ユダヤ教徒、ユダヤ人の先祖や姓・名前の由来や定義は何?


ユダヤの民と聞くとどんな
イメージを持つでしょうか?

言われもなくアブラハム系宗教、

世界の宗教人口の半分を占める
キリスト教、イスラム教を生み出す
母体となったのがユダヤ教ですし、

学問やビジネスの世界で
多くの天才を生み出してきた一方、

激しい迫害を受け続けるなど、

ユダヤ人は人類の光の部分と
闇の部分の両面において、

象徴的に映し出す歴史があります。

視点によって現れるものは違う…

だからこそ彼らに対する
イメージも多様なものがあります。

そもそもそんなユダヤ人の先祖や
名前の由来や定義は何でしょうか?

ここまでユダヤ人の成功法則や
勉強法について見てきましたが、

そもそもユダヤ人とは誰の事でしょうか?

その由来や定義を考えてみましょう。

私は専門家でもないですし
諸説ある事も理解しています。

あくまで私なりの知識を
ここでシェアする事を理解してください。

また「ユダヤ人世界支配説」のような
根拠のはっきりしない陰謀論的な話しも
今回は出ない事もご了承ください。

ユダヤ人の定義とは?

民族の定義は難しいものです。

日本人の定義は?…と言われたら
難しいものですが、

ユダヤ人の定義は一般論として、

1.ユダヤ教徒であること
2.母親がユダヤ人であること

のどちらかを満たせばユダヤ人となります。

つまり宗教的要素と人種的要素の
二つの面をもつのですが、

イスラエルの国会では実際に、

「ユダヤ人とは、ユダヤ人ないし
ユダヤ教への改宗者を母として生まれた者」

という定義を立法化しています。

全世界に1340万人を
超えるユダヤ人が存在するといわれ、

民族独自の国家として
イスラエルがあるほか、

各国に移民が生活しています。

厳格な宗教生活を行う人もいれば、

儀式や文化を守るだけで
我々とほとんど変わらない生活をする
ユダヤ教徒もいるわけですが、

このような、ユダヤ人の独特な
アイデンティティへのこだわりは、

迫害、差別、虐殺の歴史によって
作られているいるのでしょう。

ユダヤ人の名前の由来とは?

「ユダヤ人」を意味するヘブライ語

”イブリー(日本語読みでヘブライ)”

と言う言葉は、

ユダヤ教の聖典である
トーラー
の中で使われています。

そしてそれはユダヤ人の
始祖であるアブラハムを指している
と言われます。(創世記14章13節)

イブリーと言う言葉は

初めての人間である
アダムの妻、イブから来ている言葉で
ある事は明らかです。

別の説では、イブリーと言う言葉は
「エベル(反対側)」という
言葉から派生しているとも言われます。

それはアブラハムが
思想的にも信仰的にも
他の民族から離れた反対側にいる

と言う意味から来ているのです。

ユダヤ人を示すもうひとつの
呼び名「イスラエルの子ら」

あるいは「イスラエル」と言う呼び名は

アブラハムの孫でありイスラエルと
呼ばれていたヤコブの子孫である
と意味する言葉に由来します。

ユダヤ人の姓があるのはなぜ?

またユダヤ人には欧米社会では
珍しい固有の姓があります。

その代表例は祖先の職業に
由来する姓ですが、

ヘブライ語起源のものは、

バーナード・マラマッド
(アメリカ人小説家)
のマラマッド(教師)、

モシェ・ダヤン
(元イスラエル国防省)
のダヤン(判事)

エリ・コーエン
(元駐日イスラエル大使)
のコーエン(導師)

などがあります。

ドイツ語起源の姓は

ピーター・ドラッカー
(経営学の大御所)
のドラッカー(印刷屋)

ヨナス・カウフマン
(テノール歌手)
のカウフマン(商人)

などがあります。

また追放された祖先の出身地
に由来する名前もあり、

キッシンジャーは
バイエルン北部の村、
キッシンゲン出身という意味、

スピノザはポルトガルの街
エスピノザに由来する名前です。

お金持ちほど美しい名前を名乗れる?

