福音書1章1~3節)

このヨハネ伝はキリスト教の
教典として知られているが、

元はと言えばキリスト教は
ユダヤ教から派生した信仰で、

これを書いたヨハネはユダヤ人です。

ユダヤ人の考えの中で
神から与えられた言葉と言うものが
非常に重要なのです。

そしてユダヤ教ではトーラーに書かれた
神の言葉をとても大切に守り続けています。

それがヘブライ語です。

母国語、言葉を守り続けたユダヤ人

ヘブライ語は2千年前に国を
失う前までは、

ユダヤ人の母国語でした。

やがてローマ帝国によって
ユダヤの国は滅ぼされてしまい、

彼らは世界中に散らされてしまいます。

ところがユダヤ人は世界各地に
離散して日常生活は各国の言葉であっても

祈りの言葉やトーラーを読む時は
聖なる言葉であるヘブライ語を用い

それを守り続けたのです。

またユダヤ人の母国語ヘブライ語への
こだわりも徹底していて、

日常、自分たちの使う言語として、
離散している土地の言葉に

ヘブライ語を混ぜたもので
文字はベブライ語を用います。

例えばドイツや東欧系の
ユダヤ人が作ったイーディッシュ語や

カスピ海沿岸のタット語

スペイン系のラディノなどがそうです。

それほどまでに民族の母国語である
ヘブライ語を守る事にこだわり続けたのが
ユダヤ人なのです。

やがて19世紀末にユダヤ人の
建国運動に伴い、

エリエゼル・ベン・イェフダー
と言う人物によって

聖なる書物の言語である
ヘブライ語から、

話し言葉としてのヘブライ語
復活運動が起きます。

彼らは母国語のヘブライ語こそ
ユダヤ民族のアイデンティティの
基本と信じ、

まず家庭の中から実践しました。

そしてベン・イェフダー家族の
努力によって、

今日のイスラエルの国語は
ヘブライ語が用いられているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>