腸の健康・腸内細菌を育てる習慣、発酵食品と自然と触れ合い


現代社会の都会生活には
ある盲点があると思います。

もちろん便利で楽しく、
刺激的なものでしょうが、

健康レベルを徐々に奪う
環境になっているのです。

健康、美容、長寿を目指す上で、

腸の健康を高めることは
何よりも大切なことです。

しかし、腸の健康を守る
ことが非常に難しくなっています。

現代人にとって恐怖といえば、
やはりガンでしょう。

近年、ガンになる人が
とても多くなっていますが、

志半ばで命を落とす人を見ると、

「腸をもっと大切にする
生活をしていればなあ」

と残念な気持ちになります。

免疫力を高めるための鍵

ではどうすれば、腸の健康を
守ることができるのでしょう。

目に見えない小さな生物を
腸内で育てることが重要です。

万病を遠ざけ、
アンチエイジングを達成するため、

免疫力を高めることが
鍵を握ります。

そしてその免疫力の7割は
腸で築かれるのです。

であれば、腸に良い習慣を
生活に取り入れて、

腸のクオリティさえ保てば
7割の病気は避けることが
できる可能性があるのです。

免疫力を発揮する細胞のほとんどは、

腸内の粘膜に集中し、
体全体の免疫機構も支えているのです。

この免疫細胞を活性化するのが
腸内細菌です。

ですからつまり、

免疫力を高めるには、
腸内細菌の種類と数を増やせば良い、

ということになります。

菌をパクパクと食べるべき!

腸の健康を保つには、細菌を
育てる習慣を取り入れるのです。

それには、

納豆や味噌、ぬか漬け、キムチ

などの発酵食品を
食べることもオススメです。

発酵食品に含まれる
細菌を腸に入れれば、

もともといる腸内細菌や
その仲間が刺激され、

働きを活性化し、
数を増やすのです。

発酵食品であれば、

一つの食品にこだわらず、
色々なものを食べると良いでしょう。

そうすることで、

様々な菌を腸に入れられます。

腸と相性の合わない菌は、
腸に居着くことができず、

間も無く排泄されてしまいますが、

それでも、

「侵入者」が来たということで、

腸内細菌たちは結束して
働く力を強めるのです。

土に触れることのメリット

また、自然界は細菌の宝庫です。

土や草木、川や海の水には
様々な微生物が棲んでいるのです。

こうしたものと触れ合うことも、

腸内細菌を元気づけることに
役立ちます。

土と虫と触れ合うことを
「汚い」「汚れる」と言い、

ヨーグルトばかり食べていても、

腸内細菌は育たないのです。

腸内細菌を育てるには、

自然との触れ合いが最も重要なのです。

ヨーグルト市場は近年急激な
伸びを見せ、

2002年に4000億市場
になったそうです。

健康意識が高まるということは
素晴らしいことです。

しかし、誤解も生じています。

日本人は善玉菌だけを
体内に取り入れれば健康に良い、
と思っています。

しかし、ある研究によれば、

善玉菌だけでは
腸の機能は正常に働かず、

悪玉菌も必要だということが
明らかになったそうです。

腸を健康にするには、

「悪玉菌」も「善玉菌」と
同様、必要なのです。

バランスは人生のカギを握りますが、

目に見えない微生物の世界も
バランスが重要なのです。

発酵食品を食べるだけでなく
自然とも触れ合い、

腸内細菌を育てていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. オリーブ より:

    私はお腹弱いです。汗

    すぐ痛くなります。菌不足か~。

    • admin より:

      菌に関する認識のパラダイムシフトはとても大切です。
      菌とは戦ったり除去するのでなく、
      共生するという考え方が良いと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>