また中世のヨーロッパでは、

ユダヤ人も一般庶民と同じく、
公に姓を名乗る事はできませんでした。

そこで例えば、

イスラエル初代大統領
ダビド・ベン・グリオン

であれば、

「グリオンの息子ダビド」

のように「誰の息子の○○」

という名称を使う事で
他者の姓や名前と区別していた
という例もあります。

そんなユダヤ人に姓を
名乗るよう要求したのは、

18世紀の欧州の都市ですが、

そこでも自由に好きな姓を
名乗れたわけではありません。

元々課税目的で人の管理・
把握しやすいよう姓を名乗るよう
要求した都市の政治家は、

更なる財源拡大を狙い、

人気の高い優雅な姓には
高値の許可料を請求し、

お金を出せない貧しいユダヤ人には
ひどい姓を売りつけたのです。

ブルーメンタール(花の谷)
ファインゴールド(純金)

などは高額な姓の代表で、

ドレフュス(3本足)
ウォルフォウィッツ(オオカミの子)
クライン(小さい)
シュバルツ(肌が浅黒い)

などは後者のひどい姓の代表です。

なかにはピッシャーマン(小便男)
という名前もありました。

名前は厳然たる差別の対象だったのです。

改姓するアメリカユダヤ人


チェスの元世界王者
ボビー・フィッシャーは改姓する
前の姓がピッシャーマンだったそうです。

自由を求め次々にアメリカに
渡ったユダヤ人ですが、

ユダヤ人社会にスムーズに
受け入れてもらえるよう、

アメリカ風に改姓する人が
多かったのです。

特にマスメディアで活躍する
ユダヤ人にこの傾向が強いです。

俳優のトニー・カーチスは
バーナード・シュヴァルツ

カーク・ダグラスは
イスール・ダニエロビッチからの
改姓でした。

トークの帝王の異名を持つ
世界で最も有名な放送人、

ラリー・キングは、
ローレンス・ハーベイ・ザイガー
からの改名です。

もちろんこれは平たく言えば
職業差別を回避する為の
改姓だったわけですが、

差別が薄れる現代に時代が下れば、

父の代に変えた姓を子の代に
戻すというケースも珍しくありません。

また姓だけでなく名前も

欧米で一般的な名前、

例えばマイケルやデービッドは
旧約聖書にちなんだユダヤ的な名前です。

差別が激しかった時代は
こうした名前をつけるのは
敬遠されていましたが、

最近では親が息子に付けたい
名前のトップになっています。

ユダヤ人の先祖とは?

それではそもそも、

ユダヤ教徒、ユダヤ人を意味する

ユダヤ人(JEW=ジュー)と言う言葉は、

どういった由来でしょう。

ヘブライ語の読み方では
ユーディーと言いますが、

これもヤコブの12番目の息子
「ユダ」の名前に由来します。

ユダはイスラエルの部族の
ひとつの先祖です。

つまり

ジュダイズム(ユダヤ教)

と言う言葉は

「ユダイズム、ユダヤ人の宗教」

と言う意味です。

つまり、ユダヤと言う言葉は
元々イスラエル12部族の中のユダ族
のメンバーの事を指していたのであり、

イスラエルの他の部族とは
区別されていました。

しかし3000年前のソロモン王の
死後、イスラエルの民族は2つの
王国に別れました。

そして

ユダ王国とイスラエル王国

になります。

そのとき以来、ユダヤ人
(ユーディー)と言う言葉は、

二つに分かれたうちのユダ王国の
人々を指して使われるようになった、

これがユダヤ人の由来と言われます。

迫害や離散の歴史を繰り返したユダヤ人

そのユダ王国はレビ族などと
共に王国を築き、

他のイスラエルの10部族からは
離れたのです。

やがて紀元前6世紀には
イスラエル王国はアッシリア帝国に
よって占領されたため、

イスラエル王国にいた10部族は
その地から離散し

その後行方が分からなくなっています。

イスラエル王国の崩壊により、
ユダ王国だけが残され、

始祖アブラハムの嗣業を受け継ぎます。

(嗣業=親から子などに受け継がれる
もの主に相続される土地の事)

ユダ王国の人々が
ユダヤ人として知られ、

彼ら自身も自覚し、幾多の迫害や
離散の歴史を通りながらも生き残り、

現在に至るまでその名で
呼ばれているのです。

国を失っても同化される事なく
民族的一体感を保ち続けてきた
ユダヤ教徒ですが、

私たち日本人も民族としての誇りを
持つ部分はやはりその歴史の長さです。

が、島国の単一民族で比較的に
平和に暮らしていたのに比べ、

ユダヤ人は過酷な歴史を長く
生き抜いたのですから、

そのアイデンティティの強固さは
強いものがあるのでしょう。

ユダヤ人の先祖や姓・名前の
由来や定義を見てくると、

その強固なアイデンティティの
秘密が少し垣間見える気もします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>